「“かわいそう”だけでは次へ進めない」 殺処分数ワースト5位の沖縄県が取り組む動物愛護とは(前編)


譲渡数を見れば全国でも上位なのに、引き取り数が多いために殺処分せざるを得ない――全国で保護動物の「殺処分ゼロ」が叫ばれる中、動物愛護の現場では簡単に「殺処分ゼロ」とは言えない厳しい現実と戦っている人たちがいます。今回、全国で5番目に殺処分数が多かった沖縄県にある沖縄県動物愛護管理センターの取り組みを取材しました。

環境省が公表した最新のデータ(※1)によると、2014年度に犬・猫の殺処分数が最も多かった都道府県は長崎県で、山口県、大阪府、愛媛県、沖縄県と続きます(※2)。前編では、沖縄県で犬・猫の引き取り数を多くしている地域特性やその課題について、後編では譲渡数を増やすための取り組みについて紹介します。

※2:都道府県、指定都市、中核都市の合計数

譲渡が多くても殺処分せざるを得ない

沖縄県動物愛護管理センター

沖縄県動物愛護管理センターは、那覇から車で30分弱の小高い丘の上にあります。同センターは2015年度に3427匹の犬・猫を収容し、そのうち2655匹が殺処分されました(※)。その数字だけを見ると、沖縄県は全国と比較して動物愛護に消極的であり、安易に殺処分が行われているように見えてしまいます。しかし、問題はそう単純ではありません。

「蛇口を締める活動(引き取り)と、漏れないように受け止める活動(譲渡)の両立が大事なんです」と語るのは、同センターで主任技師を務める獣医師の宮城 国太郎先生です。沖縄県の殺処分数が全国でも多いのは事実ですが、一方で、譲渡数が多いという事実もあります。

「ボランティアの皆さんの活動もあって譲渡数は多いのですが、引き取り数がそれを上回り、漏れてしまう子たちは殺処分せざるを得ないという現状があります」(宮城先生)

では、なぜ沖縄県はそれほどまでに引き取り数が多いのでしょう。その背景には、経済や文化といった問題が存在しています。

殺処分数と虫歯有病者率の意外な関係

沖縄県動物愛護管理センター
引き取られてきたばかりの犬たち

皆さんは子どもの虫歯が最も多い県がどこだかご存じでしょうか。実は、沖縄県です(平成26年度の1歳6カ月児を対象とした調査より)。これが沖縄県の殺処分数ワースト1の背景にあると宮城先生は話します。

一見すると関係が無さそうな「子どもの虫歯」と「動物の殺処分」ですが、この二つには共通する問題があります。それは、所得水準の低さです。内閣府が発表した都道府県別の平均所得(2013年度)によると、東京都が約450万円だったのに対し、沖縄県は約210万円と、その差は倍以上。子どもにかけるお金の余裕が無いのですから、動物にかけるお金はさらに後回しになってしまいます。

また経済的な面だけでなく沖縄特有の地域特性として、「飼っているのか飼っていないのか。あいまいな飼い方が多い」と宮城先生は指摘します。その結果、野良犬や野良猫として引き取られる数も多くなるのです。

飼い主には最後まで看取る責任がある

沖縄県動物愛護管理センター
新しい飼い主を待つ猫たち

引き取り数を少なくするためには何をすべきなのでしょうか。宮城先生は、「犬に関しては、まず動物病院に連れて行くことです」と話します。連れて行くことで、「外で飼っているため汚れるから車に乗せられない」「しつけができていないので、病院で大人しくできない」といった問題が明らかになるとともに、ちゃんとしつけられた他の犬を見て、飼うことについて学ぶことも多いはずだと言います。動物病院に行くことは、飼い主としての自覚と責任を持つきっかづくりにもなるのです。

猫に関しては、「室内飼い」と「迷子札の付いた首輪」が重要だと話します。そういった正しい飼い方がされていなければ、たとえ譲渡されてもまた野良猫として引き取られてしまったり、交通事故で死んでしまったりしてしまいます。「飼い主として、最後まで看取る責任があります。猫がいなくなったとき、どこか死ぬ場所を選んでいなくなったんじゃないかと考える方もいますが、だいたい交通事故で死んでます」と語る宮城先生の口調が少し強く感じられました。

最初に紹介した2655という殺処分の数には、引き取られてから病死した数や、事故によって瀕死の状態で運び込まれ、安楽死した数も含まれています。安楽死を行うのも、宮城先生の仕事なのです。

「片方では殺処分のボタンを押し、もう片方では譲渡のために手を動かしています。聴診器も、片方では治すために使い、もう片方では安楽死したかを確認するために使います。もちろん不幸な動物を少なくしたいという気持ちはありますが、現実を受け止め、どう伝えていくかを考えなければいけません。ただ『かわいそう』ということでは次へ進めないのです。どうやってアニマル・ウェルフェアの輪を広げていけるかが課題です」(宮城先生)

同センターには殺処分と聞いて「かわいそう」「ひどい」といった抗議の電話をする方もいるそうですが、殺処分は最後の手段です。なぜセンターに引き取られたのか。なぜ飼い主のもとに戻ることができなかったのか。最後だけを見るのではなく、そこに至ってしまった理由を考えなければ次には進めません。

後編では、譲渡を増やすための取り組みを紹介します。

沖縄県動物愛護管理センター
動物愛護管理センターの宮城 国太郎先生

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10