Gatos Apartment 誕生秘話「猫を飼える物件を増やし、殺処分される猫を救いたい」

「人生設計に、戸建てに住むというプランも猫と暮らすというプランもなかった」――そう語るのは、猫アパートメントGatos Apartment(ガトス・アパートメント)を運営する木津一郎さん。たまたま出会った野良猫が木津さんの人生を大きく変化させました。その猫の名前は、チーとウー。今でも木津さんのご自宅で、のびのびと暮らしている2匹からGatos Apartmentのストーリーは始まります。

今回は、猫アパートメントのお話を伺いながら、Gatos Apartmentを作られるまでの思いや経緯や、猫専用アパートメントならではの風土や魅力、そして、木津さんが描く猫と共生していく社会についてご紹介いたします。

猫アパートメントGatos Apartmentをご存知ですか?

京王井の頭線高井戸駅。都心部へのアクセスもよく、駅直結のスーパーがあり、下北沢も近いため週末にお出掛けする人も多い。そんな都会の喧騒から離れた生活を送ることができる住宅街に、Gatos Apartmentはあります。

ひょんな出会いから猫と一緒に暮らすこと決意。と同時に、直面した猫の住宅環境問題。

「猫と暮らすことになったきっかけは、ウーの親猫チーとの出会いでした。その頃、野良猫との関わり方に対して理解が浅く、家にやってくるチーを可愛く思い、餌をやることが習慣になってきました。そんなある日、チーが子猫を連れてきたんです」

その猫は目やにがひどく、目も開けれない状態になっていたそう。慌てて病院に連れて行った木津さん。そこから2度の手術を行うことに。

「退院後、手術で包帯ぐるぐる巻になった子猫とチーを、一時的に部屋に匿うことになりました。一時的に……と思っていたのですが、病院に足を運んだ時に、獣医師さんに『この猫どうするんですか?』と聞かれ、その場で妻と目を合わせ、お互いに『飼うよね?』と。意見が揃いました(笑)」

自然と、猫たちを家族として迎え入れることになったご夫妻。ただし、住んでいた家は、ペット禁止物件。ダメだとわかりながらも、術後で身体の弱っている子猫を外に放り出すこともできず、そっと飼うことに……。しかし暮らし始めて、新たな事実が発覚します。

「実は、チーが新たに妊娠していることがわかりました。チーとその子猫の2匹から、さらに3匹増えるとなると、さすがにもう黙って飼い続けるのはつらくなって……。新しく生まれてくる子猫たちは、知り合いや友人に引き取ってもらいましたが、家族のような存在になっていたチーとウーとは、一緒に住むため物件を探すことに決めました」

そこからが、苦難の道だったそう。希望のエリアには猫OKの物件は見当たらず、ペット可物件を見つけて内覧に行っても犬用の物件だったとか。築年数がかなりたった古い物件を提示されることも。

「ペット可の物件は、猫は基本NGで犬ならOKの場合がほとんどです。また、ペット可の物件の多くが、不動産マーケットの中で価値が低くなった物件で、良い物件は少ないんです。つまり、入居者が現れないため、ペット可として価値をあげようとしていることが多いということなんですね」

理想の住処にたどりつけない……。ならば、自分で作ってしまおうか!

「猫と暮らすためには、生活に望む何かを削らなければいけないということに気付きました。『猫と住みたくなるような理想な物件がない……。ならば、もう自分で立ててしまおう』という結論に至りました。そして、『猫と住むための良物件がないことで困っている人は他にもいるはず……。であれば、一部を賃貸にして困っている人にも提供できれば』と考えるようになり、アパートメントを作ることになりました」

ここまで素敵な住処を提供してくれる飼い主さんに巡り会えた「チー」と「ウー」は幸せものですね。しかし、アパートメントの構想から土地探し、設計事務所の採択もまた大変だったそう。

着工後もトラブル続出!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

back 1 2 3 4next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10