犬の黒目が白く濁りだしたら白内障? 考えられる原因と病気


白金高輪動物病院総院長の佐藤です。
犬の目が白く濁ると白内障だと思って心配になる飼い主さんも多いですよね。
でも、白内障だけが原因とは限りません。
黒目が白く濁る原因としては、外側の角膜が白く濁る場合と、内側が白く濁る場合の二つに分けられます。それぞれ主なものを見てみましょう。

犬の白内障

外側の角膜が白く濁る場合

角膜の異常

目の表面にある角膜は外来の刺激を受けやすく、炎症や傷や免疫介在性の病気などで白濁します。
角膜には知覚神経がたくさん分布しているので、障害を受けると痛みのためにしょぼしょぼさせたり涙が増えたりします。また緑内障により眼圧が上がることによっても白濁します。異常を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

内側が白く濁る場合

ぶどう膜炎

この症状は、白目の充血も強く見られ、痛みのためにしょぼつきや涙の量も増加します。

白内障

白内障とは、水晶体が何らかの原因で白濁した状態です。お年寄りの病気のイメージがあるかもしれませんが、子犬のうちから発症することもある病気なのです。進行状況により初発・未熟・成熟・過熟期に分けることができ、外から見て白く濁ってるように感じるのは未熟期の後期くらいからになります。成熟期になると光を感じることはできますが視覚は失ってしまいます。白内障は痛みはありませんが、進行するとぶどう膜炎を起こすことがあり、そうなると痛みを伴います。
ただ、緑内障は危険ですが、白内障は手術をすれば治る病気のため、早めに動物病院で治療しましょう。

核硬化症

水晶体の中心の「核」と言われる部分の透明度が落ちて光のあたり方によって白く濁って見える状態です。
これは老化現象の一つで、進行しても視覚を失うことも痛みが出ることもありません。

冷静な応急処置が大切です

ペットである犬や猫は言葉を話すことができません。
すなわち、具合が悪くても早期に症状を訴えることができず、重症化し食欲不振や元気消失に陥り、ようやく飼い主さんが気付くケースがほとんどです。
でも、実は愛犬もちょっとしたサインを出しているものです。ふとした仕草だったり、肉体の微かな変化だったり。残念ながら飼い主さんがそのサインを見落としてしまっている現状があるのです。ではなぜ見落としてしまうのか。
この背景には飼い主さんが知らないサインが存在するという理由もあるでしょう。単なる不注意ではなく、知っていれば気付くことも。病気の症状を気付く上で最も大事なのは体調変化のサイン。犬は散歩に出かける分、猫よりも症状に気付きやすい傾向はあります。体調が悪ければ、歩くことすら大変だからです。しかし反面、一緒に連れて行くことが多い分、出先などで具合が悪くなるケースも少なくありません。
そんな時にペットが急病になった時の一助になれればと思い、「犬の急病対応マニュアル」を作りました。フローチャートで病気のサインがわかるようになっているので、緊急を要するのか、様子を見ていいのか、即座に出来る対応をしてもらうことで、病気の重症化を防ぐことができます。
犬の飼い主さんは、犬種によって本を探すことに慣れています。例えば、チワワならチワワの本、柴犬なら柴犬の本。犬という大きな括りの中で、急病対応の方法を教えられたとしても自分の犬に合うのかと不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ご心配には及びません。
確かに犬にはそれぞれ個性があり、体の大きさや目の大きさ、頭の長さなどに合わせて、獣医師が最も適した治療を施すことは、当然のことと言っていいでしょう。それでも、犬の体の構造は基本的には変わらないため、応急処置に関しても全ての犬種に通用します。
愛犬の健康管理の一助となれれば幸いです。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10