Thumbnail

犬猫の飼育で想定外だった支出は「治療費」 220万円の高額事例も

ペットオーナーに想定以上の金額だった支出項目を聞いたところ、犬猫ともに「病気やケガの治療費」だったことがアイペット損害保険の調査で分かりました。年間の治療費は中央値で3万円となり、最高で220万円掛かったケースもありました。