ペットロスの夫婦が注文した愛犬のクローンが誕生 世界中で賛否両論の声

ペットロスの夫婦が注文した愛犬のクローンが誕生 世界中で賛否両論の声

ペットロスの英夫婦が注文したクローン犬が生まれたとイギリスの全国紙「The Guardian」が報じています。

The Guardian」によると、注文したのはイギリス・ヨークシャーに住むローラ・ジャックさんとリチャード・リムドさん夫婦。2015年6月に愛犬ディランを脳腫瘍で亡くし、10万ドル(約1200万円)でクローン犬の作製を行っている韓国の研究機関「スアム生命工学研究院」に2頭のクローンを依頼しました。

ペットクローン
そして12月26日、ディランのクローン犬が生まれ、シャンスと名付けられました。2頭目も12月29日に生まれる予定です。

夫婦は、「ディランを亡くしてから何も考えることにできなくなってしまった。でも、ディランのDNAを100%受け継ぐクローンの赤ちゃんが生まれてきてくれました。顔や体がディランそっくりで、本当に驚いています。ディランが産んでくれた赤ちゃんだと思っています」とコメント。

昨今、ペットを突然亡くしてしまったことで食欲不振やうつになってしまう「ペットロス症候群」になる飼い主の方が増えています。人間のクローンは違法とされていますが、ペットのクローンには規制がありません。最新のクローン技術は、ペットロス症候群の癒やしとなる一方で生命の倫理に関わる問題でもあり、その是非を巡って世界中で賛否両論の声が上がっています。

Share!