ブラバンソンヌの作り手たちが願うこと。正しい選択で、すべてのペットを健康に

Share!

美食の国ベルギーから日本に上陸したプレミアムフード「ブラバンソンヌ(BRABANÇONNE)」。前回は編集部オススメのポイントや飼い主さんたちの感想や口コミを紹介しました。でも、やっぱり「なんでベルギー産なの?」「ほかのプレミアムフードと何が違うの?」と思っている方も少くないと思います。そこで今回は、作り手たちに聞いてみることにしました。レシピ開発を担当したアニタ・ヤン獣医師とアルフレッド常務取締役(SUGAグループ)は、犬や猫たちのために、どんな想いを持ってブラバンソンヌを誕生させたのでしょうか?


ブラバンソンヌは昨年から日本での販売が始まったばかりのベルギー産ペットフードです。ヨーロッパ最高品質の食材を使用してベルギーで生産し、アレルギーリスクを抑えたチキンやフィッシュをラインナップ。小粒で食べやすく、飼い主さんからも「食いつきがいい」と好評価を受けています。



お試しセットを見てみる


今回はそのレシピ開発をしたアニタ・ヤン獣医師と、販売元であるSUGAグループの常務取締役でCTO(最高技術責任者)でもあるアルフレッド氏に、ブラバンソンヌ誕生の経緯を伺いました。

アニタ・ヤン獣医師とアルフレッドSUGAグループ常務取締役兼CTO(最高技術責任者)
アニタ獣医師(左)、アルフレッド常務取締役 兼 CTO

なお、アニタ獣医師は英国・ケンブリッジ大学で学び、英国王立獣医師会をはじめオーストラリアの獣医師委員会、香港の獣医外科委員会のメンバーでもあります。

ブラバンソンヌはなぜベルギー産なのか

ベルギー産ドッグフード「ブラバンソンヌ(BRABANÇONNE)」

Q. ブラバンソンヌの特徴を教えてください。

アニタ獣医師:ブラバンソンヌは、みなさんの愛犬・愛猫の健康にこだわって専門的に設計されたブランドです。年齢層別や健康状態別に適したビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質およびエネルギー量を配合した商品ラインアップになっています。

優れた栄養バランスの食事をお届けするため、高品質の原材料を使用してベルギーで製造、包装され、直輸入されています。

Q. なぜ「ベルギー産」なのでしょうか?

アルフレッド常務取締役 兼 CTO

アルフレッド氏:フードの製造業者を選ぶときに最も重要な要素は、生産ラインが衛生的であるかどうかです。ペットフードの品質と安全性は、衛生面に大きく依存します。食品の品質と安全性に対する信頼は、ペットにおいても不可欠です。

私たちは世界中のたくさんのペットフード製造業者を見てみましたが、「自社の生産ラインの衛生管理は厳しく行われている」と主張しているにもかかわらず、実際にはそうではない業者がいることに気が付きました。

そんな中、私どもの調査でベルギーは生産状況が最高評価だったのです。食品輸出国として世界トップクラスで、「美食の国」として世界中で知られています。水と原材料の品質が良く、高品質な食品の生産国というイメージは、私たちの商品の信頼感も高めてくれることでしょう。高品質と高評価のペットフードであるというブランドイメージを、アジアに広めたいと考えています。

ペットが一生を通じて健康的なフードを作る

Q. 商品ごとの特徴を教えてください。

ベルギー産ドッグフード「ブラバンソンヌ(BRABANÇONNE)」ラインナップ

アニタ獣医師:黄色のパッケージはフィッシュ味とチキン味で、子猫・子犬からシニアまでの年齢層を対象にした総合栄養食です。粒のサイズも対象グループに応じたものを使用しています。

赤いパッケージの881シリーズ消化器サポートは、主原材料として消化しやすい低脂肪のチキンを選び、消化器系へのストレスを軽減しています。消化器官をサポートするフラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖とプロバイオティクスも配合することで、栄養素を吸収しやすくしています。犬だけでなく、愛猫が頻繁に嘔吐していたり、柔らかい便をしていたりする場合にもおすすめです。

また、シニア用では腎臓病と心臓病の予防に注目し、負担を軽減するようにリンとタンパク質のレベルを下げています。たんぽぽの根エキスは、健康な腎臓機能をサポートする素晴らしい原材料です。いつまでも元気にいられるように関節や目のサプリメントを配合し、肥満のリスクを軽減するために食物繊維の量も調整してあります。

お試しセットを見てみる


Q. レシピ開発ではどのような苦労がありましたか?

アニタ獣医師

アニタ獣医師:肉類、野菜およびフルーツは健康に良い栄養価の高いものを選んでいます。また、特定の肉に対してアレルギーの可能性があるペットのニーズに応えるため、すべての商品は魚なら魚だけ、鶏肉なら鶏肉だけと単一タンパク質で作られています。

実は多くの生産工場ではこの単一タンパク質のフードを作ることが非常に困難でした。なぜなら、多くのフードメーカーは犬猫の嗜好性を高めるため、たくさんの原材料を一緒に混ぜて作っているからです。私たちは使用する原材料を注意深く選び、「単一タンパク質のフードを作る」というアイデアに妥協しませんでした。

アルフレッド氏:私たちは、「健康的なライフスタイルは、食生活から始まる」と考えています。だから、「大切な子ども」であるペットが一生を通じて健康で元気に成長するためのペットフードを作ることは、私たちの義務であり使命でもあります。

私たちが食べるものは、後の健康に大きな影響を与えます。強い体ができるかどうかは、若いときの食べ物に大きく左右されるのです。ですからブラバンソンヌは子犬・子猫からシニアの子まで、すべてのライフステージにわたって設計されています。

さらに、私たちはペットのプロフィールとペットフードに基づいて健康を向上させるため、食事と運動目標をパーソナライズする「PETBLE」という製品も開発しています。

グレインフリーは「マーケティング神話」

Q. ペットのフード開発を始めた経緯を教えてください

アルフレッド氏:当社がペット関連事業(ペットトレーニング事業)をスタートさせたのは20年前で、アジア市場に進出したのは8年ほど前のことです。ペット市場での実戦的な経験を蓄積し、ペットが一生健康でいられるようなペットエコシステムを構築するという私たちのビジョンを実現するため、WePetグループを設立しました。

WePet

私たちの親会社は創業以来、エレクトロニクス分野で日本有数の会社と取り引きさせていただいています。ですから、最高品質を目指す日本製品の姿勢はよく理解しております。そしてそれは、私たちの信念でもありますので、私たちのペットフードも最高品質のものを作っています。

Q. 他社フードとの違いはどこにありますか?

アニタ獣医師:私たちは常にペットの健康を第一に考えています。たくさん購入してもらうためだけにマーケットトレンドを追いかけたり、不必要なものを配合したりはしません。

例えば一つのフードにいろいろな種類の肉を一緒に加えることでタンパク質を多く摂取できるようになりますが、ペットによってはアレルギーや皮膚、消化器系のトラブルにつながる可能性があります。私たちはいろいろな種類の肉を一緒に混ぜ合わせることは決してしません。

お試しセットを見てみる


Q. グレインフリーでない商品があるのはなぜですか?

ベルギー産ドッグフード「ブラバンソンヌ(BRABANÇONNE)」

アニタ獣医師:グレインフリーは、飼い主の方に誤って伝わってしまった「マーケティング神話」の一つです。多くの方は穀物を食べさせることでアレルギーの問題が起きると心配していますが、実際のところ穀物アレルギーのペットはほとんどいません。

アレルゲン血液検査と食品検査をして、ペットが穀物アレルギーだと確認されない限り、穀物を摂取しない理由はありません。穀物には素晴らしいビタミンとミネラルが非常に多く含まれていて、そして非常に重要な食物繊維源です。

Q. ペットフードに課題はありますか?

アニタ獣医師:犬や猫にとって健康的な食事がなんであるかということを理解していただきたいです。高脂肪や過剰な量の肉や塩を摂取することは、体の負担になります。不必要な原材料があることを知っていただきたいです。

そこで、私たちはブラバンソンヌというブランドを立ち上げました。ペットが病気になりにくく、健康を維持できることに重点をおいて、犬や猫のために専門的で健康的な、バランスの取れた食事を提供するフードを設計しているのです。

すべてのペットが健康であるように

Q. アニタ獣医師の愛犬について教えてください

アニタ・ヤン獣医師

アニタ獣医師:ラッセルという15歳のミニチュアシュナウザーを飼っています。彼はとても頭が良くて、よくはしゃぎます! 彼もブラバンソンヌがとっても好きです。私が粒を持っているとき、彼は私について来て、周りから離れようとしません。

彼のメインのフードは、881シリーズのシニア用ですが、消化器サポートも与えています。そのため食欲が改善され、食事後の嘔吐や軟便のトラブルは起きていません。

Q. アルフレッドさんにとってペットはどんな存在ですか?

アルフレッド氏:ペットは私たちにとって家族であり、友人でもあります。ときにはうるさく、おばかさんで困らせるかもしれませんが、私たちが悲しいとき、寂しいとき、病気のときなど、彼らは私たちを癒やすためにいつも最善を尽くしてくれます。

特に日本では故郷を離れ、大都市で忙しく働く人が多くいます。忙しいあまり、時々故郷のことを忘れてしまうかもしれません。仕事の重圧で時々落ち込んでしまったとき、家族から「お帰り」と迎えられると癒やされるでしょう。私たちは心の奥深くで、「家」を温かく迎えてくれる場所にしたいと思っているのではないでしょうか? 私はペットが温かい「家」であり、弱っているとき、寂しい時に迎えてくれる存在なのだと思います。

ですから、私たちはペットの生涯を通して苦しみを軽減させると心に決めました。特に最近では、シンプルに食事を変更するだけで予防できる病気が無数にあります。だから消化や関節などの一般的なペットのトラブルに取り組むために最善を尽くしているのです。

健康的なライフスタイルを送るためには、ペットフードは間違いなく重要な要素の一つです。ペットのために正しい選択をすることに、遅すぎることはありません。私はすべてのペットの健康を祈っています。

アルフレッド常務取締役 兼 CTO

お試しセットを見てみる



Suga Japan株式会社 提供:Suga Japan株式会社 掲載内容有効期限:2019年6月15日