犬を飼うのに必要なもの&初めて犬を迎える時にすべきこと

我が家に犬がやってきた! でも、犬が快適に暮らせる環境は整っていますか? 今回は、初めて犬を飼う方が犬を迎えるにあたって必要なもの、するべきことをペットグッズ専門店「cush」店長の斎藤が紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

犬種ごとの性格や体質を理解しておく

おじぎする犬のイラスト

迎える犬種によって性格や体質が異なりますし、同じ犬種でも個体ごとに異なります。犬の迎え方はブリーダーや保護犬などがあると思いますが、どの迎え方であっても、まずは迎える犬種がどういった性格で、将来どれくらい成長するのかを理解しておく必要があります。

保護犬である場合は、保護時の生活環境やその子の性格を考慮して選んでいただければと思います。相談に乗ってくれる団体もありますので、まずは聞いてみましょう(※保護団体によっては、準備すべきものが具体的な商品名で指定される場合もあります)。

では最初に、犬を迎えるまでに用意するべきグッズを紹介します。

犬を迎えるまでに準備する必要があるもの

ケージ

ケージに入った犬のイラスト

犬が快適に過ごせるよう、ケージには配慮が必要です。室内犬には必ず必要なものですね。今後成長して体が大きくなることを見込んだケージ選びも良いでしょう。

チェックしておきたいポイント

脱走癖がある場合、屋根面があるケージを選ぶと良いでしょう。また、綺麗好きなわんこの場合、トイレと部屋空間が分かれたタイプを選ばれると良いでしょう。

オススメのケージ:リッチェル 木製ペットサークル

リッチェルの木製ペットサークルは、屋根面が別売りされているためカスタマイズが可能です。また、ある程度のしっかりとした重量があるため、ケージ内ではしゃぐ子も安定して使えます。

 

トイレ

犬と犬用トイレのイラスト

犬が清潔に過ごすためにトイレは必要不可欠ですよね。ケージと同じく、体が成長するに従って、トイレの大きさも変えていく必要があります。成長を見込んでトイレ選びをすると良いでしょう。

チェックしておきたいポイント

一般的に、トイレトレーニングのために、メッシュタイプのトイレを選ばれる方が多いです。保護犬の場合は、そもそも家の中でトイレをする子かどうかも大切です。また、足を上げたり、ペットシートで遊んでしまう癖があるかで選ぶタイプが変わってきます。

オススメのトイレ:リッチェル しつけ用ステップシリーズ

リッチェル しつけ用ステップシリーズ」は、通常のトイレトレーから壁付き・L型などその子に合った形状が発売されています。

ベッド・マット

ベッドでマッサージを受ける犬のイラスト

犬は睡眠時間がとても長く、パピー(子犬)の時は成長のために睡眠は非常に大切です。また、安心する場所をつくるためにもベッドやマットは非常に重要なグッズです。

チェックしておきたいポイント

全般的に、ある程度ゆったりできる大きさのベッドやマットが良いでしょう。小さすぎると体を曲げて寝なければいけないため、余裕を持ったベッドやマットを選んであげましょう。保護犬で、怖がりな子や一人でゆっくりくつろぎたい子にはドーム型がオススメです。また、車でお出かけすることが多い際、車用のベッド・マットを準備してあげてください。

オススメのベッド・マット:idogシリーズ

保温性もあり、柔らかい素材で覆われているため、安心して犬が過ごせます。

 

食器

水を飲む犬のイラスト

毎日の食事や水を入れてあげる食器も揃えておきたいグッズです。

チェックしておきたいポイント

保護犬の場合、ステンレス製など特定の食器で怖がったりして使えないものがないか、事前に理解しておきましょう。

オススメの食器:置き型タイプ

喉が渇き水を飲む行為は生理的欲求ですので、満足に水が飲めないとストレスがかかります。いつでも水が飲めるよう、大きい器をオススメしています。また、器をひっくり返してしまう子以外は置き型タイプをオススメします。

ノズル型(ケージにつけるタイプ)は他の食器と比べ、同じ水の量を飲むのに2倍の時間がかかるといわれています。また、置き型の器では、ガブガブ飲む際に口腔内のフードの残りカス等を落とす効果があります。

 

リード・ハーネス類

リードとハーネスを付けた犬のイラスト

日々の散歩の際に、リードやハーネス選びも大切です。

チェックしておきたいポイント

散歩ができるかどうか、散歩に慣れていない場合は2リードやハーネスがオススメ。お散歩ができる子であれば、犬種によって首輪・ハーネスを選びましょう。新しい環境に慣れていない時は、予想外の行動をすることもありますので、伸縮リードはオススメしません。突然のリアクションに対応できるようしっかりとリードを持ってお散歩しましょう。

オススメのリード・ハーネス類

「新東亜交易 EZYDOGハーネス」は、軽量な上に丈夫な素材でできています。チェスト部分もその子に合わせてフィットしていきますので、安心してお散歩できます。また、「新東亜交易 ゼロショックライト」は、力強い子にも安心のショック吸収技術搭載の軽量リードです。

 

フード

ドッグフードと犬のイラスト

一番大切だと言っても良い食事。フード選びは非常に大切です。種別の特性や年齢、健康状態、アレルギーの有無によってもフードを変更していく必要がありますので、獣医師のアドバイスを聞きながら選ばれると良いでしょう。

チェックしておきたいポイント

保護犬の場合、譲渡時は今まで食べていたフードを持参する団体が多いと思います。特に指定がない場合は、アレルギーや病気はないか事前に保護団体に聞き、年齢や体質に合ったフードを選んでください。

洋服・靴

洋服を着せた方が良いかどうかと聞かれることは多くあります。もちろん、冬の寒い季節に散歩に行く際、保温のために洋服を着せてあげることは大切です。しかし、洋服が苦手な子がほとんどだと思ってください。個人的な意見ですが、アレルギーや皮膚疾患等の理由で着用の指示がない限りは、着せないほうが良いと思います。何よりも大切なことは、犬との信頼関係を築くことです。まずは、そっと見守り生活を共にし、絆を深めましょう。

おもちゃ

骨のおもちゃのイラスト

留守番中や飼い主さんと遊びの上で、おもちゃは非常に大切です。おもちゃも種別や年齢、性格によって合うおもちゃがあります。

チェックしておきたいポイント

まず、おもちゃで遊ぶかどうか、抱え込み癖がないかどうかを理解することが大切です。おもちゃはストレス発散や飼い主とのコミュニケーションツールになります。おもちゃで遊ぶ子でしたら、いくつかタイプ別に用意してみましょう。

オススメのおもちゃ

一緒に遊ぶなら「ワンダーパペット」のように、「引っ張りっこ」して遊べるおもちゃ、一人で遊ぶなら、噛むことで音が出るおもちゃをおすすめします。

また、お留守番の時なら一人でも退屈しないよう、動きのあるおもちゃがおすすめです。「ビジーバディーツイスト」は、難易度を調整でき、思いがけない方向に転がる高機能おもちゃです。

 

犬を迎えたら必要なこと

そしてもちろん、犬を迎えた後にもしなければいけないことはあります。どれも大切なことですので、必ず行うようにしましょう。

登録・ワクチン

登録

犬を飼ったら、まずは居住している市区町村に飼い犬の登録をしましょう。これは、「どこで誰が犬を飼っているか」というのを明確にするために法律で定められている義務です。地域で狂犬病が発生した場合はこのデータを利用して対策措置が取られます。引っ越しの際には引っ越し先の市区町村に届けを出す必要があります。

ワクチン

上記の登録に加え、年に1度の狂犬病予防ワクチン接種も義務化されています。狂犬病は一度感染・発症してしまうと治療ができませんが、ワクチンの接種で発症を防ぐことができます。犬を守るためにはもちろん、飼い主やその周囲にいる人や動物への感染を防ぐ意味でも、怠ってはいけないものです。市区町村では集合注射が行われているほか、動物病院でも接種できます。

病院

犬と猫と病院のイラスト

犬が何かしらの体調不良を起こした時には、病院に連れて行ってあげなければいけません。そして、健康そうに見える場合でも、定期的に健康診断に連れて行ってあげる必要があります。そんな時にかかる病院も、早めの段階で考えておきましょう。

トリミング

そして、トリミングも忘れてはいけません。トリミングに関しては、トリミングが必要な犬種とそうでない犬種がいて、必要な場合もその頻度は犬種によって異なります。まずは飼う犬がどちらに属しているかを調べましょう。トリミングは見た目だけでなく犬の健康のためにも大事な作業になりますので、欠かさず行うようにしましょう。トリミングサロンはさまざまな地域に数多く出店しているので、ぴったりのお店を探してみてください。

散歩

散歩する犬のイラスト

散歩はどんな犬にも必要なものです。飼い主が忙しい時や疲れている時もあるかもしれませんが、犬の健康のためにもきちんと行ってあげるようにしましょう。必要な散歩量は犬種によって異なります。一般的に犬の体格が大きくなればなるほどより長く散歩しなければいけなくなるので、犬を迎える際にはそれも考慮しておくべきでしょう。

しつけ

しつけも犬にとってはとても大切なものです。しっかり行わないと、飼い主だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。犬を飼うとつい甘やかしてしまいたくなるかもしれませんが、本当にその犬のことを思うなら、甘やかしすぎずきちんとしつけましょう。飼い主用のしつけ教室なども開催されていますので、「しつけ方が分からない!」という方はそういったイベントに参加してみてもよいかもしれませんね。

成犬・シニア犬を迎えるためのQ&A

犬を迎え入れるというと、やはり多いのは子犬を迎え入れるケースです。しかし、成犬・シニア犬を迎え入れる場合ももちろんあることと思います。成犬・シニア犬といっても、子犬とあまり変わらない対応でよい場合も多々あります。とはいえもちろん異なる点もあるので、しっかり確認しておきましょう。

しつけはできるの?

もちろんできます。ただし、子犬と同じように根気強くしつけることが大切です。犬によってはすでにある程度のしつけがされている場合もあるので、様子を見ながらしつけましょう。

懐いてくれるの?

「子犬から飼うとよく懐く」といったことはよく言われますし、事実でもあります。ただし、それは「成犬から飼い始めると懐かない」ということにはなりません。成犬やシニア犬はすでに成長しているため、その犬本来の性格を知った上で迎え入れることができます。そのため相性のよい犬を選びやすいとも言えます。

子どもがいる家でも適応してくれる?

成犬やシニア犬はその犬の性格とサイズをしっかり把握した上で飼うことができます。そのため、その家庭に合った犬を選ぶことができれば、たとえお子さんのいる家庭であっても、子犬から飼うよりも適応してもらいやすいでしょう。

犬と人が抱き合うイラスト

犬に合わせたグッズや暮らし方を

使用するグッズも、その他のことも、今回ご紹介したのはあくまで一例です。犬も、人と同じように十人十色の個性を持っています。迎え入れた犬と一緒に暮らした上で、その犬に合わせた暮らしをしていきましょう。

保護犬・保護猫を飼うならOMUSUBIで!

OMUSUBIは、審査を通過した信頼ある保護団体が登録しているため、きちんとケアされた保護犬猫が新しいおうちを探しています。また、応募から譲渡後までフォローさせていただくため、安心してペットを迎えていただけます。ぜひ、一度ご覧ください。

OMUSUBIのトップページ

イベント情報はこちら

OMUSUBI Liveの情報はこちらからご覧ください。

飼えない方でも犬猫助けはたくさんできるんです!

今はペットが飼えなくても、犬や猫のことをサポートすることはできます。例えば、OMUSUBI公式Facebookページでは、定期的に募集情報を掲載しています。その情報をシェアしていただくだけでも、犬や猫が運命の飼い主に出逢う可能性は高くなります。ぜひ、ご協力いただけると嬉しいです。

関連記事

第2稿:2017年4月10日 公開
初稿:2016年11月30日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10