ホワイトライオンの赤ちゃん生まれたよ! 東北サファリパークで12/17から公開

ホワイトライオンの赤ちゃん生まれたよ! 東北サファリパークで12/17から公開

東北サファリパーク(福島県二本松市)で12月17日(土)から、ホワイトライオンの赤ちゃん「セラム」くんの展示が始まります。11月14日の誕生から、子育てが苦手なお母さんライオン「メル」に代わり、飼育員が24時間体制で人工哺育を実施。体重が誕生時の約1.4キログラムから約5キログラムまで増え、元気に成長していることから公開が決まりました。

展示は午前9時から午後4時まで、特設展示ハウスで行われます。また、平日正午と土日祝日の午前10時、午後2時半には各回先着15組で記念撮影会も行われます。撮影会の参加費は1000円で、カメラは参加者持参のものを使用します。

生まれたばかりのホワイトライオン

ホワイトライオンは、アフリカライオンの突然変異による白変種で(アルビノではないそうです)、生息数は世界で約300頭と言われています。国内には約30頭ほどおり、那須サファリパークや伊豆アニマルキングダムなどで飼育されています。東北サファリパークでは、15頭のホワイトライオンが飼育されています。


その他の画像

生まれたばかりのホワイトライオン 生まれたばかりのホワイトライオン 生まれたばかりのホワイトライオン 生まれたばかりのホワイトライオン 生まれたばかりのホワイトライオン
Share!