「犬の鼻紋」を撮ろう!人工知能AIが表彰するペトこと犬部フォトコンテスト開催中! 4/23(月)まで

春の始まり、ペトことはInstagramでちょっと変わったフォトコンテストを開催します。撮っていただくのは愛犬の「鼻紋」です。「鼻紋……?」と思った飼い主さんも多いと思いますが、鼻紋とは、鼻の模様(紋様)のことです。犬の鼻紋は、個体それぞれで異なると言われています。では、鼻紋を登録しておけば、人工知能(AI)の画像解析によって震災などで迷子になった犬の飼い主さんを簡単に見つけることができるのでは? そんな想いから「鼻紋プロジェクト」が始まりました。

専門科獣医師などペットの専門家が発信するペットライフメディア「ペトこと」を運営するシロップは、リクルートテクノロジーズが実証実験する「鼻紋写真」による犬の個体識別に関し、 4月10日より、ほぼ日、日本アイ・ビー・エムと4社協働で実験を進めます。鼻紋の照合率を100%に近付けるためには、たくさんの鼻紋の写真データが必要です。そこで、読者の皆さんに撮影のご協力を頂きたいと思っています。プレゼントも用意しておりますので、ぜひご参加ください。

フォトコンテスト概要


犬の鼻紋フォトコンテスト

Instagramにて、鼻紋のみを写していただく一風変わったフォトコンテストです。ハッシュタグ「#ペトこと鼻紋あつめ」を付けて、2枚の異なる鼻紋写真を投稿するだけで応募は完了。お一人さま何回でも投稿していただけます。社員犬コルクで早速、鼻紋を投稿してみました。どんな鼻紋が集まるのか、楽しみです♪

投稿していただいた画像の中で人工知能(AI)の照合率が高かったワンちゃんから、1等、2等、3等あわせて15匹(各5匹)決めさせていただきます。結果発表は後日、ペトことの記事にて行ないます。

コンテスト概要

  • 対象:犬の鼻紋
  • 開催期間:4月10日(火)〜23日(月)まで

今回の「鼻紋プロジェクト」について

今回の「鼻紋プロジェクト」では、人工知能(AI)を活用します。鼻紋を画像として登録しておくと、別の画像に写った鼻紋が同一のものか別のものかを照合してくれるのです。人工知能はデータを蓄積することで精度を上げていきますので、照合率を100%に近付けるためには、たくさんの鼻紋データが必要です。

そこで、ペトこと読者の皆さんに撮影のご協力を頂きたいと思っています。

どんな写真を撮れば良いの?

どのような写真を撮ればいいのか、OKのパターンとNGのパターンを紹介します。

鼻紋撮影OK画像のポイント

犬の鼻紋

鼻紋撮影NG画像のポイント

犬の鼻紋

犬の鼻紋はピントが合いづらく、意外と撮影が難しいです。また、犬は黒い鼻紋が多いため、光が反射してしまったり、ブレたりしてしまいます。

犬の鼻紋をうまく撮る方法

なかなか一人だと顔が動いて撮りづらいため、二人掛かりで撮影するのがオススメです。一人がマズルを優しく押さえてあげて、もう一人が鼻紋にピントを合わせて撮影するとうまく撮れます。もし一人で撮影する場合は、おやつを片手に持って、待てをさせたり、寝ている時に撮影したりするとうまく撮れると思います。

犬の鼻紋の撮り方

皮膚クリームなど豪華賞品をご用意!

1等賞:HIFF Pet Skincare Cream(5匹)

犬の皮膚ケアクリーム
HIFF Pet Skincare Cream
公式サイトで見る

1等は今回のプロジェクトの協力施設でもある皮膚科専門の動物病院「hiff cafe tamagawa」が提供する犬用スキンケアクリーム「HIFF Pet Skincare Cream」です。人の美容にも使われる、ホホバ油、スクワラン、グリセリン、LPS(コムギ発酵抽出物)などを配合しています。

犬の皮膚ケアクリーム

本クリームを使用することで、皮膚炎の改善、ドライスキンの改善、傷の早期治癒が期待できます。ホホバ油、スクワランやグリセリンの配合により、さまざまな皮膚トラブルのニーズに合う皮膚のケアクリームとして期待されます。

2等賞:PETOKOTO SUPPY(5匹)

犬の関節サプリ「SUPPY」
ペット向けサプリメント「SUPPY」
Amazonで見る

SUPPYは、ペトこと初のオリジナルブランドで犬や猫の健康を考える専門家が集まり、品質に徹底的にこだわった関節疾患のサプリメントです。関節専門の獣医師が監修し、原料は最新の知見を配合。日本産メインで添加物・香料は一切使用していない信頼ある原材料のみを使用しています。製造も人間と同じ工場で製造しているため、完全殺菌でSUPPYが生まれています。関節ケアは若い頃から与えていただくことが良いため、年齢に関係なく、与えていただけます。

犬の関節サプリ「SUPPY」

3等賞:鼻紋デザイントートバッグ(5匹)

リクルートテクノロジーズデザインの鼻紋デザイントートバッグです(デザインは未確定です)。

その他にも実際に限定アプリでも照合できます!

フォトコンテストの他にも、限定アプリから撮影いただくプランや店舗で撮影いただくプランをご用意しております。

1. 限定アプリをダウンロード!

鼻紋照合撮影

まだ公開されていない限定アプリを先にお試しいただくことができます。以下にあります応募フォームより応募後、運営担当者から連絡をさせていただきますので、限定アプリをダウンロードしてください。普通のカメラ機能だとピントが鼻に当たりづらいのですが、このアプリは鼻紋撮影用に作成されていますので、簡単に撮影することができます。ステップは以下の通りです。

  1. 4枚の鼻紋画像を撮影・プロフィール情報を登録
  2. 数時間後、再度鼻紋を撮影・認証
  3. 照合結果を確認
  4. 結果をアンケートで回答

鼻紋認証の画像

こちらのプランでは2度実験のご協力をいただきます。1度目の配信型実証実験では、飼い主の皆さまのワンちゃんの鼻紋データ収集を行います。2度目では、1度目で収集したデータを元に追加機能の実装を行い、照合成功率が上がっていることの検証をさせていただきます。

※iPhoneをお持ちの方のみダウンロードいただけます。ご了承ください。

2. 協力施設の端末から試せます!

東京にある以下の3施設限定で、施設に設置してある端末を使ってアプリを試すことができます。トリミングする前に撮影していただき、トリミング後に再度撮影することで数ある写真の中から人工知能(AI)があなたのワンちゃんの鼻紋を探し出してくれるはずです。ぜひ施設でトリミングやシャンプーをする機会に試してみてくださいね!

協力施設1. hiff cafe tamagawa

hiff cafe tamagawa

神奈川にもほど近い東京・田園調布に、カフェをこよなく愛する獣医師3人がカフェ併設の皮膚・耳の病気に力を入れた動物病院をオープン。落ち着いたウッドベースの店内では、コーヒーやスイーツを飲みながらゆっくりとワンちゃんと過ごすことができます。ペトことの皮膚科担当ライターでもある後藤慎史先生久保聡先生小林真也先生も勤務しています。

協力施設2. Dog Care Salon LINDO

Dog Care Salon LINDO

東京・広尾にあるドッグケアサロンです。ラデュレをイメージした可愛い店内では、ワンちゃんがフリースペースで遊ぶことができます。ペトことのトリマー担当ライターでもある大森洋子先生も勤務しています。

協力施設3. バンブーペットクリニック

バンブーペットクリニック

東京・学芸大学、祐天寺エリアにある動物病院です。治療モットーは、「遊びへ つなぐ」。飼い主さんには、できるだけ心配を無くして、ペットを飼う本来の楽しみを十分に満喫できるようにされています。ペトことの歯科担当ライターでもある藤間友樹先生も勤務しています。

鼻紋で変わる未来

鼻紋照合はまだ研究段階ですが、もしそれぞれの鼻紋が唯一無二ものであることが確実となれば、迷子犬を見つけた時、マイクロチップリーダーが無くてもスマホ一つで飼い主さんを見つけることができるかもしれません。実際に東日本大震災、熊本大地震では多くの犬や猫が被災動物となり、飼い主とはぐれてしまって保護犬・保護猫となった事実があります。少しでも愛するペットとの命のパイプをつなげることに貢献できないかという想いでこのプロジェクトは始まりました。

この技術が実用化されれば、例えば鼻紋が会員証や診察券の代わりとなり、鼻紋を読み取るだけで施設が利用できる時代が来るかもしれません。テクノロジーを通して、犬や猫と飼い主さんのライフスタイルをより豊かなものへ。ペトことは取り組んでまいります。

関連記事

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10