犬の夏バテ対策! 症状のチェック方法と予防策とは?


犬の夏バテによる熱中症や脱水症状は、対策をすればかなりの確率で防ぐことができます。まずは犬が夏バテになってしまう原因とそれに気づくために症状のポイントをおさえましょう! この記事では夏バテ予防に加えて、暑さのせいで元気のないワンちゃんなどに効果的な食事方法やグッズなども一緒に紹介します!

犬が夏バテする原因とは?

夏バテの原因は何といっても夏特有の「暑さ」です。日本は高温多湿な気候の国なので、犬にとっては厳しい時期です。人間は汗をかき体温調整をすることができますが、犬は汗腺が肉球にしかなく、人間ほど体温調整がうまくできません。特に長毛種や寒冷地域出身の犬は暑さに弱いです。

人間は自分がしたいように室温を涼しくしたり、意識的に水を飲んだりすることができますが、犬は自分で調整することはできません。いつもそうですが、夏は特に飼い主さんだけが頼りです。正しい知識と対策術を得て、夏バテを防いであげましょう。

2017_0515_ni_natsubate_ni_003

これが犬の夏バテサイン!

犬の夏バテのサインは、下痢や嘔吐など目に見えて分かる症状もあれば、なんとなく元気がないという分かりづらい場合もあります。犬は言葉で自分の体調を訴えることができず、基本的に我慢強いです。なので飼い主さん自ら夏バテのサインに気がついてあげることがとても大切です。夏バテ特有の脱水症状初期のサイン、熱中症初期のサイン、それぞれ確認し早めに気がついてあげられるようにしましょう!

脱水症状のサイン

「喉が乾けば水を飲む」それは犬も同じです。しかしそれでも脱水症状になってしまう要因としては、夏バテなどからくる嘔吐や下痢です。体内の水分と一緒にカルシウムやミネラル分も失ってしまうため、脱水症状になってしまいます。嘔吐や下痢が続く場合は、脱水症状のサインが出ていないか注意深く観察しましょう。

  • 食欲がない
  • だるそうで元気がない
  • パンティング(浅くハッハッと呼吸をする)
  • 犬の背中の肌をつまんで離しても、すぐに戻らない
  • 目や口が乾いている
  • あまりおしっこをしない

脱水症状になってしまったら

脱水症状の疑いがある時、近くの動物病院に連れて行けることが一番です。しかし様々な状況からすぐには連れて行けないということもあると思います。そんな時は無理に水を飲ませるのではなく、下痢や嘔吐が治まるまでは胃腸を休めてあげましょう。湯たんぽや小豆カイロで体を温めてあげるのもよいでしょう。

熱中症のサイン

犬は体温調節のほとんどをパンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)に頼るしかなく、急激な体温上昇に対応できません。特に気温が高く、十分に水を飲めず、トイレを我慢している状況で起こりやすいです。車の中でお留守番させることが最近問題視されていますが、25℃くらいの日であったとしても、車にお留守番させるのは熱中症の危険性があリます。

  • 体温が高い
  • よだれが出る
  • 食欲がない
  • ふらふらと歩く
  • ぐったりとしている
  • 呼吸が荒い

犬の夏バテを予防するために

夏バテさせないためには日頃の予防策も忘れてはなりません。水分補給や体力をつけるための食事はとても大切。しかし犬自身が「夏バテしちゃうから水をたくさん飲まないと」「ご飯もしっかり食べて体力つけよう!」などと考えて行動してくれるわけではありません。

水分補給の方法は水だけではない

夏場は脱水症状になってしまう可能性が高いので、適切な水分補給が大切です。新鮮なお水を用意しても、なかなか愛犬が水を飲んでくれない……そう感じたら、飲み水以外にも水分補給の方法があることを思い出してみてください。

  • 水分が多い食べ物を与える
  • トマト、きゅうり、レタス、スイカ、梨など、水分が多い野菜や果物

  • おやつ代わりに氷
  • 冷たい氷が好きな犬には、おやつ代わりに氷を与えるのも水分補給の一環になります。

  • ウェットフード
  • 普段の食事にウェットフードを加えるのもよいでしょう。しかし高カロリーなものもあるので、食事バランスが大切です。

20170515_natsubate_ni_002

犬が餌を食べない時

食欲をなくしてご飯をあまり食べないと、体力が落ちてしまい、さらに食欲がなくなってしまいます。その悪循環に陥ってしまう前にできる対策の一つとして、普段の食事に嗜好性の高いものを少しプラスしてみましょう。

犬はどうやって「おいしい」を判断する?

犬にも人間にも味蕾細胞(みらいさいぼう)という味を感じる細胞があります。詳しいところはまだ解明されていないのですが、その数は人間のおよそ1/5程度といわれています。それでは犬がおいしいと感じるポイントとは一体どこでしょうか? それは「匂い」です。犬は匂い>食感>味>見た目の順で食べ物を判断する傾向にあるといわれていて、実際に人間には強すぎる匂いの方が犬の食いつきはよい場合が多いです。
また、乾燥フードよりも半生タイプの餌を好み、冷たいものよりも温かいものを好むといわれています。

夏バテ中の食事に嗜好性をプラスできるもの

  • ウェットフード
  • 嗜好性が高く、犬は半生のフードを好む傾向にあります。食欲がない時にあげるとよいでしょう。

  • 鳥のささみ肉
  • たんぱく質が豊富で、夏バテ中でも軽く食べられるのがポイントです。年中ささみ肉をあげている方も少なくないです。

  • ドライフードにお湯を少し
  • ドライフードにお湯を少し足すと、フードのにおいが強くなり、嗜好性が高まります。ダイエット中で他の食材をプラスしたくない時などにやってみましょう。

  • 茹でた野菜
  • ミネラルやビタミンが豊富なので夏バテにぴったりです。犬によっては興味を示さない場合がありますが、茹でると食べやすくなるので夏バテ中のワンちゃんにはちょうどよいです。

  • プレーンヨーグルト
  • 乳酸菌が豊富で、乾燥フードに混ぜてあげると食いつきがよくなります。

2017_0515_ni_natsubate_ni_006

※嗜好性が高い食べ物はその分高脂肪である場合が多く、消化器官に負担をかけてしまいます。なので、運動量と摂取量のバランスには気をつけましょう。

犬の食事で注意すべき点

「犬の食欲がないから」と、嗜好性のある食材を足してあげるのは悪いことではありません。しかし、犬に与えてはいけない食材をしっかりと把握していますか? 体力をつけさせるために与えたものが、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。今後のために、しっかりと把握しておきましょう。

犬にとって危険な食べもの

  • ネギ類(玉ねぎ、ニラ、長ネギなど)
  • カカオ類(チョコレートやココアなど)
  • 人間用の薬やサプリ
  • ぶどう・レーズン
  • アボカド
  • ナッツ類
  • にんにく
  • キシリトール
  • アルコール類
  • カフェインを含むもの
  • ペトことでは、犬にとって危険な食べ物を詳しく説明した記事もあるので、そちらも参照してみてください。

犬の暑さ対策

犬は暑さに弱いので、人間が快適に感じる気温で「暑い」と感じている場合があります。暑さ対策は非常に重要で、部屋の室温はその日の気温に応じて25℃〜27℃に設定しておきましょう。そして冷却グッズを部屋に準備し、犬が自分で体温調整をできる環境を整えてあげるのもよいでしょう。

ペトこと関連記事にて犬の暑さ対策を詳しく紹介しています。よろしければそちらの記事も合わせてお読みください!

暑さに弱い犬種は?

ダブルコートの犬

寒冷地域出身の犬は被毛が二層構造(ダブルコート)になっているので、他の犬よりも熱を逃しにくく、暑さにも弱いです。

ウェルシュコーギーポメラニアンシベリアンハスキーサモエドマルチーズ、ゴールデンレトリーバー、ボーダーコリーなどの犬種が該当します。

短頭種の犬

鼻の短い短頭種といわれる犬種は、鼻の穴が小さいため呼吸がしづらく、体温調整が他の犬種よりも苦手です。

フレンチブルドッグ、ボクサー犬、シーズーパグなどの犬種が該当します。

夏バテ対策グッズ

クールマット

一匹に一つは用意しておきたいクールマット。持続性があり、わんちゃん自ら体温調整ができるのでおすすめです。

 

ラバーブラシ

定期的にブラッシングをして皮膚に空気を通してあげると、必要のない毛を落とし、皮膚病予防にもつながります。

 

アイスゼリー

食欲がなく、水もあまり飲まないわんちゃんにおすすめです。冷たいおやつってなかなかないので、夏にぴったりの一品です。

 

ひんやりウェア

日中外に出る機会がある時は着せてあげたいひんやりウェア。体温の上昇を抑えてくれるので熱中症対策に最適です。

 

携帯ボトル H2O4K9

アウトドア全般に強く、欧米の愛犬家に大人気の携帯用ボトルです。

 

愛犬の夏バテを回避して、楽しく過ごそう!

夏は楽しい季節であるのと同時に、人も犬も暑さによって体調を崩しやすい時期です。しかし、犬は自分で意図的に夏バテ対策を行うことはできません。飼い主さんが夏バテ予防、体調変化のポイントを抑え、気を配ってあげましょう。

20170515_natsubate_ni_001

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10