犬のバベシア症はマダニが原因? 症状や対策などを獣医師が解説

犬のバベシア症とは、マダニなどを介して犬の体内にバベシアという寄生虫が入り込む感染症です。バベシアに感染すると発熱や重い貧血、食欲低下などの症状が見られ、最悪の場合死に至ります。バベシア症は完治の難しい病気のため、感染経路や症状などを把握して予防することがとても大切です。今回は犬のバベシア症の原因や症状、対策について白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

バベシア症とその原因

バベシア症はバベシア属(ピロプラズマ目)の吸血性原虫、マダニなどによって引き起こされる寄生虫感染症です。バベシアという小さな寄生虫が犬の血液中の赤血球に直接感染し、赤血球を壊し貧血などの症状が見られ、最悪の場合死に至るようなとても怖い感染症です。

バベシア症の構造

犬のバベシア症は、ダニ媒介性の溶血性疾患であり、新興感染症として世界的に知られています(※1、※3-5、※7、※11)。感染は犬だけではなく、牛や馬などでも確認されています。牛では19世紀末期に牛の熱病性ヘモグロビン尿症の研究を行っていたルーマニア人科学者ビクトル・バベシュ(Victor Babes)によってバベシア症の感染が発見されました(※19)。

調べる限り、日本での人や猫への感染は報告は確認できません。アメリカでは人のバベシア感染が報告されていますが、犬に寄生するバベシアとは異なることが分かっています(※20)。

一方でバベシア・ギブソニ(B. gibsoni)という種類のバベシアは、アメリカン・ピットブルテリアや土佐犬を主とした闘犬や、犬同士の咬傷による、汚染血液を介しての感染経路も多数報告されています(※1-4、※7)。これらの犬は、バベシアの保虫宿主(寄生虫が体内に寄生している状態)であると考えられています。このことから、感染サイクルにマダニを含まない、非節足動物媒介性(ひせっそくどうぶつばいかいせい)の感染経路にも注意しなければなりません。

バベシアの種類

バベシアは100種以上存在していますが、犬に病原性を示すのは大型種のバベシア・カニス(Babesia canis)および、小型種のバベシア・ギブソニ(B. gibsoni)のみであると言われています(※1、※10)。一般にバベシア・ギブソニは、バベシア・カニスよりも病原性が高い傾向にあることから、臨床的に重要視されています(※3)。犬バベシア症の発生はマダニの生息地域と一致します。バベシア・カニスを媒介するマダニは沖縄県や九州地方に限定されますが、バベシア・ギブソニを媒介するマダニは、日本の至る所に生息しています(※5、※13、※14) 。

バベシアの種類

2010年には全国47都道府県において、3625匹がバベシア症と診断され、そのうち26匹が関東地方で診断されています(※2)。犬のバベシア症病原体にはバベシア・ギブソニとバベシア・カニス、バベシア・ヴォーゲリ(B. vogeli)およびバベシア・ロッシ(B. rossi)がよく知られており、種ごとに分布が異なるものの世界中に広く分布しています。その他にもアメリカ合衆国カリフォルニア州南部で確認されたバベシア・コンラッド(B. conradae)など、犬に感染するバベシア原虫も複数報告されています(※21)。

表1. 2010年における関東地方でのバベシア症診断頭数(2011. 猪熊ら)

地域 診断頭数(/頭)
茨城県 3
栃木県 4
群馬県 0
埼玉県 5
千葉県 3
東京都 7
神奈川県 4

バベシアとマダニの生活環

バベシア原虫はマダニを媒介し、犬の赤血球に寄生します。赤血球に感染したバベシア・ギブソニは血液塗抹上で小型(約1×2.5μm)、多形性の構造物として観察されます(※22)。バベシア・ギブソニ感染症はマダニを介した伝播の他、胎盤感染、輸血による感染、直接的な血液の接触によっても感染すると考えられています(※22)。

バベシアとマダニ

媒介するマダニはフタトゲチマダニ、ツリガネチマダニ、ヤマトマダニ、クリイロコイタマダニが知られています。このマダニは全国的に分布していることがわかっています(※14)。

バベシア症にかかりやすい環境や犬

バベシアはマダニなどを介して感染するため、マダニが生息しやすい所を避ける必要があります。犬種によってバベシア症になりやすい種類があるわけではありませんが、闘犬などは噛み合うことがあるため汚染血液を介して感染する可能性が高くなります。

  • 西日本などの暖かい地域(しかし最近では日本中で見られている)
  • 草むら
  • 予防をしていない犬
  • 闘犬

バベシアとマダニ
犬に寄生したマダニ

症状や治療法、対策は?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10