腎臓病の犬猫におやつはNG? 療法食の注意点やフードのあげ方を獣医が解説


日本獣医生命科学大学 臨床獣医学部門 治療学分野I・講師で獣医師の宮川です。今回は腎臓の病気のうち、「慢性腎臓病」について解説します。

慢性腎臓病は1回患ってしまうと治ることがない病気で、特に猫では死因の1、2位になります。病気を予防することができれば一番良いのですが、残念ながら確実に予防する方法は今のところありません。そのためこの病気を患ったときの治療目標は、病気が悪化するスピードを遅くし、寿命を延ばすことになります。

慢性腎臓病の悪化を抑える治療法として、食事療法の有効性が科学的に証明されています。診断を受けると先生から「腎臓病用療法食」が処方されることになりますが、それは大まかに言えば、タンパク質やリン、ナトリウム(塩分)を減らしたご飯です。

大切な栄養素「リン」の摂取に要注意!?

慢性腎臓病になると、通常なら腎臓から捨てられるはずの老廃物が捨てられなくなり、体内に蓄積されていきます。この蓄積した老廃物(尿毒素といいます)が体のさまざまな臓器に影響をおよぼし、腎臓自体にもダメージを与えます。その老廃物の一つがリンです。

リンはカルシウムとくっついて骨になる大切な栄養素なのですが、食品添加物に含まれるため摂り過ぎになりがちです。通常は余分なリンを腎臓が尿として排出してくれるので問題にはならないのですが、慢性腎臓病になると排出機能が働かず、余分なリンが血液に漂い始めます。この状態を高リン血症と言います。

血液中のリンが増えると体はバランスを保つため、逆に骨からカルシウムを取り出し、骨がもろくなります。さらに、血液中でくっついたリンとカルシウムは骨でない軟らかい組織(血管や腎臓など)に沈着し、組織の構造を壊してしまうのです。体内のリンを減らすためには、ご飯をリンが少ないものにしなければいけません。

20161007_jinzobyo_ky_002

「おやつは絶対ダメ!」ではありません

リンの摂取を抑えるため特に気を付けたいのは「おやつ」ですが、どんな飼い主でも愛犬、愛猫にドッグフードやキャットフード以外のおいしそうな食べ物をあげたいと思うのは当然のことでしょう。「慢性腎臓病だからおやつをあげるのは絶対ダメ!」とは言いません。

しかし、あげるおやつや食べ物を選んでもらう必要はあります。特にチーズや魚にはリンが多く含まれているため避けてください。白米、芋類、野菜や果物は問題ありませんが、ほうれん草やブドウ、レーズンはダメです(それらを食べる猫は少ないと思いますが……)。

チーズや魚はリンだけでなくタンパク質にも気を付けなければいけません(タンパク質はリン酸化という化学反応によってリンも多く含みます)。タンパク質は炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素ですが、実は炭水化物と脂質と違ってタンパク質だけは体内で分解された後に尿毒素を発生させます。これも通常は腎臓が排出するので問題ないのですが、慢性腎臓病の場合は最も注意すべき栄養素です。タンパク質は、肉(乳製品も)や魚に多く含まれています。

また、塩分の取り過ぎは慢性腎臓病を悪化させる可能性があります。特に人が食べる物は高塩分ですので、慢性腎臓病の犬や猫には絶対にあげてはいけません。健康な犬や猫は人と違って高塩分食が高血圧や心臓病、腎臓病を引き起こしたりすることはないようですが、慢性腎臓病になると塩分を排出する能力も低下しますので、制限が必要です。

20161007_jinzobyo_ky_001

美味しくないから……食べてもらう努力を!

冒頭で紹介した「腎臓病用療法食」は、タンパク質が少なく、塩分も少ないご飯です。想像してもらうとわかると思いますが、美味しくなさそうです。入院中に出る病院食とサーロインステーキを比べれば、どっちを食べたくなるかすぐにわかりますよね(ステーキが嫌いな人もいると思いますが、あくまで例えです)。

各フードメーカーがかなり努力していますが、実際に腎臓病用療法食の嗜好性(しこうせい)は高くありません。慢性腎臓病の犬や猫は、尿毒素の蓄積のせいで食欲が落ち気味になっています。そもそも食欲がわかないし、ご飯は美味しくないし……ということで腎臓病用療法食を食べてくれないことが多く、療法食の継続を諦めてしまいがちです。

しかし、そこで簡単に諦めてしまうと慢性腎臓病はどんどん悪化していきます。美味しいご飯はタンパク質を多く含みます。タンパク質は尿毒素となって症状をさらに悪化させ、ますます食べなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。諦める前に、療法食のメーカーを変えてみる(今は5~6社から販売されています)、味を変えてみる(種類の選択が可能なメーカーもあります)、缶とドライを変えてみるということを試してください。

「それでも食べてくれない!」という場合は、タンパク質がやや少ない高齢用の一般的なフードを加えます(一部の高齢用フードはタンパク質を増やしている場合もありますので注意してください)。腎臓病用療法食と高齢用の一般的なご飯の割合を変化させ、少しでも食べてくれるようにしてください。最終的にどうしようもない場合は食べてくれるものを選択する他はないのですが、諦める前に少しでもタンパク質・リンが少なくなるように努力することが重要です。

pet_dog_manpuku

療法食は薬ではありません

最後に、腎臓病用療法食に関する大前提をお話しします。それは、「療法食は薬ではない」ということです。「腎臓病用療法食を食べていれば腎臓に良いから、そのほかの食べ物を食べてもよい」というわけではありません。

どんな療法食もそうですが、療法食は多くは栄養素のバランスを変えることによって、病気の治療または予防に役立てています。違う食べ物を混ぜて食べることによってそのバランスが崩れると、せっかく食べている療法食の効果が弱まり、最悪の場合まったく意味が無くなります。

よくあることですが、慢性腎臓病にかかっている猫で尿石症も見つかった場合、適応となるご飯は、腎臓病用療法食(低タンパク質、低塩分)と尿石症用療法食(高タンパク質、高塩分)です(※猫の場合)。しかし、これを半々で食べたとしたら、それぞれのバランスが崩れ、中タンパク質、中塩分となり、両方とも意味をなさなくなります。もう一度言いますが、療法食は薬ではありません。このことを忘れないでください。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10