ごはんを食べてくれない愛犬と、諦めなかったママの思い。

ごはんを食べてくれない愛犬と、諦めなかったママの思い。

Share!

愛犬の食や体に悩みを抱えている飼い主さんはとても多いです。

どんなことに悩み、どのように解決したのか。この記事では、実際にフレッシュペットフードPETOKOTO FOODSをご利用の飼い主さんの言葉を、物語として紹介します。

大切な家族である愛犬が、5年後、10年後も健康でいてくれることを願って。



ドッグランで走る犬

「ポジティブにまるまると育つように」

そんな願いを込めて「ポジまる」と命名した。


ポジまるは、ポメラニアンの2歳の男の子。垂れた耳が最高のチャームポイントだと思っている。

小型犬特有のパテラ(膝蓋骨脱臼)という疾患を抱えているが、ドッグランで思いきり走ったり、お友だちとワンプロをしたりと運動量も多く筋肉が発達しているため、今は元気に過ごせている。


ポジまるは、私たちにとって念願の子だった。

ずっと犬と暮らしたいと思っていたが、命を守ることの覚悟がなかなかできず躊躇していた。


そんな中、ご近所さんのワンちゃんと触れ合うことで少しずつ犬への理解も進み、思いも高まっていったある日、ポジまるに出会った。

初めてポジまるを見た瞬間、そのコロコロとした可愛さに一瞬で心を奪われ、同時に、命を守る覚悟が決まった。


ポジまるは、私たちの願い通り、すくすくと明るく活発に育っていった。

ただひとつの問題をのぞいてはーーー。


活発な性格で運動もおもちゃで遊ぶことも大好きだが、どうしてもごはんを食べてくれない。

ドライフードをふやかしてみたり、ささみを茹でてみたり、栄養バランスも考えて野菜を混ぜてみたりもしてみたが、ダメだった。

ごはんを食べないせいで腸内バランスも整わないのか、うんちの回数も定まらず、常に軟便状態が続いていた。


元気のない犬


 ワンちゃんはあげればあげるだけ
 食べるものだと思っていたのに...
 まるまる育つどころか、これでは
 どんどん痩せていってしまう......



キッチンを飲み込んでしまいそうなほど大きな溜め息とともに、今日も食べてくれなかったごはんを片付ける。


 ポジまるは、何を思っているのだろう。
 お腹はすいていないかな?
 どんなものだったら、食べてくれるのかな...



ポジまるにごはんを食べてほしい一心で、インターネットでドッグフードを検索しては注文し、期待に胸を膨らませながらポジまるへ差し出し、溜め息とともにシンクにお皿を戻す。

そんな日々を繰り返していたあの頃、私はノイローゼになっていたと思う。


もう、どうしていいか分からずに諦めかけていたとき、インスタグラムでペトコトフーズを知った。

国産食材、栄養バランスも考えている、添加物を一切使用していない、そして何よりヒューマングレードということに魅力を感じた。

そして、愛犬が食べなかった場合は全額返金&未開封のものは保護団体に寄付という取り組みを知り、なんて安心できる会社なんだろうと思った。…思ったが、ポジまるが食べてくれるかは別問題。

高まる気持ちを抑えつつ、気軽に試すくらいの気持ちで申し込んでみた。


そして、ペトコトフーズが届いて驚いた。

早くごはんが食べたい犬

今までごはんに興味を示すことがなかったポジまるが、クンクン、キュンキュン、くるくるしている。

こんな姿は見たことがない。


あげてみて、さらに驚いた。


ペロリと完食してしまったのだ。

この信じられない光景に、私は涙をこらえることができなかった。



それからのポジまるは今までの反応がまるで嘘かのように、食事の時間を楽しんでくれるようになった。

ごはんの用意をしようと冷蔵庫からペトコトフーズを取り出した時点でポジまるの興奮はとまらない。

今は体重管理用のフードにペトコトフーズをトッピングしているが、トッピングすることでフードを完食してくれている。

食べ終わった後も中身のないお皿をジッと見つめ、お口直しにお水を飲んだら、最後にまたお皿を舐めて眠りの準備に入るのがポジまるの日課になった。

うんちの回数も1日2回に定まり、状態も良い。


溜め息でいっぱいだったキッチンは、今ではごはんをせがんでソワソワするポジまるの息遣いと爪の音がリズミカルに響く幸せの空間となった。



PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<