【大分県】県と市が共同で動物愛護施設を建設 保護&譲渡の推進を目的として2018年度に完成予定

【大分県】県と市が共同で動物愛護施設を建設 保護&譲渡の推進を目的として2018年度に完成予定

大分県と大分市は、新たな動物愛護施設の建設を共同で行うことで合意しました。2018年度の完成を目指しており、最大で犬60匹、猫100匹を収容できる保護棟のほか、治療・トリミングができる設備も作られる予定です。同施設は動物の保護・譲渡の促進を目的として建設され、殺処分が必要な際は引き続き大分県動物管理所(大分市)で行われます。

Share!