ペットの遺骨はどうする?アクセサリーや散骨、手元供養について解説

Share!

一緒に過ごしてきたペットとの別れは悲しいもの。最近は亡くした後のペットロスに悩む方も増えてきています。その際に「ペットの遺骨をお守り代わりにペンダントやアクセサリーにしたい」「自宅の庭に埋めてはいけない?」など、ペットの遺骨をどうすべきか悩む方も多いはず。今回は、手元供養の遺骨入れや散骨サービスなどを紹介します。

ペットの手元供養とは

お花

手元供養とは、亡くなったペットの遺骨をそばに置いておく供養の方法です。

ペットを亡くしたとき、庭付きの家に住んでいる方は自宅の庭に埋葬する場合がありますが、マンションやアパートだと所有地に埋葬する場所がありません。

亡くなったペットを所有地以外で埋めることは法律で禁止されています。そのため、日本では火葬までは業者に依頼し「手元供養」をする人が多いそうです。

遺骨入れを家に置いたり、アクセサリーに加工し身につけたり、人によってさまざまな供養の方法があります。

ペットの手元供養用のグッズ

遺骨入れ

手元供養には家に置いておくタイプのものがあります。遺骨入れを使えば引っ越しなど移動が必要な時でも一緒に移ることができます。

ペット仏壇 メモリアルBOX
Amazonで見る

KIRIGEN 職人手作り ペット仏壇
Amazonで見る

キーホルダー

肌身離さず一緒にいたいという方には、持ち運びが便利なキーホルダータイプがオススメです。


HOUSWEETY メモリアルキーホルダー
Amazonで見る

遺骨をダイヤモンドに

遺骨をダイヤモンドへ ステイフォーエバー

遺骨から合成ダイヤモンドを生み出すサービスがあります。「ステイフォーエバー」では遺骨をスイスまで送り、ダイヤモンドに生まれ変わらせて飼い主の手元まで届けてくれるそうです。

高価ではありますが、ダイヤモンドの宝石言葉は「精神的自由・自立」。悲しみを乗り越える人に寄り添ってくれるでしょう。

ペットの遺骨を海に散骨したい場合

散骨・海洋葬ネット

最近はペットの供養に散骨を希望される飼い主も増えています。大切な小さな家族が自然の中で自由に過ごすイメージは、残された家族の癒やしにもなります。

ペットの埋葬は未だ明確なガイドラインというものはなく、散骨する場合は遺骨を粉末状にして行うため、散骨会社を利用しましょう。

まとめ

犬と人の手

供養の方法は人によってさまざま
グッズやサービスを利用して自分に合った供養を
遺骨をダイヤモンドにしたり、海に散骨できるサービスもあります

「いつか別れが来る」と意識するだけで、お別れのときに後悔が少なくて済むかもしれません。

家族全員、心の余裕がある時こそ話し合っておきましょう。