【イタリア地震】ピースウィンズ・ジャパンが災害救助犬を派遣(追記あり)

【イタリア地震】ピースウィンズ・ジャパンが災害救助犬を派遣(追記あり)

ピースウィンズ・ジャパン」は、24日午前10時半ごろ(日本時間)にイタリア中部で発生したマグニチュード6.2の地震を受け、災害救助犬1頭とレスキュー隊員からなる救助チームを被災地に向けて派遣したと発表しました。

災害救助犬と空港

チームはアジア太平洋地域の災害対応を専門とする「アジアパシフィックアライアンス」と合同で24日夜にイスタンブール(トルコ)へ向けて出発。パートナー団体であるトルコの災害救助NGO「GEA」と合流し、被災地では台湾や香港のレスキュー隊メンバーと共に救助活動を行うとしています。

同団体は2014年8月の広島土砂災害、同年12月のフィリピン台風、2015年4月のネパール地震、同年8月の台湾台風、同年9月の関東大雨災害、2016年4月の熊本地震でもレスキューチームを派遣しており、今回で7度目の派遣となります。

イタリア中部地震、ドローンで撮った惨状(AFPBB News)

【追記】救助犬チームの現地入りを見送り

26日(金)早朝、同団体はトルコでGEAと共に待機している派遣チームの現地入りを見送ると発表しました。現地で十分な救助隊員が投入されていること、イタリアから国外への支援要請が出されていないことから判断されました。今後は数日間トルコでの待機を続け、GEAと合同訓練を行いながら出動に備えるとしています。

救助犬チーム待機の様子


Share!