犬猫に舐めさせるだけの口臭ケア!  飼い主も嬉しい「簡単・便利」なペロワンがすごい…!

愛犬・愛猫の口臭に気付きながら、「うちの子、口が臭いのよ〜」とあまり深刻に考えずに放置している飼い主さん、意外と多いのではないでしょうか? 犬や猫の口が臭い場合、口内環境や内臓に何らかの問題を抱えている可能性があります。例えば歯周病は放置すると歯が抜け落ちてしまうだけでなく、心臓や肺、腎臓など全身に悪影響を及ぼす危険を秘めた病気です。「なかなか歯磨きさせてくれなくて」という飼い主さんも少なくないと思いますので、今回は簡単にできるペットの口内ケアを紹介します。

歯がボロボロになった犬

愛犬・愛猫の口臭対策できてますか?

口内ケアの大切さはわかっていても、「嫌がって歯磨きをするのが難しい」「中途半端にしか磨けていない」という飼い主さんも多いはず。もしかしたら「動物病院に行って歯石取りをしてもらえばいい」と考える方がいるかもしれません。しかし、それは注意が必要です。

「無麻酔で歯石取り」の罠

人の場合は麻酔を使わずに歯石取りをすることもありますが、痛みを感じる場合は麻酔を使うことも少なくありません。人ですら麻酔を使いますので、暴れる犬や猫を無理に押さえつければ骨折などの怪我をしたり、極度のストレスで体調を崩したりしてしまうこともあります。「無麻酔での歯石取り」を謳っている動物病院もありますが、それはあくまで目に見える部分を綺麗にするだけ。歯周ポケットと呼ばれる歯肉と歯のすき間の歯石を取ることは非常に困難です。ただ、シニアの犬や猫など全身麻酔を使うことが難しい場合は、できる限りの処置として無麻酔での歯石取りが行われることもあります。

歯石取りの費用は?

無麻酔での歯石取りは、1回数千円で行われますが、全身麻酔での歯石取りは事前検査も含めて3万円〜5万円の費用がかかるのが一般的です。歯周病治療の一環でなければ保険も適用されませんので、「家で難しいから定期的に動物病院に通って歯石取りをしてもらえばいい」というのはあまり現実的ではないのです。

ペット用サプリメントで手軽に口内ケア

そこで毎日の口内ケアとして注目されるようになってきたのが「ペット用のサプリメント」です。ペット用のサプリメント市場は毎年成長を続けており、アメリカでは600億円規模になっています。市場拡大の要因として、ペットの家族化による健康意識の高まりもありますが、製品自体の質が上がったことも一因となっています。

実は、これまでペットのサプリメントは「人向けのものをベースに、容量を変えただけ」ということが少なくありませんでした。しかし、人と動物では嗜好が違えば用途も異なります。ペットの健康を真剣に考える飼い主さんはそのことに気付き、ペット専用のサプリメントに注目が集まっているのです。

犬猫と獣医師さん

ペットの口腔ケア用サプリメント「Pero-One(ペロワン)」

そして2017年2月1日、動物医療事業を手掛ける(株)メニワンより、ペットの口腔ケア用サプリメント「Pero-One(ペロワン)」が発売されました。価格は3200円(税別)で、1日2回の使用で30日分となっています。なおメニワンは、コンタクトレンズを使用している方ならおなじみのメニコンのグループ会社です。

ペットの口腔ケア用サプリメント「Pero-One(ペロワン)」

「ペロワン」販売ページ

ペロワンは、犬猫の口腔内環境を整えることを目的として、主に三つの成分が配合されています。

  • 歯周病菌の毒素を中和する「γ-リベチン」を含む「グロビゲンPG」
  • 免疫力を高めるといわれている「乳酸菌(KT-11)」
  • 生体防御作用があるといわれている「ラクトフェリン」

一番の特徴は、「粘度の高いゲル状」ということ。サプリメントと言えば錠剤や粉末が一般的ですが、口内ケアのためにはできる限り長く口に残ってほしいですよね。そのため、これまで液体状のサプリメントも存在していましたが、浸透しにくかったり、「一度だけペロッとなめて見向きもしない」という課題がありました。

では、ただの液体状ではなく、ゲル状であることを特徴とするペロワンは、実用的なサプリメントと言えるのでしょうか。これはもう、実際にペットに聞いてみるのが一番です。そこで、シロップの「社員犬コルク」と、「社員猫リズモ」に試食してもらいました。

社員犬コルクと社員猫リズモが実食

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10