【愛犬とアウトドア - Vol.1 - 】犬と一緒に行くキャンプの魅力とは? 楽しみ方と注意点を解説

【愛犬とアウトドア - Vol.1 - 】犬と一緒に行くキャンプの魅力とは? 楽しみ方と注意点を解説

皆さんは愛犬とキャンプに行ったことはありますか? 新連載「愛犬とアウトドア」では「愛犬と一緒に楽しめる」をテーマにした記事をお届けしていきます。犬と楽しむアウトドアの第1弾は「犬とのキャンプ」です。犬も自然も大好きな、ドッグトレーナーであり森林セラピーガイドの資格を持つ峯岸が、犬とアウトドアを始めたい方のお役に立てるような記事を書いていきたいと思います。

どうして「犬とキャンプ」なの?

山の中を歩く男性と犬
愛犬「小町」

私自身、時間を見つけては愛犬の小町(フレンチブルドッグ)と一緒に自然の中で過ごしています。自然の中で過ごしていると、ふとした時に郷愁(ノスタルジー)を感じることがたびたびあります。

むせかえるような樹木の香り、風や水が流れるさわやかな音、しっかりと地に根付いた木々や落ちている木の実に触れることで五感が刺激され、子供の頃に外で時間を忘れて遊んでいた記憶が蘇ってくるのかもしれません。

また、気の合う仲間との他愛無いおしゃべりやワイワイ言いながら作る食事、焚火の揺れる火をボーっと眺めて過ごすことで多くの安らぎを得ることができます。

「犬と人と自然」の関係

これも、私たちが「ヒト」になって500万年の月日が経過しているうちの99.99%を自然の中で生活してきたからではないでしょうか。今のような暮らしは地球の歴史からみればごくごくわずかな時間に過ぎず、ヒトもまた自然の中で過ごすほうがストレスなくリラックスできる体になっているのです。

日々の暮らしの中で突然、キャンプに行きたくなったり、公園の芝生でのんびりしたいと思うのは自然な感情なのです。

一方、犬の場合はどうでしょう。犬が人と出会ったのは4万年前だといわれています。日本では縄文時代の頃からすでに、人にとって身近な存在として犬と暮らしていたことが分かっています。

犬も人と同様に長い時間を自然環境下で過ごしているのです。当然ですが、犬は人よりも遥かに野性に近い動物です。自然の中で楽しんだり、リラックスして過ごすことにかけては、人よりも犬の方が遥かに上手なはずです。

自然の中で過ごすキャンプは、犬自身が持つ欲求や本能を満たしてくれる楽しい場であることは間違いありません。

「犬と行くキャンプ」と「人だけのキャンプ」の違い

テントで過ごす犬と人

人だけのキャンプと犬と行くキャンプにそれほど大きな違いはありませんが、なにより大切なことは、家族として特別な存在である犬も一緒に楽しめる過ごし方を考えることです。

皆さんも経験があると思いますが、普段の散歩でも落ち葉や草むらを見つけると一目散にそちらに走り寄り探検を始めたり、弾むように歩きとても楽しそうな表情を見せてくれたりします。

キャンプに犬と一緒に行くと、普段の生活の何十倍もの自然に触れるわけですから、その行動はもっと顕著に現れます。その違いを見られるだけでも十分に楽しいですよ。

準備から愛犬と一緒に楽しもう

犬は、飼い主さんのことをよーく見ています。飼い主さんが自然の中で心豊かに楽しんで過ごしていれば、犬もまた同じ気持ちになっていきます。いつしか、今までにはなかった「絆」を感じられるかもしれません。

ところで、「キャンプの準備はちょっと面倒だな」と思うことはありませんか? 飼い主さんが楽しんで準備することで、犬もまた楽しい場所に行くんだと想像を働かせます。

イライラしてしまうと犬の楽しさも半減してしまいますから、自然の中で一緒に冒険できることを想像し、ぜひともワクワクしながら準備をしてみてください。

飼い主さんと一緒のキャンプは犬も楽しい

犬にとっての楽しいキャンプとは、一緒に行動する時間が普段よりたくさん持てることです。キャンプ場に到着したらテントを張ったり火を起こしたりと、やらなくてはいけないことがたくさんあります。

まずは、愛犬と一緒に付近を散策からスタートすることをオススメします。私と小町も最初にすることはキャンプ場探検です。小町も始めは少し緊張した面持ちになるのですが、すぐに慣れて少し小走りになりながら歩き始めます。

たくさんの自然に囲まれ、「この匂いはなんだろう?」「この落ち葉の下に何かある!」と、ちょっとした探検家気取りです。

犬は飼い主さんと一緒に何かをすることで楽しい気分になるので、テントを張るときも近くで声をかけながら作業を見せたり、料理中も近くで話しかけたりと、ちょっとした心遣いがあることで犬も「キャンプは楽しい!」と思えるようになるのです。

たまに、車の中でポツンとしている犬を見かけることがあります。設営は大変ですし、なにより安全面を考えてのことだと思いますが、犬は飼い主さんと経験を共有することで楽しさを理解する動物です。

準備がたくさんあって大変だと思いますが、せっかくの機会ですから安全を確保しつつ、犬を近くにおいてみてください。

犬とのキャンプの楽しみ方

男性と犬
山の中では自然と笑みが溢れます(笑)

犬とのキャンプに「絶対これはしなきゃ!」というようなものはありません。飼い主さんは犬と一緒に過ごして楽しい。そして、犬も飼い主さんと一緒に過ごせて楽しい(多分)とお互いに思えれば良いのです。

そんな中でも犬と一緒に何かをしたいと考える飼い主さんには、キャンプ場をベース基地として、低山トレッキング、カヌー、SUP、スノーシューなど、犬と一緒にできるさまざまなアクティビティーを楽しんでみてはどうでしょうか。

愛犬と楽しむ低山トレッキング

自然の中をのんびり歩く低山トレッキングが特にオススメです。テントを張り終えたら、近くにある低山や里山へ犬と一緒に探検に出かけるのです。のんびりと自然の中を歩くと日々の疲れも吹き飛び、気分もリフレッシュします。

犬も都会の散歩では味わえない経験、動物の痕跡をあちらこちらに感じたり、木の根が凸凹していたり、深い落ち葉の山道を楽しく突き進むことができます。

最初こそ、興奮して強く引っ張ることもありますが、次第に飼い主さんと犬の歩調は合ってきます。お互いがお互いをちゃんと意識できていることに気付きます。そんなことも低山トレッキングの醍醐味です。


昼寝とつまみ食いでキャンプを自由に楽しく

そして、探検をした後のテントでの犬との昼寝は適度に疲れた体を癒やしてくれます。昼寝から覚めたら料理をしながら一緒につまみ食いするのも楽しみの一つです。

時間が許すのであれば、犬の食事を手作りしてみるのも良いかもしれません。キャンプでは食事が大切なイベントでもありますから、食事の面でも犬が楽しめるように配慮してあけましょう。

この節の最初にも書きましたが、犬とのキャンプに決まった楽しみ方はありません。自然の中で一緒に行動してみることで、楽しめることがどんどん見つかっていきます。


犬とキャンプをする際の注意点

森を探索する犬

犬にとってキャンプは楽しいことである反面、危険もいっぱいです。

熱中症をはじめ、口にしてはいけないものを誤飲してしまうことや、焚火なども近付きすぎると非常に危険です。

楽しい時間を過ごすためにも、なるべく犬から目を離さないようにしましょう。そして、何かあったときのために近隣の動物病院を確認しておくことも大切です。

マダニ対策など寄生虫対策も忘れないようにしてください。

また、キャンプで使う犬用のベッドやフードボウルなどは、普段から使っているものを持っていくことで犬は安心します。

初めての犬とのキャンプのためにベッドを新しく買い整えた場合、まずはご自宅でその新しいベッドで寝る練習を十分にしてください。

キャンプで使う道具を事前に見せておくことで、犬は落ち着いて普段通りに過ごせるようになります。


周りの人への配慮とマナーも忘れずに

犬の排泄物は必ず持ち帰りましょう。自然の中に残していってはいけません。

また、犬専用区域以外でのノーリードもNGです。予期せぬ事故に遭ってしまったり、いつもとは違う環境の中で何かに驚いて逃げ出し、道に迷って戻ってこれなくなる可能性もあります。

キャンプ場にいる全ての人が犬好きではありませんので「吠え」や「噛みつき」などの行動が出ないよう、日々のしつけを行った上でキャンプに行きましょう。


まとめ

自然の中で寝る犬と人

犬とのキャンプは、自然の中で長い時間行動をともにできるのが魅力です。日々の生活の中では、長時間のお留守番や、忙しくて接する時間が短くなってしまうなど、どうしても犬を孤独にせざるを得ない飼い主さんも多いと思います。キャンプはそれを補ってくれる大切な時間となり、お互いの関係を良好に育むための場になってくれることでしょう。

最後になりますが、キャンプは試行錯誤するから楽しいのです。最初から完璧にはできる人はいません。ハプニングを犬と一緒に乗り越えることで、楽しい思い出がたくさん作れます。ぜひ、犬とキャンプに出かけましょう!

Share!