改めて読む「動物愛護管理法」 考え方のポイントは日本の「かわいい」文化?


今年も9月20日(火)から「動物愛護週間」が始まっています。この記念週間は「動物愛護管理法」で定められているものですが、皆さんは「動物愛護管理法」の中身を読まれたことはありますでしょうか。存在は知っていても、「どんなことが書かれているのかじっくり読んだことはない」という方も少なくないと思います。そこで、今回は動物愛護管理法を紹介しながら、その考え方について解説します。

「動物愛護管理法」とは何か

動物愛護管理法(正式名称「動物の愛護及び管理に関する法律」)は、1973年に「動物の保護及び管理に関する法律」として制定されました。当時は諸外国から日本の動物虐待に対する批判が高まっており、家庭動物だけでなく動物園やペットショップなどの展示動物、家畜などの産業動物、実験動物も含めた「動物の保護・管理」という意味合いが強い法律として成立しました。

そして時代が変わり、ペットに対する関心の高まりを受けて1999年に初めて法改正が行われ、名称の「保護」が「愛護」に変更されました。ちなみに、このときの改正内容には虐待や遺棄に関する罰則の強化もあったのですが、改正の2年前に起きた「神戸連続児童殺傷事件」の犯人が猫を虐待していたことも背景にあったと言われています。

その後も改正が進められ、現在の動物愛護管理法は大きく6章にわけられています。1章は法律の目的や基本原則が書かれた「総則」、2章は「基本方針」、3章は「動物の適正な取扱い」、4章は犬・猫の引き取りや繁殖について行政がどう対応すべきかルールが書かれた「都道府県等の措置等」、5章はアニマル・ウェルフェアの観点や実験動物に関することなどが書かれた「雑則」、6章は「罰則」という構成になっています。

日本は「かわいい」文化?

動物愛護管理法がどういった法律なのか。まず第1章の「目的」を読んでみましょう。

第一条
この法律は、動物の虐待及び遺棄の防止、動物の適正な取扱いその他動物の健康及び安全の保持等の動物の愛護に関する事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに、動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害並びに生活環境の保全上の支障を防止し、もつて人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする。

ポイントは「国民の間に動物を愛護する気風を招来し」と書かれている部分で、動物愛護週間の規定もここから来ていることがわかります。帝京科学大学アニマルサイエンス学科の佐藤衆介教授は、西欧の法律が「かわいそう」という感情を原点にしているのに対し、日本では「かわいい」が原点になっていると指摘します。

西欧世界ではアニマルウェルフェアを「かわいそう」(compassion)という情動を原点に、それを取り除くための基準を法的に規定し遵守することで達成しようとしている。それに対し、わが国では「かわいい」情動を原点に、「普及啓発」を中心として、基本的には自主管理により達成しようとしている。

佐藤衆介 (2005) アニマルウェルフェア. pp.90. 東京大学出版会

改正により犬や猫を想定した項目が増えたことから動物愛護管理法を「ペット法」と呼ぶ人もいるのですが、同法は家庭動物に限定されたものではありません。「愛護動物」の対象は、6章の「罰則」に明記されています。

「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

「動物は命あるもの」という基本原則

次に、第1章の「基本原則」を読んでみましょう。

第二条 動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。

ほとんどの方が「当たり前のことが書かれている」と思うのではないでしょうか。しかし、この基本原則のポイントは、その当たり前の「動物が命あるもの」という記述にあります。日本には当たり前のことでも文化や宗教観が違うと見方が全然違ってくるのです。

例えば「我思う、ゆえに我あり」で有名なフランスの哲学者デカルトの『方法序説』には、「動物機械論」として知られる動物についての記述があります。

猿あるいは他の理性を持たない動物の諸所の器官と姿とを具えた機械があるとしよう。そうすれば、かような機械はどんな点でもそれらの動物と同じ性質を有することを、我々はどうしても認めないわけにはいかないであろう。(中略)動物は精神を全然持たないのであり、(中略)例えば時計は歯車と発條(編集注:ばね)とからしかつくられてはいないが、(中略)動物もかような時計と同様なのである。

デカルト (1637) 方法序説 今泉三良 (訳). 第5章. 哲学研究会

古来より「八百万の神々」に代表されるような、あらゆる動物はもちろん、草木にいたるまで命、魂、霊が宿ると考えてきた日本人からすると少し理解が難しい部分があるかもしれません。もちろん西欧の人が現在もこういった考え方をしているわけではないのですが、動物に対する考え方は時代によって、また世界の国や地域の人それぞれで違うということがわかると思います。

今回は、「動物愛護管理法の考え方」について紹介しました。興味を持たれた方は、ぜひ紹介した項目以外も読んでみてください。

動物の愛護及び管理に関する法律

参考:則久雅司(2016). 自然環境行政の経験から「人と動物が共生する社会」を考える 日本獣医師会雑誌 Vol.69 No.7

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10