ペットもタバコは危険!? がんのリスクが高まると警鐘

ペットもタバコは危険!? がんのリスクが高まると警鐘

犬や猫の受動喫煙により、ガンになってしまったり、体重が増加するリスクがあると、イギリスのメディア「Western Daily Press」が報じています。飼い主が喫煙する環境で暮らす犬や猫は、ガンや細胞障害、体重の増加の健康へのリスクが高くなる可能性があります。

Western Daily Press」によると、グラスゴーの大学付属動物病院で獣医薬品と腫瘍学を研究する、クレア・ノッテンベルト教授が喫煙による健康への影響を分析しました。

タバコを吸う女性

そして、同教授は、飼い主が喫煙する環境で暮らす犬や猫は、ガンや細胞障害、体重の増加の健康へのリスクが高くなると言っています。
また、犬よりも猫の方がよりひどいこともわかっています。その理由として、同教授は、「猫が自分で毛づくろいすることで、体に空気中にあるタバコ成分が付着することが原因かもしれない」と考えています。
続けて、「私たちは、喫煙が健康に影響を与えることを警鐘していて、人の喫煙をやめるよう働きかけたいと思っている。部屋の外で吸ったり、吸う頻度を下げても良いが、やはりベストな選択は喫煙をやめることだ」と言っています。
この研究は引き続き継続するとのことで、2016年内には研究資料が発表されるとしています。
Share!