【獣医が解説】犬の目が腫れている場合に考えられる原因とケアの方法


白金高輪動物病院総院長の佐藤です。

犬の目が腫れちゃってて心配になることはありませんか? 犬の目が腫れていると言っても、まぶたが腫れているのか、それとも眼球自体が腫れているのかによって原因も大きく違ってきます。

犬の目が腫れる場合に考えられる原因と病気

まぶたが腫れる原因としては、眼瞼炎(がんけんえん)、麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)などがあります。一方、眼球が腫れる、もしくは飛び出す原因としては、緑内障、眼球内腫瘍、膿瘍、構造異常による後方からの圧迫などが考えられます。また、ブルドッグをはじめとした短頭種では外傷時や頭部の圧迫などによって眼球が脱出してしまうことがあります。

目の周囲の異常

眼瞼炎

何らかの原因でまぶたに炎症が起こって腫れている状態で痛みを伴います。細菌や真菌や寄生虫の感染や免疫が関与することもあります。

麦粒腫、霰粒腫

マイボーム腺が腫脹する病気で、細菌感染の有無で区別されます。麦粒腫の方が疼痛(とうつう)と炎症が強く出ることが多く、主に若齢の犬で発症するとされています。霰粒腫は細菌感染などを伴っていないことからも、痛みなどは弱く時間の経過と共に腫れてくることが多いです。

チェリーアイ

見た目は目の内側にピンク色の小豆のような物が飛び出している状態です。多くの動物には目頭の内側に3番目の瞼として「瞬膜(しゅんまく)」と言われる膜があります。その根元にある瞬膜腺が外に飛び出してる状態です。2歳齢以下の若い犬で認められることが多いです。

目の異常

緑内障

目の中の水である眼房水(がんぼうすい)が溜まりすぎてしまい眼圧が高くなる病気です。強い痛みと充血を伴います。眼圧が高くなってもいきなり眼球が大きくなるわけではなく、そうなるのはかなり進行してからで「牛眼(ぎゅうがん)」と呼ばれる状態です。この状態までになるとその目は失明していて、視覚や大きさを元に戻すことはできません。

構造異常

外傷など

短頭種では外傷時や頭部の圧迫などによって眼球が脱出してしまうことがあります。また、ケンカやびっくりした時に通常よりも目が飛び出してしまうことがあります。

このように、目の腫れ方や状態によって、考えられる原因や病気が変わってきます。飼い主さんだけでは判断することが非常に難しいため、動物病院で診てもらうようにしましょう。

日頃のケアが大切です

目やにや目の中のほこりなどが原因で目の病気になる可能性もあります。
定期的に目やにを取ってあげたり、濡れたガーゼで目の周りを拭ってあげてください。
また、シャンプーなどの際に、目をシャワーでやさしく洗ってあげることも効果的です。

応急処置の知識も大切です

ペットである犬や猫は言葉を話すことができません。すなわち、具合が悪くても早期に症状を訴えることができず、重症化し食欲不振や元気消失に陥り、ようやく飼い主さんが気付くケースがほとんどです。

でも、実は愛犬もちょっとしたサインを出しているものです。ふとした仕草だったり、肉体の微かな変化だったり。残念ながら飼い主さんがそのサインを見落としてしまっている現状があるのです。ではなぜ見落としてしまうのか。

この背景には飼い主さんが知らないサインが存在するという理由もあるでしょう。単なる不注意ではなく、知っていれば気付くことも。病気の症状を気付く上で最も大事なのは体調変化のサイン。犬は散歩に出かける分、猫よりも症状に気付きやすい傾向はあります。体調が悪ければ、歩くことすら大変だからです。しかし反面、一緒に連れて行くことが多い分、出先などで具合が悪くなるケースも少なくありません。

そんな時にペットが急病になった時の一助になれればと思い、「犬の急病対応マニュアル」を作りました。フローチャートで病気のサインがわかるようになっているので、緊急を要するのか、様子を見ていいのか、即座に出来る対応をしてもらうことで、病気の重症化を防ぐことができます。

犬の飼い主さんは、犬種によって本を探すことに慣れています。例えば、チワワならチワワの本、柴犬なら柴犬の本。犬という大きなくくりの中で、急病対応の方法を教えられたとしても自分の犬に合うのかと不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ご心配にはおよびません。

確かに犬にはそれぞれ個性があり、体の大きさや目の大きさ、頭の長さなどに合わせて、獣医師が最も適した治療を施すことは、当然のことと言っていいでしょう。それでも、犬の体の構造は基本的には変わらないため、応急処置に関しても全ての犬種に通用します。

愛犬の健康管理の一助となれれば幸いです。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10