あの「リアル猫ヘッド」(60万円)がリアルにかぶれる!! 先着順の超レアな撮影会開催

あの「リアル猫ヘッド」(60万円)がリアルにかぶれる!! 先着順の超レアな撮影会開催

その名の通りのリアルさと価格のお高さで話題を呼んでいる「リアル猫ヘッド」を500円でかぶれ、記念撮影ができるイベントが8月27日(土)に「アニマル・ウェルフェア サミット2016」内で開催されます。先着60人の限定企画で、価格60万円(税抜き)のリアル猫ヘッドをかぶることができる貴重な機会です!



そもそも「リアル猫ヘッド」とは

猫の顔の被り物

「リアル猫ヘッド」は日本羊毛アート学園の代表で猫人形作家の佐藤法雪(さとう・ほうせつ)さんが製作するリアルな猫の被り物。オーダー販売のため納品まで2カ月から3カ月ほど掛かりますが、鮮明な画像があれば希望の猫柄(短毛のみ)をリクエストすることもできます。

佐藤さんによると、リアル猫ヘッドはリアルさを追求し過ぎないことで、かぶっても自然に見えるようにデザインしているとのこと。確かに人間の体と合わせるためには、多少のデフォルメは必要そうです。こちらの商品はドワンゴジェイピーストアにて販売中です。

SNSで絶対シェアしたくなる! リアル猫ヘッドの撮影会を開催

そして、8月27日(土)に行われる「アニマル・ウェルフェア サミット」にて「リアル猫ヘッド」を気軽に体験できる撮影会が開催されることになりました。場所は東京大学弥生キャンパス弥生講堂アネックスで、午前11時から整理券を配布し、正午から撮影会がスタートします。

先着60人の限定イベントなので、かぶりたい方はお早めに。もちろん自分のカメラで撮影することが可能なので、かぶった写真を友達に自慢しちゃいましょう!

【イベント概要】

◆時間  :11:00〜 整理券配布

      12:00~ 撮影会

◆場所  :弥生講堂アネックス

◆対象  :限定60人(先着順)

◆講師  :佐藤法雪(さとう・ほうせつ)氏

◆参加費 :500円(楽器持ち込みの人は無料)

◆詳細  :アニマルウェルフェアサミット2016

Share!