【スタッフ紹介】新しいデザイナーが仲間に加わりました!

【スタッフ紹介】新しいデザイナーが仲間に加わりました!

こんにちは、バイヤーチームの成合です。11月から一緒に働く仲間となった、デザイナーの藤本をご紹介します! ペットに関するWebメディアとして、読者の皆さまに情報を発信するシロップでは欠かせないデザイナーの仕事。お互い猫好きで、猫の話ばかりする猫仲間でもあり、仕事でも連携を取って形にしています。今回は仕事のことや愛猫のことなどご紹介します。


藤本:こんにちは、11月からデザイナーとしてシロップに入社しました、藤本です。現在はWebとグラフィックデザインを主に行っています。具体的にはペトことサイトのリニューアル・デザイン修正や新規ページのデザイン、その他印刷物のデザイン制作などです。社員スタッフの名刺デザインや、自社から発送する商品のパッケージデザインなども行っています。

staff

前職はデザイン事務所でWebデザイナーをしていました。その前はアニメーション制作会社でWebとグラフィックデザインを経験しています。元々絵を描いたり物を創ったりするのが好きで、大学在学時からグラフィックを学び、デザイナーの道を選びました。

成合:出来上がったデザインを見て、いつも感激しています。そもそもシロップとの出会いは何だったのですか?

藤本:保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)で保護猫を探していたことがきっかけで、OMUSUBIのデザインが可愛らしかったことで目に留まりました。どんな会社が運営しているんだろうと調べたところ、シロップにたどり着きました。

幼い頃から猫と暮らしていて、動物が身近にいる生活が当たり前でした。行く場のない子を迎えたいという想いから、保護猫を探していましたが、「保護猫を迎えるだけでなくビジネスとして継続的にできることがあるのでは」と思ったことがシロップに入るきっかけとなりました。

成合:私も10月に入社したのですが、すごく共感できるきっかけです。同じ想いを持って仕事できる仲間がいるのは、すごく心強いですしパワーになりますよね。
ゆいさん(藤本)は現在愛猫「シャシレカ」と暮らしていますよね。出会いについて聞かせてください。

藤本:出会いは知人経由でした。雨の中で猫の鳴き声を聞き、大捜索して保護したそうですが、元々3匹の猫と暮らしている方だったので引き取り手がいればと、その頃一緒に暮らす猫を探していた私に紹介してくれたんです。産まれたばかりの赤ちゃん猫でした。保護されて2カ月ほどたった頃に家に来たのですが、初めはケージから出てこなくてご飯も食べず水も飲まず、トイレもできませんでした。

staff
保護された直後のシャシレカ

少しずつ家に慣れてくれて、1週間ほどするとご飯もトイレも問題なくするように。私は一緒に遊びたい気持ちはすごくありましたが、グッと我慢してシャシレカのペースで家に慣れてもらおうと。徐々に距離が縮まって、少しずつ姿を現してくれるようになりました。

staff
我が家に来て数日 おもちゃが気になってそろりと出てくるシャシレカ

今ではすっかり慣れ、別人かのような大暴れよう! 元気いっぱい走り回り「遊んで遊んで」と私を噛みまくります(笑)。生後間もなかった小さな体も、半年たって大きく成長しました。

staff
家に来て3カ月頃 キャットタワーとシャシレカ

staff
家に来て3カ月頃 おもちゃで遊ぶシャシレカ

シャシレカというのは、アイヌ語なんです。初めの頃怯えていて何も食べない状態だったので、「家を好きになってほしい」という思いで「お城を褒める」を意味するシャシレカと名付けました。なぜアイヌ語なのかというと、その頃漫画のゴールデンカムイにハマっていたからです(笑)。

staff
ベッドで一緒に寝るシャシレカ

成合:シャシレカとの絆を感じますね。私も猫と暮らしていますが、猫が家でのんびり過ごす姿を見ると安心しますよね。漫画の話が出ましたが、シャシレカと遊ぶ時間の他にゆいさんの趣味を教えてください。

藤本:趣味は美術館に行くこと、演劇を観ること、ロードバイクに乗ること、コーヒーを飲むこと……漫画を読むことや絵を描くことも好きです。

成合:感性を磨く趣味が多いですね! 勉強になります。
仕事の話に戻りますが、これからしたい仕事について聞かせてください。

藤本:現在は、元々あるコンテンツの良さを継続しながら、もっと良くするために……を考えるのが楽しいです。私のやっていることがシロップの理念「人が動物と共に生きる社会」につながっていると思うと、一つ一つを大事にしたいと思って仕事しています。

少しでも理想に近づけるような価値のある仕事をしたいと思っています。 ビジネスとして成功して、シロップの活動が輪を広げ、継続的に保護犬猫のための活動が続けていけるようにデザインの力で役に立ちたいです。


保護犬猫のために、意味のある仕事をしたいと語ってくれました。読者の皆さまの心を動かすデザインを作成してくれると期待しています。今後さらにパワーアップしていくシロップを、どうぞお楽しみに!

Share!