意外と多い!? 「ペットの世話」を自動化したい人たち

オウチーノ総研が25日に発表した家事の自動化に関する実態調査で、「ペットの世話を自動化したい」と答えた人が回答者の9.2%にのぼることが分かりました。

1位は「風呂掃除」で54.5%、2位が「トイレ掃除」で51.8%となっており、調査結果全体で見ると「ペットの世話」を自動化したい人の割合は低いのですが、回答者全員がペットオーナーではないため、比較して低いとは言い切れません。

ペット市場
一方で、自動化したくない家事では「ペットの世話」が1位の「料理」、2位の「買い物」に次いで3位となりました。理由として「愛情表現だから」「飼ったからには手をかけてあげたいから」「ペットとの信頼関係を築くため」という声が多かったそうです。

ペット市場
調査は2015年12月16日(水)-12月23日(水)まで、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で20歳-59歳の働く既婚女性813人にインターネットによるアンケートで行われました。

調査結果の詳細はこちら