アイメイト協会が盲導犬を蹴る動画に見解 「この映像だけで『蹴った』とは断定できない」

アイメイト協会が盲導犬を蹴る動画に見解 「この映像だけで『蹴った』とは断定できない」

盲導犬ユーザーが盲導犬を蹴る様子を撮影した動画について、該当の盲導犬を輩出した公益財団法人「アイメイト協会」は23日(月)、公式サイトに「盲導犬を蹴ったという動画について」と題した説明文を掲載しました。盲導犬ユーザーから「犬を蹴る意図はなく、協会の指導と異なる間違った方法をとってしまったこと」「深く反省していること」を確認したと説明する一方で、「この映像一つだけをもって『蹴った』と断定することはできない、というのが公平な結論と考えます」という見解を示しています。

Share!