【循環器認定医が解説】猫の拘束型心筋症とは | 症状と原因、治療・予防法など

猫の拘束型心筋症とは

猫の拘束型心筋症は、心筋の線維化により心室の拡張機能が障害される心筋疾患です。拡張障害により肺から心臓に血液が入りにくくなり、進行した場合は心不全(胸水や肺水腫)を起こします。また、心臓内で血栓ができやすくなり、その血栓が血流に乗り動脈血栓塞栓症を引き起こします。

緊急性

緊急性あり(急性時)

かかりやすい猫種

  • 雑種
  • そのほか、報告ではペルシャ、バーマン、シャム1)

かかりやすい年代

中年齢

症状

  • 無症状
  • 呼吸促迫・開口呼吸
  • 後肢不全麻痺
  • 失神
  • 突然死
  • 元気・食欲低下・運動不耐性・嘔吐

上記のように挙げられるが、続発する動脈血栓塞栓症から後肢不全麻痺を突然起こすことが多い。

原因

明らかではありません。特発性のこともあれば、ほかの疾患からの二次性変化で発生することもあると言われています。

検査・診断方法

  • 胸部レントゲン検査
  • 心臓の超音波検査
  • 心電図検査 
  • 血圧検査
  • 血液検査

心臓の超音波検査にて、心内膜の線維化所見や左心房拡大と拡張障害の程度を確認します。そのほかの検査によって状態の程度を確認します。

治療法

急性心不全や動脈血栓塞栓症で発見されることが多く、その際は

  • 酸素吸入
  • 利尿薬
  • 胸水抜去(胸水貯留がある場合)
  • 抗血栓薬(動脈血栓塞栓症併発時)

などを中心に治療していきます。
そのほか、内服が飲める状態であればACE阻害薬、不整脈により症状が出ているときは抗不整脈薬が用いられます。

予後

  • 重症度が高く、治療反応は悪いことが多いです。
  • 動脈血栓塞栓症を続発することが多いです。
  • 重症度と進行度によりますが、長期予後は不良です。

予防

原因が解明されていないため、予防することはできません。
続発する心不全に対しては、定期検査により適切な内服を投薬し発症の遅延を狙います。
動脈血栓塞栓症のリスクが高い場合には、抗血栓薬を投薬します。

対処方法・応急処置

呼吸状態の悪化やそれに伴って足が動かないなどの症状があれば、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

参考文献

1) Ferasin L et al. J Feline Med Surg. 2003;5(3):151-159.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10