700坪のドッグランを独り占め!? 那須に愛犬同伴型別荘「DOG LOVER’S Villa Lea

那須高原に約700坪の専用ドッグラン付き貸別荘「DOG LOVER’S Villa Leaf」が4月18日、オープンしました。最大の特徴であるプライベートドッグランは天然芝で、一部は木々が立ち並ぶ林間部分となっています。他の飼い主さんやワンちゃんを気にすることなく愛犬を自由に遊ばせてあげられるだけでなく、テラスからドッグラン全体が見渡せる作りになっていますので、飼い主さんは「テラスでくつろぎながら愛犬が遊ぶ様子を眺める」という至福の時間を過ごすことができます。

DOG LOVER’S Villa Leafのテラス
DOG LOVER’S Villaのテラス


早朝8時からチェックインOK!

DOG LOVER’S Villa Leaf」は1棟貸しの貸別荘で、宿泊人数は最大6人ですが、ゲストを最大14人まで招待することができます(犬は宿泊者の同伴犬も含めて最大20匹まで)。テラスではBBQもできますので、近くに宿泊した友人やその愛犬たちを招いてドッグランで一緒に遊んだり、BBQをしたりといった楽しみ方もできます(駐車場は最大4台まで)。

DOG LOVER’S Villa Leaf DOG LOVER’S Villa Leaf

犬を連れて車で移動する場合、飼い主さんとしてはできるだけ渋滞を避けて最短で目的地に着きたいところ。実際、深夜や早朝に出発する飼い主さんも多いということで、同施設ではなんと午前8時からチェックインができるようにしました。最大28時間滞在することができます。そのほか、お風呂やセルフグルーミング室もあり、食事は「ホテルフォレストヒルズ那須」のレストランを利用することもできます。

DOG LOVER’S Villa Leafのお風呂

専門家集団が手掛けたプライベートヴィラ

DOG LOVER’S Villa Leaf」は、これまで「ホテルフォレストヒルズ那須」の「板室別邸」などを手掛けてきた専門家集団「伏半」(ともいぬ)が第5弾として企画・リノベーション設計したもの。いったいどんな専門家たちがどんな考えで集まったのか気になりますよね。そこで、ペトことでは伏半メンバーへのインタビュー取材を実施しました。後日、記事で公開予定ですのでお楽しみに♪