猫の目が腫れている場合に考えられる原因と病気


白金高輪動物病院総院長の佐藤です。

猫の目が腫れている場合、放っておくと重症化してしまうことがあります。目の腫れ方は、「結膜が腫れているのか」「眼球が腫れているのか」、さらに「まぶたが腫れているのか」によって原因が異なります。また、必ずしも片目だけ、両目とも、とは限りません。今回は、症状別に考えられる原因と病気をご紹介します。

猫の目が腫れている場合に考えられる原因と病気

結膜が腫れている場合

かゆみを感じて目をこすっている場合は、まぶたを含めた目の全体が腫れることもあります。主な原因として考えられるのは「猫ヘルペスウイルス」による感染です。

さらに細菌なども関与し、二つ以上同時に感染してしまう「混合感染」を起こすと重篤化し、両目の結膜が腫れる可能性があります。他にも、アレルギー性、グルーミングの刺激などによる外傷性、また体調が悪い時には結膜が腫れて見えることもありますし、角膜炎が原因で炎症が波及し、腫れている場合もあります。

猫の眼球が大きく膨らんでいる場合

眼球自体が大きくなっている場合は、「緑内障」になっている可能性があります。目の奥に腫瘍ができていることもあるので、少しでも異常を感じたら動物病院にすぐに行くようにしましょう。

猫のまぶたが腫れている場合

片目のまぶたにデキモノがある場合は、「ものもらい」と呼ばれる「麦粒腫」にかかっている可能性があります。

マイボーム腺という目のふちに、細菌が感染した場合を麦粒腫、細菌感染を伴わず炎症により硬化した場合を霰粒腫と言います。腫瘍化するマイボーム腺腫の場合もあるので、異常を感じたら動物病院に行くようにしましょう。

他にも細菌性やアレルギー性の眼瞼炎を起こすこともあります。猫の場合、ケンカによって相手の目を狙う行動を取るため、眼瞼の外傷も良く見られます。

猫の目の腫れの予防ケア

猫の目はゴミやほこりが入りやすいため、こまめにケアが大切です。濡れたガーゼで目の周りのゴミを定期的に拭ってあげてください。

冷静な応急処置が大切です

ペットが健康な状態を維持するためには、獣医師が最善の治療をすることはもちろん、飼い主の皆さんがペットの異変を察知することが必要です。しかし、動物の病気を判断することはとても難しいことです。ペットへの知識を増やせば、最悪の事態を防ぐ手助けになることは間違いありません。

そこで、ペットの「急病対応マニュアル」の必要性を感じ、飼い主の皆さんに向けた本をつくりました。ペットの異変に気づいた時にはすぐに動物病院に行くことが望ましいですが、病院が休みだったり、仕事が忙しい時、旅行先にいる時など、すぐには獣医師に診察してもらえない場合もあるのではないでしょうか。

そんな時にペットの病状が深刻なのか、様子を見ても大丈夫なのかどうかがある程度判断できれば、救いになると思っています。飼い主の皆さんが慌てふためかないように、本記事でも紹介している主な症状や原因、さらに加えて応急処置法を記しています。また、受診までの流れがすぐ分かるフローチャートでも説明しています。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10