【アフリカ9カ国縦断記】女子一人旅で見つけたサバンナの野生動物たち(ケニア編)

これはアフリカの野生動物に会うために、私が2カ月半かけ陸路移動&テント泊で9カ国を縦断した時の体験記です。時々英語すら通じないThe異国の地。テントの中でハイエナやカバに怯えながら爆睡した夜、野生動物を警戒しながら見上げた南天の星空などを胸に呼び起こし、この記事を書いていけたらと思います。

自己紹介

※興味がない方はこの欄はスキップして読み始めちゃってください。いじけたりしません。今後の執筆モチベーションに影響するだけです。

お面をかぶった女性
行ってきます

2017年5月より株式会社シロップにインターン生として入社した井島(いじま)です。この記事に関しては「あまりかしこまって書かなくてもいいよ」と編集長に言われたので、アフリカや野生動物に興味があるそこのあなたへ。情熱と感動たっぷり自由にお伝えしたいと思います!

私は2月〜4月中旬までの2カ月半でアフリカ9カ国を縦断してきました。「女性ひとりなんて危ないよ?」と言われながらも決断した理由は、動物観(人間が持つ動物に対する潜在的価値観)という分野を勉強している身として、野生動物と人との関係性を自分の足で見てきたいと考えたからでした。そして単純に、野生動物に会ってみたくて仕方なかったんです。

オーバーランドツアーとは?

「アフリカにいる間ずっとひとりだったの?」と聞かれますが、そんなはずありません私はビビリです。冒険もしつつ、健康安全にも細心の注意を払います。2カ月半のうち大半はオーバーランドツアーに参加していました。アフリカへの旅行を検討している方でも、あまり聞き慣れない名前なのではないでしょうか? これは日本ではまだ有名ではないのですが、ヨーロッパでは最近話題になっている旅のスタイルなのです。

オーバーランドツアーでは、テントや調理用具など生活に必要なものを車両に詰め込み、悪路を長時間移動できるように改造された大型のバスを使い、同じ目的地を持つ人々が集まって陸路移動で旅をします。あえて過酷な旅を選ぶ者同士、お互いに学びあい、時に笑い、時に励まし、協力しながら旅を進めていきます。トラックは悪路にも強いため、街はずれや公共交通機関がないところまで出かけることができるのが特徴です。

陸路移動のため治安状況には敏感である必要があり、悪路に強いからと無理に進もうとすると事故の原因になります。オーバーランドツアーを行っている会社はたくさんありますが、こればかりはガイドさんや会社の経験値がものを言うと思いました。金額で判断をせず、信頼できる会社を選びましょう。


日本製のトラック
このトラックで移動します。壊れない日本車

大型バスでさまざまな国を陸路移動し、夜は基本的にテントで眠ります。快適なホテルに泊まって過ごす旅では見えてこないアフリカが、確かにそこにはありました。

アフリカの大地でテント泊

オーバーランドツアーは基本的にテント泊をするのが特徴ですが、ツアー会社によってはホテル部屋も用意しています。私が参加したグループでも、年配の方や新婚カップルの方々は部屋を選ぶ人が多かったです。しかし、個人的にはテント泊を全身全霊全力でお勧めします‼︎

テント
テントはこんな感じで毎晩設置します


川のそばのテント
カバやクロコダイルの住む川のそばで(景色最高)

金額的な安さもそうなのですが、マラリア感染の恐れがある東アフリカの場合、テントだと蚊対策が非常に楽だったことも理由の一つです。面積も狭く移動のたびにテントを畳むので、殺虫スプレーさえあれば夜は快適でした。一方でホテル部屋は窓や扉に隙間があり、蚊が大量発生しているような部屋もありました。7畳ほどの部屋に100匹以上はいるだろうという数の蚊が飛び交い、蚊帳の中にも所狭しと並んでいる様子を目撃した瞬間は、心の底から「あ、日本に帰りたい」と思いました。

現地で自炊

旅行中はガイドさんを先頭に自炊生活をします。ツアーによっては、買い出しからメニュー決めの全てを自分たちで行う場合もあります。その土地によって仕入れ可能な食材が異なるので、時には「東アフリカはフルーツの種類が豊富でよかったね〜」なんて話を旅仲間としていました。


スイカとアボカド
アボカドを食べるために醤油も買いました

買い出しの際に、スーパーではなく地元の人たちが売っているところから購入すると生活のサポートにつながります。そのため、私たちのガイドさんはよく路上で売っている食材を購入するようにしていました。訪ねた村の人がローカル料理を作ってくれたこともありました。衛生面を気にする方も多いと思いますが、火を通せばある程度のものは大丈夫!なはず! 

アフリカなどの途上国では、物乞いをする人々に出会う機会も多いです。そのような時にただお金をあげるのは簡単です。しかし、物やサービスに「対価を支払う」という形で現地にお金を落としていくのが観光客の振る舞いとして望ましいのではないかと思っています。

ツアー会社・日本の代理店

この特集を読み終える人の中には、オーバーランドツアーに参加したくなる人もいると思います。絶対1人や2人は決意している気がします。なので限定的ではありますが、おすすめの会社を紹介しておきます。

  • Nomad Tower
  • 今回私が参加したツアー会社。年齢層は幅広く、メンバーの入れ替わりが多く刺激的でした。同年代だけではない、色々な人に会えます。

    Nomad Towerホームページ

  • G adventure
  • 各所のキャンプサイトで時々会う機会がありました。若者限定のツアーがあるらしく、班を決め、買い出し調理などほぼ全てを自分たちで行うスタイルでした。人間関係の面ではトラブルなども多そうでしたが、とにかくアグレッシブに行きたい人は合っているかもしれません。

    G adventureホームページ

  • 道祖神(日本の代理店)
  • 私の担当をしてくださった方はとても親切で、渡航前にナーバスになっても現地情報を細やかに教えてくださったので非常に助かりました。添乗員付きの日本人ツアーも取り扱っているので、アフリカに興味がある人はまずお話を聞きに行ってみるといいかもしれません。

    道祖神ホームページ

ケニア編

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10