小池都知事がYouTubeで保護犬猫の譲渡を呼びかけ 東京を人も動物も幸せに暮らせる街へ

東京都は20日(木)、YouTubeの「東京都」公式チャンネルにて、小池百合子東京都知事が出演し、保護犬猫の譲渡を呼びかける動画を公開しました。都は、「動物譲渡促進月間である11月中に集中して都民に周知し、引き取り・収容されている動物の譲渡を一層促進する」としています。


小池都知事は動画で「ペット殺処分ゼロ。私は東京を人も動物も共に幸せに暮らせる優しさあふれる街にしたいと思っています。保護された犬や猫達の新しい飼い主になってみませんか」とコメントし、動物を迎える方法として、動物愛護相談センター等から引き取る「譲渡」という選択肢があること呼びかけました。



東京都は2015年度の犬猫の殺処分数が418匹(自然死や安楽死を含む)でした。小池都知事は都知事選から一貫して殺処分ゼロへの思いを語っており、9月28日の所信表明演説でも「ペットは家族の一員から社会の一員という意識を広めたい」と話しています。