老犬になると注意。犬の目が白い場合に考えられる病気|目やに、充血の場合は

犬の目が白く濁ると白内障だと思って心配になる飼い主さんも多いですよね。でも、白内障だけが原因とは限りません。黒目が白く濁る原因としては、外側の角膜が白く濁る場合と、内側が白く濁る場合の二つに分けられます。目やにや充血している場合や、老犬になった時の注意点などを白金高輪動物病院総院長の佐藤が解説します。

外側の角膜が白く濁る場合

角膜の異常

目の表面にある角膜は外来の刺激を受けやすく、炎症や傷や免疫介在性の病気などで白濁します。角膜には知覚神経がたくさん分布しているので、障害を受けると痛みのためにしょぼしょぼさせたり涙が増えたりします。また緑内障により眼圧が上がることによっても白濁します。異常を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

内側が白く濁る場合

ぶどう膜炎

この症状は、白目の充血も強く見られ、痛みのためにしょぼつきや涙の量も増加します。

白内障

白内障とは、水晶体が何らかの原因で白濁した状態です。お年寄りの病気のイメージがあるかもしれませんが、子犬のうちから発症することもある病気なのです。進行状況により初発・未熟・成熟・過熟期に分けることができ、外から見て白く濁ってるように感じるのは未熟期の後期くらいからになります。成熟期になると光を感じることはできますが視覚は失ってしまいます。白内障は痛みはありませんが、進行するとぶどう膜炎を起こすことがあり、そうなると痛みを伴います。ただ、緑内障は危険ですが、白内障は手術をすれば治る病気のため、早めに動物病院で治療しましょう。

核硬化症

水晶体の中心の「核」と言われる部分の透明度が落ちて光のあたり方によって白く濁って見える状態です。これは老化現象の一つで、進行しても視覚を失うことも痛みが出ることもありません。老犬期になってきた場合は目のチェックを定期的に動物病院ですることをオススメします。

応急処置

目の中をこすらせないようにする

角膜炎とぶどう膜炎の場合では、ほとんど痛みを伴うため、目をこすらせないようにすることが大切です。そのために、エリザベスカラーをつけるなどして、首に装着してあげましょう。

目の中をよく観察する

エリザベスカラーをつけたら、目をよく観察して、どの部分が白く濁っているかを確認してみましょう。角膜の炎症やぶどう膜炎では痛みや炎症が強く、点眼薬を使用しないとなかなか改善しない場合が多いのでなるべく早く動物病院に行くことをオススメします。

白内障の疑いがある場合はすぐ病院へ

白内障は残念ながら手術以外では良くすることができません。逆に言うと、手術で快復します。サプリメントなどで進行を遅らせることはできるので獣医さんと相談してみてください。また、核硬化症に関しては病気ではないので治療も必要ありませんが、馴れないと白内障と区別することが難しいと思います。いずれにせよ、病院に行くことがベストです。

目やにがあれば取る

時々目の表面に粘性の目やにが付着して白く見えることもあるので、その場合は涙の成分の目薬や水道水などで洗い流し、コットンなどの柔らかいものでやさしく拭ってあげてください。眼の周囲が湿った状態のままにすると皮膚炎などの原因になりますので、注意が必要です。

症状別に考えられる病気を解説しています

第2稿:2017年8月3日 公開
初稿:2016年7月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10