犬の足をバリカンでお手入れ「足バリ隠し」夏はこれで決まり!

犬の足をバリカンでお手入れ「足バリ隠し」夏はこれで決まり!

日々のお散歩で足先の汚れやお手入れが大変だなって思ったことありませんか? これからの季節、レジャーに大切なわんこも家族の一員として一緒に連れて行ってあげて、思いっきり遊ばせてあげたいですよね。そんな時に、普段の可愛いふわふわなカットのままだけど少しカットの仕方をトリミングの時に変えるだけでお手入れが少し楽ちんになるんです。今回はトリマーの大森が、犬の足先バリカンのワンポイントアドバイスや注意点について紹介します!  

簡単お手入れ♪ 犬の足先バリカン

みなさん、足先バリカンって聞いたことありますか?その名の通り、足先をバリカンで短くすることです。ドッグショーに出ているプードルの足先をイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。

実際にそのまま短くバリカンで刈り、足先を見せるカットもお手入れが楽ちんで可愛いのですが、普段足先をバリカンで刈っていないわんこにとっては大きなカットのイメチェンになってしまいますよね。そこで、普段の足先の「ふわふわもこもこ」の毛を残したまま足先をバリカンで刈り、上から毛をかぶせるのです。それを通称「足バリ隠し」と呼んでいます♡

秘技! 足バリ隠し!!

これが足先バリカンをかけた状態です。
犬の脚先にバリカンをかけた状態

その上から毛をかぶせた状態がこちらです。
犬の足バリの後上から毛をかぶせた状態

どうですか? 普段のもこもこふわふわな状態と変わらないですよね?これならお手入れも楽です。全体を見ても変わらない可愛さ!
足バリをした犬

毛をめくってあげればタオルなどで足先も拭きやすく汚れにくいのがおすすめポイントです! 足先だけ濡らして洗ってあげるのも簡単ですね。 プードルに限らず、長毛種ならどの種類でも出来ます。

足バリ隠しの注意ポイント

ただし、注意してほしいことがあります! 普段のカットからいきなり足先バリカンをかけてもすぐに上の毛が被さりません。上の毛が伸びてからでないと隠れないので、足先バリカンをかけてから1~2カ月ぐらいかかります。今からトリミングの際にお願いして、夏のレジャーの時に隠れお手入れ楽ちんカットになっていればバッチリですね! ぜひトリミングサロンに行く際はお願いしてみてください♪

Share!