猫が飼い主さんを舐める理由 自分の体を頻繁に舐める場合は病気の可能性も

猫が飼い主さんを舐める理由 自分の体を頻繁に舐める場合は病気の可能性も

猫が飼い主さんを舐めてくる時は、どんな気持ちなのでしょうか。ザラザラしているいる猫の舌は人間にはあまり気持ちの良いものではありませんが、猫としては決して悪気があってやっていることではありません。また、猫は自分の体もよく舐める動物ですね。猫が体を舐めることにも理由があります。今回は猫が飼い主さんや自分の体を舐めるときの理由や気持ちを解説します。

猫の舌はざらざらしている

自分の手を舐める猫
猫に舐められるとザラザラした感触で痛いですよね。一方で犬に舐められても痛くはありません。何が違うのでしょう? それは、猫の舌が特殊な構造になっていることが関係しています。
猫の舌がザラザラしているのは、舌に糸状乳頭(しじょうにゅうとう)と呼ばれる突起物が無数に生えていためです。猫の舌は小さいですし、飼い主さんが舌全体を見ることは少ないですが、猫の舌を拡大してみると、尖った毛のようなものが無数に生えています。確かにこの舌で舐められたら痛いかもしれませんね。糸状乳頭はネコ科の動物だけが持っている特殊な器官です。
猫は狩りをして獲物を捕らえていた肉食獣でしたが、犬のように大きく強靭なあごを持っていません。歯も牙以外はすごく小さいですね。そのため、獲物の肉を骨からこそげ取るためにこの糸状乳頭が発達したと考えられています。猫は待ち伏せ型のハンターなので、獲物に匂いを勘付かれないようにするためのグルーミング(毛づくろい)も欠かせませんでした。猫の舌には体を清潔にするブラシの役割もあるのです。
この舌のザラザラ感ですが、筆者の経験では個体差があるように感じます。筆者の愛猫のほかに、数多くの保護猫に舐めてもらいましたが、舐められるとかなりザラザラして痛く感じる子と、痛いほどではない子がいるようです。さらに猫は舐めるときに、強く舐めたり優しく舐めたりと調節もできるようなので、用途によって使い分けているのかもしれませんね。

猫が飼い主さんを舐めるのはなぜ?

猫に舐められるのはうれしいけど痛い……という経験をしたことがある飼い主さんも多いと思います。なぜ猫は飼い主さんを舐めるのでしょうか。

愛情表現

猫を舐める猫
猫が飼い主さんを舐める時の心理で一番多いのは、やはり愛情表現でしょう。「舐める」ことは猫の愛情を示す大切な行動です。母猫は子猫をよく舐めてあげますね。清潔にしたり排尿を促したりといった理由以外にも、愛情から来る行為なのです。子猫も母猫を舐めますから、そこにはお互いの愛情があるのは確かでしょう。猫同士でも仲が悪い同士ではほとんどグルーミングをしません。猫は飼い主さんを好きだと思っているからこそ舐めているのです。
筆者は今、障がいがある子猫の世話をしています。多頭飼育崩壊の保護猫が生んだ子猫ですが、障がいのために生後1カ月の現在でも体重は300gしかありません。そのため母猫がほとんど面倒を見なくなり、人工保育に切り替えました。ミルクをあげ、暖めてあげて、排泄もさせてあげます。すると子猫は、筆者の手を何度も舐めるようになりました。元は母猫に対して行っていたしぐさです。強い愛情が芽生えたからの行動であると筆者は理解しています。子猫の舌はとても小さいものなので、舐められても全く痛くはありません。

仲間だと認めている

一緒に暮らしていて、仲が良い猫同士はグルーミングしあう様子がよく見られます。これは相手に好意があるという以外に、自分のテリトリー内に存在する仲間だと認識しているからこそ生まれる行動です。「舐めること」=「コミュニケーション」でもあるのです。飼い主さんを猫ちゃんが舐めてくれたら、「あなたは私の世界を構成する大切な仲間よ」と言ってくれているのかもしれません。

いつもと匂いが違うから舐めている

飼い主さんから普段とは違う匂いがしたときも猫は飼い主さんを舐めます。猫は変化が嫌いな動物。知らない匂いがしたら不安になります。変な匂いを消すため、そして自分の匂いを付けるために飼い主さんを舐めているのです。

かまってほしくて舐めている

猫が舐めてくるときは、飼い主さんにかまってほしくて舐めているのかもしれません。特に飼い主さんの注意が他に向いていたり、眠っていたりする時に舐めてくる場合は、「ねぇねぇ、かまってよ」という意思表示である場合が多いです。または、お腹が空いた、抱っこしてほしい、遊んでほしいというような何か要求があるときも、猫は舐めることで意思表示します。

噛みながら舐めてくる

噛みながら(甘噛み)舐めてくるのも愛情表現です。甘噛みしながら舐めるという行為は子猫によく見られる行動で、母猫にもします。筆者の観察したところでは、子猫が甘噛みしながら舐めることは珍しいことではありませんが、大人になってからもこの行動がよく見られる子は甘えっこの子や子どもっぽい子に多い行動です。成猫の場合は、うれしくて思わず噛んでしまったというほかに、注意を向けてほしくて噛むということもあります。

猫がしつこく舐めてくるときの対処法

猫と女性
猫がしつこく舐めてくるときは、何か要求があるときです。あまりしつこいと、痛いしやめてほしいと思うこともあるかもしれません。しかし、舐めるという行為は、そもそも「好き」という気持ちを持っているからなので、ここで邪険にしては猫がかわいそうですね。そして、邪険にされたからといって、猫は簡単にあきらめません。
一番良い方法は、少しの時間でいいので「遊んで」「なでて」といった要求を満たしてあげることです。食べ物が欲しい場合も、おやつを2〜3粒もらうだけで満足することもあります。食べ物の要求にいつも応えることができない時は、遊んだりなでたりしてほかのことに意識を向けてあげましょう。
筆者の愛猫は抱っこが好きで、抱っこしてほしくて鳴いたり、しつこく舐めてきますが、少しの間でも抱っこしてあげて、声を掛けてあげると満足することが多いです。要求するという行為は「自分を見て」という意味でもあるので、その子をちゃんと見て声を掛けて、手で触れてあげることで、それが短時間であっても満たされた気持ちになってくれるようです。

猫が自分の体を舐めるのはなぜ?

自分の手を舐める猫
猫はよく自分の体も舐めていますね。猫が自分の体を舐めるのにも理由があります。

毛づくろいをしている

猫はとてもきれい好きな動物として知られています。猫が自分の体を舐めるのは毛づくろい(グルーミング)のためです。猫は肉食動物で狩りをして暮らしてたので、体から匂いがしてしまうと獲物に逃げられてしまいます。そのために猫はいつも自分の体を舐めてきれいにしているのです。健康な猫は匂いがしないので、もし、臭いやフケが気になったら、病気である可能性が高いので動物病院に行きましょう。

前足を舐める時

猫が前足を舐めることが多いのは、狩りをして暮らしていたときの名残です。猫は食事が終わった後に口の周りを舐めたり、顔を洗ったり、前足や肉球を舐めたりする様子がよく見られます。獲物を食べると、口や顔、手に血や臭いが付きますね。これを落とすために舐めていた行動が現在でも残っているのです。

猫が自分の体を舐めるのは病気が原因かも

前足を舐める猫
猫が自分の体を舐めることはごく普通のことですが、あまりにも頻繁に舐めているときは病気が疑われることもあります。

ストレス

猫はストレスに弱い動物です。猫が体を舐める理由に「ストレスを軽減しようとしている」という場合もあります。猫が何か失敗したときに体を舐めているのは、気を落ち着かせようとする転位行動です。何らかの原因でストレスが溜まると体を舐めすぎてしまい、ハゲになってしまうこともありますから、猫ちゃんの様子に普段から気を付けてあげたいですね。

皮膚炎

猫はかゆいときに、後ろ足でかく以外に舐めたり噛んだりします。しきりに体を舐めたりかいたりする様子が見られたら、皮膚炎の可能性もありますので獣医に相談してください。

猫が舐めるのは愛情表現

猫が飼い主さんを舐めるのは愛情があるからだと分かりましたね。「しつこいな」とか、「痛いな」と思うこともあるかもしれませんが、慕ってくれているからこその行為ですから、やめてほしいときは愛のあるやり方でやめてもらうようにすると、猫ちゃんとの絆はより深まるでしょう。
Share!