Thumbnail

沖縄県が保護犬の譲渡促進で新たな取り組み 「出張しつけ教室」で子どもたちの教育にも貢献

沖縄県は14日(月)、殺処分を減らす新たな取り組みとして、ドッグトレーナーが動物愛護管理センターで収容期限が過ぎた犬を連れ、児童養護施設などで「しつけ教室」を行う成犬譲渡促進事業を始めると発表しました。委託先の募集も開始し、11月25日(金)まで企画提案を受け付けています。