暑い夏の健康管理は万全? 獣医が教える犬の熱中症対策まとめ


白金高輪動物病院総院長の獣医師の佐藤です。
梅雨を超えると暑い夏がやってきますね!
人では毎年700人以上の方が家の中で熱中症により、亡くなっていますが、犬にも暑い夏のケアがとても大切です。
(厚生労働省報道発表資料 「平成22年度熱中症による死亡者数」 調べ)

アニコム損保が発表しているデータによると、熱中症で保険請求が来た件数は年々増加しています。
犬の熱中症対策

怖い熱中症の原因や対策についてご説明していきます。

犬の体感温度は人と違う?

なぜこれほど多くの熱中症が出てしまうかと言うと、人との体感温度の違いによる認識の甘さが大きいです。ご存知の通り、地面に近づくほど、温度は高くなります。
犬は、私たちが体で体感している温度の5〜17度も高い温度の中で歩いているのです。暑い日には50度近くまで達することもあり、灼熱の中を歩いているのを想像していただければ、どれだけ夏の暑い中で外に出ることが大変かお分りいただけるかと思います。
外で散歩する際は、なるべく日陰を歩かせてあげたり、こまめな水分補給を大切にしてあげてください。
犬の熱中症対策

でもじつは家の中で熱中症になっていることが多いんです

犬の熱中症対策
熱中症と聞くと、外の散歩時を想像するかと思いますが、じつはそうではありません。
家の中で熱中症を起こす割合は全体の7割で、外の散歩中よりも多いデータが出ています。
そのため、クーラーで温度調節をしてあげたり、水分補給をしてあげてください。

犬の温度調節はどうやってしているの?

犬の熱中症対策
暑い日に外に出ると、ワンちゃんの呼吸が早くなり舌を出して、ハァハァすることがありますよね。
犬は呼吸を浅く早くして体温を下げます。これを「パンティング」と呼びます。そして、舌を出して、唾液を蒸発させて熱を体温を下げています。しかし、唾液を蒸発させすぎると水分が足りなくなるため、水分補給が大切です。
また、人間の主な温度調節である汗腺は、犬においては足の裏のパット(肉球)部分にしかないことも大きいです。

熱中症になりやすい犬種や環境要因

PETRIBBONCAFE2
では、熱中症になりやすい犬種と環境要因を見ていきましょう。

熱中症になりやすい犬種

短頭種

頭が短い犬種、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、シーズーなどは熱中症になりやすいので注意が必要です。
その理由は、2つあります。
1つは、短頭種には呼吸器疾患が多いから。他の犬種よりも鼻腔が狭いため、呼吸しづらいのです。2つ目は、興奮しやすい犬種のためです。熱を呼吸で下げるため、呼吸器官が悪ければ熱も下げにくいのです。気管虚脱、軟口蓋過長、外鼻孔狭窄などを起こす恐れがあります。

太っちょ(肥満犬)

太り気味のワンちゃんも注意が必要です。脂肪は熱を閉じ込めるため、心臓や呼吸の機能にも影響します。
しかも、汗をかけません。人と同じで太ることで体に影響することは多いため、ダイエットをおすすめしています。

病気がある

特に、呼吸数が上がる疾患(心臓病、呼吸器系、脱水)は注意が必要です。
心臓病は僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症、フィラリア症など、呼吸器系は肺炎、気管支炎など、脱水系は利尿剤を投与していたり、腎臓病、糖尿病のワンちゃんが挙げられます。

興奮しやすく、激しい運動を好む犬種・水をあまり取らない犬種(脱水)

ワンちゃんは遊ぶことが大好きです。そのため、夢中になると水を飲むことも忘れて走り回ります。
喉が乾いてからの水分補給は危険なため、こまめに水分補給してあげてください。

短足

ダックスフンドなど短足の犬種は、約60℃と言われる地面を靴も履かずに、歩きます。
そして、放射熱と言われる地面からの熱も浴びることになります。極力、日陰を散歩してあげたり、冷やしてあげてください。

その他

シベリアンハスキーなどの暑い被毛を持つ犬種や、子犬、老犬も注意が必要です。

熱中症になりやすい環境要因

急激な気温差

涼しいところから、急激に暑いところへの移動は危険です。
実際に、軽井沢にいたワンコが東京に来てすぐに熱中症になったこともあります。

高温、高湿度

家にワンちゃんのみにしないことが大切です。クーラーをかけてお金がかかるよりも、熱中症になってお金がかかることの方が高くなりますし、命の危険もあるので、きちんとケアしてあげてください。

お昼の散歩

なるべく暑いお昼の散歩ではなく、朝方や夕方以降に散歩してあげるようにしましょう。
また、海沿いを歩きたくなりますが、砂浜はとても熱くなっていますので、なるべく抱っこするなりして避けてあげましょう。

ドッグラン

走り回らせてあげたいためドッグランに行きたいと思いますが、遊びに夢中になると水分補給を忘れてしまうことがあります。そのため、もしドッグランに行く場合はこまめに水分補給をしてあげてください。元気に走り回っていても、突然ぐったりしてしまうことがあります。

車内

車内はとても危険です。少し外に出て帰ってくると、とても熱くなっていますよね。
熱がこもりやすい場所のため、子どもと同じで絶対に目を離してはいけません。
また、慣れない環境で緊張と興奮状態になり、熱中症が起こりやすくなってしまうのです。

熱中症の症状

犬の熱中症対策
人の場合、軽度で足がつったり、立ちくらみが起こります。中等度で疲労感、頭痛、嘔吐、下痢が起こります。そして重度で意識混濁、けいれんが起こり、死亡に至ることもあります。
犬の場合は、呼吸数が上昇し、よだれを出したり、立ちすくみ、ふらつきという症状が起こります。そして、吐き気や嘔吐、下痢が起こり、重度になるとけいれん、虚脱、死亡に至ることもあります。体温が40-43度になると非常に危険な状態です。

熱中症の予防・応急処置

犬の熱中症対策
犬は温度調節が大変で、人よりも熱中症になりやすいため、注意が必要です。

熱中症の予防

1. なるべく愛犬だけにしないようにする
2. 留守番させる際には下記に気をつけましょう。
・室内温度が上昇しないようする(通気性の良い場所、エアコンなど)
・水分は絶対になくならないように工夫する(数カ所に置く、取り付け型にする)
・いつも寝ている場所などが暑くならないようにする(カーテンを閉める、ケージの置く場所に気をつける、クールマットを置く)
3. 車内で愛犬だけにしない、運転中もなるべく涼しい環境を
4. 屋外に連れ出す場合
・キャリーバックなどは熱がこもりやすいので、こまめに観察を
・水分をまめに取らせる
・直射日光をさける
5. 日中の散歩は控え、早朝か夜にしましょう。
・炎天下ではなく、日陰を歩く事も。その際にはたくさんお水を飲ませましょう。

熱中症の応急処置

意識がある場合

39度になるまで流水をかけてあげてください。氷水をあげる飼い主の方がいますが、氷水は逆効果になるため、気をつけてください。

意識がない場合

すぐに動物病院に行きましょう。その際に、できれば気道をふさがないように舌は外に出した状態で運んであげてください。そして、首、脇の下、股などを保冷剤を直に当てずに、タオルなどで包み冷やして運んでください。

さらに、動物病院へ連絡を入れていただくと、救命率がさらに上がります。

最後に

以上が熱中症の対策まとめになります。
これから暑い季節がやってきます。
大切なことは、正しい知識を持って未然に防ぐこと、いつまでも若いワンちゃんだとは思わないこと、いかに一人ぼっちにしないか、愛犬の特性を知ることです。予防に勝る医療はないと言いますが、予防が何よりも大事です。
暑い季節だけが危険だとは限りませんが、きちんと知識を持ってワンちゃんと楽しい夏を過ごしてくださいね!!!

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10