「りんご猫」のカフェってどんなところ? ネコリパブリック中野店に行ってみた【前編】

2022年2月22日までに猫の殺処分をゼロにするという目標を掲げ、保護猫カフェを全国へ展開している「ネコリパブリック」。猫グッズの販売や保護猫カフェの運営によって得られる収益により「自走型保護猫カフェ」になることを目指しています。

今回は、今年7月にオープンした「ネコリパブリック 東京中野店」に行き、中野店を開いた経緯や理念を詳しく伺いました。猫に興味はあるけど保護猫にあまり馴染みのない人にこそ読んでほしい、写真たっぷりのリポートをお届けします。

いざ潜入! ネコリパブリック東京中野店!!

ネコリパブリック中野店

JR中野駅から徒歩約6分、周りには飲食店やオフィスビルが立ち並ぶエリアの、とあるビルの3階に「ネコリパブリック 東京中野店」はあります。一見すると普通の雑居ビルですが、入ってみると……。

ネコリパブリック中野店

なんともフォトジェニックな空間が。「保護猫」という少しかわいそうなイメージからはかけ離れたかわいらしい内装に、筆者のテンションも上がります。

ネコリパブリック中野店
今回取材に応じてくださった徳永有可さんと、猫のはちみつ君。


今回の取材に協力してくださったのは、ネコリパブリックの東京店責任者である徳永有可さん。早速、ネコリパブリックの活動や保護猫のことについて聞いていきましょう。

保護猫を知ってもらうツールとしての猫カフェ

ネコリパブリック中野店
人懐っこい白吉君。この空間がお気に入りの様子

ネコリパブリックの本店は岐阜。2014年の2月に完成し、それから2年で大阪、愛知、東京など全国に広まりました。しかしネコリパブリックの本来の目的は「保護猫カフェ」ではないのだそうです。「保護猫カフェをやりたいわけではなく、保護猫や地域猫(外で暮らしている避妊・去勢が済んだ猫)がたくさんいるんだよっていうことを広めていって、保護猫を家族として迎え入れるということを文化として受け入れてもらうための一つのツールなんです」と徳永さん。確かに店舗で実際に猫と触れ合うことができたら、家族として迎え入れる想像もつきやすいですよね。

「自走型保護猫カフェ」になるために

ネコリパブリックは、保護猫カフェの他に「ネコ市ネコ座」というイベントも開催しています。保護猫を知ってもらうためのイベントで、大人気通販ブランド「フェリシモ猫部」ともコラボしています。

ネコリパブリック中野店
お店ではさまざまなグッズを販売しています

徳永さんによると、猫カフェを利用する料金とグッズの売り上げを「保護猫活動費」に充てているそうです。グッズの中にはネコリパブリックのオリジナルグッズも続々と増えています。8月26、27日に行われた「アニマル・ウェルフェア サミット」にて猫カルタを作るワークショップを行いましたが、そこで作られたカルタを商品化する予定もあります。ネコリパブリックがビジネスとして「自走」できるよう、さまざまな取り組みを行っているんですね。

りんご猫への心的ハードルを取り除きたい

中野店は猫エイズウイルスキャリアの猫ばかりを集めており、ネコリパブリックでは「りんご猫」というかわいらしいネーミングをつけています。しかし「りんご猫」というだけで譲渡へのハードルは上がってしまうのでしょうか?

ネコリパブリック中野店
白吉君に次いで人慣れしているライ君。ハンサムなお顔が特徴です


徳永さんによると、やはり「エイズ」という言葉を聞いたときに戸惑う方はいるといいます。でも猫エイズは猫同士のケンカによる咬傷(こうしょう)から感染することがほとんどで、家猫では滅多なことで猫にうつることも、ましてや人間や犬にうつることもありません。そのため徳永さんはお客さんに、「人間でいう風邪を引きやすいぐらいに、少し体が弱い子です」と説明しています。なるべくストレスを与えないようにしてあげれば天寿を全うしますと伝えると、多くの人から意外がられるのだそうです。

具体的な譲渡のプロセスは?

ネコリパブリック中野店
店内にどんな猫がいるのか分かる、写真付きの紙も


ネコリパブリックの特徴は、気に入った猫がいれば自宅に引き受けることができること。しかしそのためには、ちゃんとした審査が必要なんです。簡単にそのプロセスを説明すると、まずお店のスタッフさんに声をかけて、アンケートを記入します。内容は家族構成はどうか、家は賃貸か購入かなど。その時点で明らかに猫の飼育に向かないと判断された場合はお断りすることもあるそうです。その後に面談があり、「猫を飼うということは終生一緒にいることである」ということをちゃんと考えてもらいます。

例えば結婚後に子供ができて、その子供が猫アレルギーだったらどうしますか? 悲しいことに、そういった場合に猫を捨ててしまうケースもあります。こういったことが起こらないよう、猫を飼育することを一度真剣にシミュレーションしてもらうためのプロセスなのです。その面談を終えた後は2週間のトライアルがあり、正式な譲渡へ進みます。

譲渡をした場合、これまでのワクチンや避妊・去勢手術のための医療費として一律2万円を払う必要があります。そして、ネコリパブリックが用意した「猫助けセット」を1匹につき1万円分〜購入します。「猫助けセット」は任意ですが、初めて猫を飼う人にとっては必要なものばかり。多くの里親さんが購入しているそうです。

むかえる側の心構え

ネコリパブリック中野店
どの猫もかわいいのだけど、筆者イチオシがはちみつ君


アンケートの記入や面談は必要なこととはいえ、保護猫を譲り受けることへのハードルの高さについて度々議論になるのだそうです。しかし徳永さんは「ネコリパブリックにいる猫たちは、何かしらトラウマを持っている子が多いんです。こちらとしても、再び不幸なことにはなってほしくないという思いが強いので、どうしても低くないハードルになってしまいます」と言います。

また、「譲渡」という言葉のイメージからか、「お金がかからない」と思っている人もいるのだそうです。しかしワクチンや避妊・去勢手術はどうしても実費としてかかってしまうもの。そのことを考えると、2万円も必要経費だと考えたいですよね。徳永さんは「とにかく『保護猫』という言葉を覚えてもらい、猫も人も幸せでいられる方法を知ってもらうことがまず必要だと思っています」と言っていました。

心がほっこり、譲渡エピソード

そんな中野店では、先日1匹の猫の譲渡が成立したのだそうです。彼の名は鈴之助。山梨の崩壊してしまった多頭飼い現場から来た猫で、3年間別の保護団体さんのところにいましたが、なかなかご縁がありませんでした。鈴之助は犬との生活ができる数少ない猫だったので、ちょうどその頃、犬を飼っていて猫も欲しがっていたご家庭に鈴之助を勧めたのだそうです。このように、ネコリパブリックでは猫がほしいという家庭とのマッチングも行っています。

ネコリパブリック中野店

そして2週間のトライアル期間が開始。すると、そのご家庭から鈴之助が犬と仲良く寝ている写真が送られてきた、という嬉しいエピソードが! トライアル期間も無事終了し、先日正式な譲渡が決まりました。トライアル期間はもちろん、正式に譲渡した後も、1カ月に1回程度は連絡を取り合ったり、1年後の姿を送ってくる里親さんが多いのだそうです。「スタッフ一同『あの子がこうなったのね……』と感慨深く話しています。とても嬉しい瞬間ですね」と徳永さん。

+++++++
「保護猫を譲渡する」という言葉に、「人間が猫を保護してやっている」という少し傲慢な意味合いを感じる人も少なくないのではないでしょうか。猫も人間も同じ命。「一つの命を育てていく」という意識が、保護猫を取り巻く環境に必要なのかもしれません。後編では、ネコリパブリック中野店の楽しみ方や今後の展望、そして徳永さんの想いについても焦点を当てて紹介していきます!

【猫カフェ詳細】
◆名称/ネコリパブリック東京 中野店
◆住所/〒164-0001 中野区中野5-68-9 AKビル3F
◆営業時間/平日: 14:00 – 20:00
      土曜日: 11:00 – 20:00
日曜日: 11:00 – 18:00
◆定休日/水・木(祝日の場合は営業)

その他の画像

ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店 ネコリパブリック中野店

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10