猫の年賀状を戌年に!? かぶりものを使った「にゃん賀状」や無料素材を紹介

今年も年賀状を作る季節がやってまいりました。2018年は戌年ですが、「うちは毎年、猫年だから!」と戌年仕様のかわいい「にゃん賀状」を考えている猫の飼い主さんも大勢いると思います。そんな猫好きな皆さんに、猫をモチーフにした年賀状「にゃん賀状」の作り方や、撮影に便利なかぶりものグッズ紹介します! Instagramではハッシュタグ「#ペトこと猫部にゃん賀状」で皆さんが作った年賀状を募集中です!

猫が主役の年賀状を作ろう

年賀状は日本特有の文化です。メールやLINEなどのインターネットを使ったコミュニケーション手段が一般的になった現在でも、「新年のご挨拶は紙の年賀状で」と決めている方はたくさんいます。それは、「ご無沙汰している人とも、気軽に連絡をとることができる」「手書きに込められた温かみがある」「手元に保存しておくことができる」など、紙の年賀状ならではの良さがあるからですよね。

2018年は戌年ですが、猫好きの方や猫の飼い主さんは、「戌年だろうと年賀状の主役は猫! でも、犬の素材ばかり」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか? 諦めてはいけません。猫のかわいい年賀状を作る方法はたくさんあるんです!

猫がデザインされた年賀状

最初は、猫をモチーフとしてデザインされた年賀状を購入できるサイトを紹介します。

郵便局の「夜回り猫」

郵便局では大人気ウェブキャラクター「夜回り猫」の年賀状を注文することができます。3種類のデザインから選ぶことができる上に、切手部分まで凝っているところが特徴です。

夜回り猫

挨拶状ドットコムの「にゃん賀状」

挨拶状ドットコムでは「戌年はあるのに、なんで猫年はないの?」という、猫好きの要望に答えた、猫が主役の「にゃん賀状」を発売しています。猫好きのクリエイターにより作られた24種類のデザインから、お気に入りの1枚を見つけてくださいね!
にゃん賀状

「フェリシモ猫部×挨拶状ドットコム」のコラボ年賀状

挨拶状ドットコム独自の「にゃん賀状」だけではなく、フェリシモ猫部とコラボした年賀状も販売されています。年賀状の注文1枚につき、1円が大阪の動物保護団体「日本アニマルトラスト」に寄付されます。
フェリシモ猫部×挨拶状ドットコムの「にゃん賀状」

猫のフリー素材でオリジナル年賀状

猫のフリー素材を使えばオリジナルの年賀状を作ることができます。

ねんがや

写真フレーム付きのかわいい年賀状を無料でダウンロードすることができます! ご家族の写真や愛猫の写真を入れて、猫好きならではのオリジナル年賀状を作りましょう。手ぬぐい風のデザインがとてもオシャレですね。

ねんがや

Andante

文章を入れるだけで作成できる「テンプレート式の年賀状」や写真を入れることができる「フレーム付きの年賀状」、年賀状にワンポイント入れるための「猫のイラスト」と3形式から選ぶことができるのが特徴です。デザインは100種類以上あるので、どれにするのか迷ってしまいますね。

いらすとや

うちの猫が主役! かぶりものグッズ

猫の飼い主さんなら愛猫の写真を年賀状に使いたいと思うもの。でも、せっかくなら年賀状ならではのお正月や戌年がモチーフになった写真を使いたいですよね。猫専用や、猫用にも使える小型犬用のかぶりものグッズが販売されていますので、使ってみてください。ただし、猫は犬以上にかぶりものを嫌がる可能性が高いと思いますので、ストレスにならないよう無理はさせないでくださいね。

「犬」のかぶりもの

2018年の干支は「戌年」として知られていますが、正確には2018年の十二支が「戌」で、干支は「戊戌」(つちのえいぬ)です。「戊戌」の「戊」という漢字は、私たちがよく知る「滅」という漢字の原型です。「え、戌年は滅びる年なの!?」と思った方もいるかもしれませんが、そうではありません。草木は枯れても、その中には種があります。そのことから、戌年は「生命力が豊かな象徴」とされています。

そんな戌年ですが、猫派としては犬のかぶりものを付けた年賀状を送り、やっぱり一番かわいいのは(うちの)猫なんだと主張していくスタイルで1年を始めていきましょう。

 

ちなみに、干支は甲・乙・丙などの十干と十二支を組み合わせた60の数詞で、私たちが60歳になると「還暦」を祝うのは、干支が1周して生まれ年に戻るためです。

「鏡餅」のかぶりもの

年に一度、お正月に「年神様」が家にいらっしゃるといわれています。そのため、神様に捧げ物をするために鏡餅を飾るようになりました。上に乗っているみかんは「橙」(だいだい)という果物の代わりに使われています。橙は長い間木から落ちないことから、不老長寿の象徴とされていたのです。

かぶりものが嫌ではない猫ちゃんなら、市販されているプラスチック製の鏡餅(中にお餅が入っているタイプ)を使うという手もあります。「のせ猫」で有名な「かご猫Blog」さんがYouTubeでその様子を公開していますが……見ているとやたら眠くなる動画ですね。

「獅子舞」のかぶりもの

獅子舞は中国から伝わった文化というイメージがあると思いますが、実はインドから伝わった文化とする説もあり、明確にはわかっていません。インドにおいてライオンは神としてあがめられていたことから、ライオンをモチーフにした獅子舞が作られるようになったとされています。獅子舞が人の頭を噛むのは、怖がらせたいからではありません。人の頭を噛むことで、邪気を食べてくれているのです。

 

かぶりものをかぶった猫たち

実際に、お正月グッズのかぶりものをかぶった猫ちゃんたちの写真を紹介します。

20171209-nenga9-ym
Photo by lettuce_5さん Thanks!

20171210-nenga6-ym
Photo by yumama0508masさん Thanks!

20171210-nenga5-ym
Photo by bivi0303さん Thanks!

20171209-nenga10-ym
Photo by sakuchacaさん Thanks!

20171210-nenga4-ym
Photo by neconecoriさん Thanks!

20171209-nenga10-ym
Photo by paucorinさん Thanks!

番外編〜年賀状を刷るのを邪魔しまくる猫〜

年賀状の試し刷りをしようと思った飼い主さん。すると、飼い主さんの元に1匹の猫が現れました。



紙が詰まっているのを直してくれるような振る舞いをしていますが、邪魔をしているだけです(笑) 飼い主さんはこの日に刷ることは諦めて、別日に試し刷りをすることにしたそうです。

世界に一つだけの年賀状を

仕事などで忙しい人たちにとって、年賀状を書くことはどうしても「作業」になってしまいがちです。送る行為が一番大事なのは間違いありませんが、せっかくなら人柄や最近の様子、年賀状制作に懸ける並々ならぬ熱意が伝わるような年賀状送りたいですよね。今年は愛猫に手伝ってもらって、普段お世話になった人たちに喜んでもらえるような年賀状を送ってみるのはいかがでしょうか?

皆さんの「にゃん賀状」を見せてください♪

インスタの写真

Instagramの「ペトこと猫部」では、猫の飼い主さんたちが作った「にゃん賀状」を募集中です。ハッシュタグで「#ペトこと猫部にゃん賀状」と付けて投稿してください! あなたの渾身の一作が記事で紹介させるかも!? たくさんの投稿お待ちしております。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10