猫が元気がない、体が熱い場合に考えられる病気や原因


白金高輪動物病院総院長の佐藤です。

「猫も熱を出すの?」と飼い主の方から聞かれることがよくあります。日の当たる場所にいたり暖房器具のそばにいたわけでもないのに、体を触ったらいつもより熱い気がすることはありませんか? そんな時は発熱の可能性があります。今回は体温の異常の確認から測り方、発熱の原因や応急処置を紹介します。

まずは猫の体温の異常を確認しましょう

猫の熱
まずは、内股の毛の薄い部分を触ってみましょう。
普段から触ってあげていないと異常かどうかわからないかもしれませんが、いつもより熱く感じたら体温を測ってあげてください。

猫の体温の測り方

猫の体温は、直腸(肛門から入ってすぐの、腸の一番最後の部分)で測ります。
体温計は人用のものでも構いません。体温計の先端にベビーオイルやグリセリンを塗って滑りやすくし、先端を2〜3cm肛門から差し込んでください。
猫の平熱は、37.5〜39度前半なので、安静時にもかかわらず、39.5度以上ある場合は、熱があると考えて良いでしょう。

体温計がなかった場合は?

直接体温を測る以外にも、ふるえている、冷たいところにずっと寝ていて動かない、呼吸が荒い、尿の量が少ない、といった症状も発熱を示唆しています。
それに加えて、目やに、くしゃみや鼻水、よだれや食欲不振を伴う場合、猫鼻気管炎ウイルスなどによる猫風邪が第一に疑われます。
発熱が確認できた場合や、おかしいなと思った時には、早めに動物病院に相談してみましょう。

猫の発熱時に考えられる病気

発熱の場合、肺炎、膀胱炎、細菌や真菌などの感染、膵炎や胆管肝炎などの内臓疾患、リンパ腫などの腫瘍、猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)や猫伝染性腹膜炎を含むウイルス感染、さらには寄生虫感染や熱中症など、様々なものが挙げられます。
重病化してしまうと危険なこともありますので、放っておかず、動物病院で診てもらいましょう。

冷静な応急処置が大切です

ペットが健康な状態を維持するためには、獣医師が最善の治療をすることはもちろん、飼い主の皆さんがペットの異変を察知することが必要です。
しかし、動物の病気を判断することはとても難しいことです。
ペットへの知識を増やせば、最悪の事態を防ぐ手助けになることは間違いありません。

そこで、ペットの「急病対応マニュアル」の必要性を感じ、飼い主の皆さんに向けた本をつくりました。

ペットの異変に気づいた時にはすぐに動物病院に行くことが望ましいですが、病院が休みだったり、仕事が忙しい時、旅行先にいる時など、すぐには獣医師に診察してもらえない場合もあるのではないでしょうか。

そんな時にペットの病状が深刻なのか、様子を見ても大丈夫なのかどうかがある程度判断できれば、救いになると思っています。

飼い主の皆さんが慌てふためかないように、本記事でも紹介している主な症状や原因、さらに加えて応急処置法を記しています。また、受診までの流れがすぐ分かるフローチャートでも説明しています。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10