犬の嗅覚で人間の癌がわかる? 追跡できる距離や世界の働く犬たちを紹介

犬の嗅覚が優れていることは皆さんもご存じだと思います。犬はその嗅覚と賢さで、私たちの生活を助けてくれています。最も知られている活躍は警察犬だと思いますが、実は嗅覚を使って私たちの生活を助けてくれている犬は警察犬だけでありません。今回は犬の嗅覚のヒミツと嗅覚を使った働く犬たちのお仕事を紹介します。

犬の嗅覚がすごい理由

犬の鼻

犬の嗅覚は、犬の感覚器官の中で最も発達しています。視覚、聴覚と比べて生まれてからすぐに使用でき、歳をとっても長く使える器官です。犬は視覚や聴覚よりも嗅覚を活用して情報収集します。よく見る犬同士でおしりを嗅ぎ合う挨拶では、お互いに年齢や性別などの情報を収集しているといわれています。

人と犬の嗅覚を比べてみると、においの種類にもよりますが、犬の嗅覚は人の100万~1億倍といわれています。これは、人間が嗅ぎ取れるにおいが100万分の1であったとしても嗅ぎ取れるということで、それにより犬は追跡能力がとても高いのです。

嗅覚の仕組み

犬の鼻は基本的に濡れていますが、それはにおいを捉えやすくするためです。嗅覚の受容器は鼻の嗅上皮(きゅうじょうひ)にある嗅細胞で、嗅細胞の受容体がにおい分子をキャッチすると、電気信号が脳へと送られる仕組みです。嗅上皮の面積は、人の場合4cm²ですが、犬では18~150cm²もあり、どんなに小さなにおいも逃さないように、犬の鼻にある鼻甲介骨(びこうかいこつ)には無数のひだがあります。

においの距離

嗅覚に長けた犬ですが、遠い場所のにおいを瞬時に嗅ぎ取れるわけではありません。警察犬や猟犬が人や獲物のにおいを追跡できるのは、その場所に残っているにおい分子をたどっているためで、におい分子が無ければ犬も嗅ぎ取ることができないのです。そのため雨がふったり風向きが違ったりしてにおい分子が流されてしまうと、追跡が困難になってしまいます。

嗅覚の鋭い犬種

においを嗅ぐ犬

犬はマズル(鼻先)の長さによって三つのグループに分けられます。

中頭種や長頭種のように、マズルが長い方が嗅覚能力は長けています。中でもセントハウンドのグループに属する犬種は嗅覚が鋭く、追跡能力が重宝されてきました。

2タイプの嗅ぎ分け方

嗅覚に長けた犬にも、嗅ぎ分け方に違いがあります。一つはセントハウンドのように地面などに残ったにおいを得意とする「インダイレクト」タイプ。もう一つは、セッターやポインターのように空気中に残ったにおいを得意とする「ダイレクト」タイプです。

嗅覚を使って働く犬たち

警察官と犬

私たちの知らないところで、私たちの生活を支えてくれている犬たちがたくさんいます。犬の賢さと優れた嗅覚は、世界中でいろいろな「犬だからできる仕事」につながっているのです。

日本でも活躍している職業犬

シェパードなどの大型犬のイメージが強かった警察犬や災害救助犬ですが、最近では小型犬の活躍も増えてきています。大型犬よりも細かくにおいを追跡することに長け、狭い場所での活躍が多いようです。

警察犬

嗅覚を使った仕事として最も知られているのが警察犬です。警察犬には「直轄警察犬」と「嘱託警察犬」の2種類があり、一般的に知られているのは、警察官が飼育管理し訓練している「直轄警察犬」です。「嘱託警察犬」は一般の人が訓練し、普段は家庭犬として暮らしていますが、出動要請があった場合に警察犬として仕事をします。嘱託警察犬は試験に合格すればどんな犬種でもなることができ、最近ではトイプードルミニチュアシュナウザーなどの小型犬も多く活躍しています。

麻薬探知犬

国外から麻薬類の密輸入を防止するために活躍しているのが麻薬探知犬です。空港や港、国際郵便局で麻薬の持ち込みがないかどうか探し出す仕事をしています。

検疫探知犬

検疫探知犬は、成田国際空港や関西国際空港などの空港や川崎東郵便局で「動植物検疫の検査を必要とする肉製品、果物等」を嗅ぎ分ける仕事をしています。鳥インフルエンザや口蹄疫といった家畜の伝染病が日本へ侵入することを防ぐ重要な役割を担っています。

災害救助犬

レスキュードッグとも呼ばれる災害救助犬は、自然災害などで行方不明になってしまった人の捜索をします。がれきや土砂、積雪など作業が難しい場所での活動が主で、においを探すだけではない難しさがあります。災害救助犬は概ね8歳をめどに引退し、その後は新しい家族の元で暮らします。リタイアウォーカー(里親)の募集も行っているようです。

猟犬

犬は昔から人の猟を手伝ってくれていました。セッターやポインターといった獲物の場所を知らせる猟犬と、セントハウンドのように、キツネやウサギなどのにおいを追跡するのを得意とする猟犬がいます。ハウンドにはバセットハウンドビーグルなどセントハウンドのグループに分けられる犬種と、ボルゾイアフガンハウンドなど遠くに動くものを見つけ追跡するのが得意なサイトハウンドのグループに分かれます。

シロアリ探知犬

シロアリを探すことを訓練された犬です。壁を壊すことなくシロアリの居場所を特定でき、アメリカをはじめとする海外でも大活躍しています。

トコジラミ探知犬

トコジラミ探知犬は、トコジラミ(ナンキンムシ)を発見するための訓練を受けた犬です。人間では見つけることの難しいトコジラミも、トコジラミ探知犬は嗅覚を使って95%の確率で発見することができるそうです。

ヒアリ探知

2004年にヒアリの侵入が確認された台湾では、犬にヒアリを探知してもらう「ヒアリ探知犬」が実用化されています。訓練によって、ドーム状に大きく盛り上がる前のヒアリの巣まで見つけることができます。精度もとても高いそうです。

がん探知犬

がん探知犬は人間の呼気や尿のにおいを嗅ぎ、がんであるかどうかを判断してくれます。早期がんでも非常に高い精度で30種類以上のがんのにおいを嗅ぎ分けることができると、8年間の研究成果から明らかになっています。がん探知犬の頭数はまだまだ少ないのですが、日本でも探知犬による健康診断が山形県金山町で始まっています。

海外で活躍している職業犬

男性と犬

糖尿病警告補助犬

低血糖アラート犬とも呼ばれる糖尿病警告補助犬は、1型糖尿病患者が低血糖になったことを教えれくれる補助犬です。1型糖尿病患者が低血糖になると、息に微細な化学物質が増えることから、訓練された犬はその変化をにおいで嗅ぎ取って教えてくれます。1型糖尿病患者にとって低血糖は命に関わることもあるため、自己測定で血糖値を確認しなければなりません。就寝時は低血糖であることに気付くのが遅れてしまうこともありますが、アラート犬がいれば安心して寝ることができるのです。

爆弾探知犬

爆弾探知犬は爆発物を探すように訓練された犬です。日本でもテロ対策の一環として爆弾探知犬の活躍が期待されています。

地雷探知犬

世界には地雷や不発弾が現在も無数に残され、人々の生活を脅かしています。地雷犬は火薬のにおいを嗅ぎ、地雷がある場所を知らせることを訓練された犬です。

放火犯探知犬

火災が事故であるか事件であるかを判断してくれるのが放火探知犬です。放火探知犬は可燃物の液体を嗅ぎ分けて見つけ出すよう訓練されており、現場で可燃物の液体が撒かれたかどうかを判断します。

DVD探知犬

DVD探知犬はマレーシアで初めて誕生しました。DVD探知犬は違法にコピーされた海賊版DVD(熱可塑性プラスチック・ポリカーボネート)のにおいを嗅ぎ分けることができる犬です。マレーシアで誕生した2頭のDVD探知犬は150万枚以上の海賊版DVDを発見するなどの成果をあげたことで、海賊版DVDを扱う犯罪組織から約3万ドルの賞金が掛けられ話題になりました。

考古学犬

考古学犬は数百年前の骨が埋まった場所を嗅ぎ当てることを訓練された犬です。ドッグトレーニング協会「マルチナショナルK9」に所属するオーストラリアのゲイリー・ジャクソン氏によって誕生された考古学犬はラブラドールレトリーバーの雑種の「ミガルー」という名前の犬です。考古学犬は人の歴史を紐解く大きなきっかけとなるのではと活躍が期待されています。

トリュフ探知犬

高級食材であるトリュフを探し出すのがトリュフ探知犬です。一般的な犬種がその特徴を生かして活躍する探知犬たちとは違って、「トリュフを見つける仕事とする犬種」が存在します。アメリカンケンネルクラブでは「ラゴット・ロマーニョ」という名前で血統登録され、別名「ロマーニョ・ウォーター・ドッグ」としても知られています。

社会は犬に支えられて成り立っています

夕日の中の犬と女性

犬の嗅覚を使った仕事の中には危険が伴うものが多くあります。私たちの知らない場所で、犬に支えられ、助けられながら生活しているのです。私たちのために頑張ってくれている命があるということを、ぜひこの機会に考えてみてください。

関連記事

第2稿:2017年11月29日 公開
初稿:2016年1月10日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10