犬は白菜を食べても大丈夫? 生や芯などの注意点、おすすめのレシピを紹介

鍋や漬物、キムチの具材としてよく使われる白菜。汎用性が高く、食材として人気が高いです。白菜の調理方法はたくさんありますが、犬の手作りご飯に使っても大丈夫なのでしょうか? 白菜の芯の部分や生の状態での摂取など、注意点があるのかをしっかりと確認してから与えるようにしましょう。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。

犬が白菜を食べても大丈夫?

犬は白菜を食べても大丈夫です。しかし犬に白菜を与える際は注意点を把握してからにしましょう。犬の体は白菜を消化することを得意とする構造ではないので、犬によっては胃腸の負担になってしまうことがあります。

白菜と豚肉のミルフィーユ鍋

白菜の成分

白菜は95%が水分でできています。特別な成分が含有されているわけではありません。少量ではありますがビタミン類もバランスよく含有されていて、カリウムやカルシウムが豊富に含まれています。白菜やブロッコリーなどのアブラナ科の野菜にはイソチオシアネートというがん予防に効果的な成分も含まれています。しかし大量にイソチオシアネートを摂取すると胃腸を刺激してしまう恐れがあるので注意しましょう。

  • カルシウム
  • 別名「天然の精神安定剤」とも呼ばれているカルシウムは骨や歯を丈夫にするだけではなく、神経や筋肉の活動を円滑に進むようにサポートをする役割をします。

  • カリウム
  • カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

  • ビタミンK
  • ビタミンKは出血した際に血液を固めて止血したり、骨にあるタンパク質を活性化したりして丈夫な骨を形成する働きをします。

  • ビタミンC
  • 人の場合、最も要求量の多いビタミンですが、健康な犬や猫の場合は体内でビタミンCを生成できるため、必須ビタミンとは言えません。しかし、抗酸化成分として加齢や運動による酸化ストレスや、関節炎などに関連する病気の予防および治療に役立ちます。

与える時の注意点

一般的に犬に与えて良いとされている食材でも、犬によっては相性が合わないこともあります。初めて食べさせる場合は必ず少量からスタートしましょう。

ご飯を食べるゴールデンレトリーバー

甲状腺機能に問題のある犬は注意

白菜の他にもキャベツ大根ブロッコリー等のアブラナ科に属している野菜にはゴイトロゲンという成分が含まれています。ゴイトロゲンは、体内において甲状腺ホルモンをつくるために必要なヨウ素の吸収を阻害してしまいます。甲状腺ホルモンは代謝の調節を司る働きがあり、ゴイトロゲンを過剰に摂取してしまうと、甲状腺機能低下症という病気になってしまう恐れがあります。白菜の大量摂取によって犬の甲状腺の機能が低下したという臨床報告は見受けられませんが、元々甲状腺に疾患のある犬は念のため注意しましょう。

できるだけ生では与えない

生の状態の白菜が特別害があるというわけではありません。しかし犬は肉食寄りの雑食動物のため、白菜などの野菜の消化が苦手です。消化不良による下痢嘔吐を引き起こしてしまう可能性があります。特に白菜の芯など固い部分を与える場合は、茹でたり蒸したりしてあげるようにしましょう。

食物アレルギー

犬によってはアレルギー反応を起こしてしまう子がいます。初期症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。食物性のアレルギーの場合、原因となるものを取り除いてあげれば問題はありません。

アレルギーは摂取後すぐに症状が現れる訳ではなく、1カ月後という場合もあります。そのため何の食材が原因か分かりづらいことが多いので、アレルギー症状が疑われたら動物病院で検査をすることをお勧めします。

白菜を使った犬の手作りご飯レシピ

白菜はどんな料理にも合う食材なので、手作りご飯を作る際によく使用されています。犬用スープの具材や犬用ご飯のトッピングとして加えてあげると、食欲がない時などに有効です。ご飯を与える時は総合栄養食のドッグフードを使い、栄養バランスを整えるようにしましょう。

わんわんシェフ見習い中

わんわんシェフ見習い中 白菜のレシピ

愛犬にあった食事にしましょう

飼い主さんであれば犬の健康を願い、栄養満点の食事を与えたいと誰もが思うでしょう。しかし栄養のバランスを手作りご飯で整えるのはとても大変なことです。そのため手作りを与える時もドッグフードは加えてあげると良いでしょう。

関連記事

※本記事は犬に白菜を積極的に食べさせることを推奨するものではありません。犬に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのドッグフードです。犬と人では体の作りが違いますので、人の体に良いからといって犬にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。
ただ、食事は飼い主と愛犬の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛犬に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10