犬の脂肪腫とは|症状や種類、原因、治療法を獣医腫瘍科認定医が解説

犬の脂肪腫とは|症状や種類、原因、治療法を獣医腫瘍科認定医が解説

動物の皮膚腫瘍にはいろいろな形のものがありますが、多くは良性の腫瘍です。その中でも代表的な腫瘍が「脂肪腫」です。本稿では犬の脂肪腫の種類や治療法などについて、浜松家畜病院院長の武信が解説します。

犬の脂肪腫とは

脂肪腫は、成熟した脂肪細胞が増殖した腫瘍で、通常は良性腫瘍に分類されます。腫瘍のできる場所や広がり方によって、
  • 皮下脂肪腫
  • 筋間脂肪腫
  • 浸潤性脂肪腫
に分類されます。また、体腔内に脂肪腫が発生することもあります。よく似た名前の病気に「脂肪肉腫」がありますが、こちらは脂肪細胞の悪性腫瘍です。

脂肪腫にかかりやすい犬種

脂肪腫のほとんどは体の表面から触れることができます。触り心地は柔らかく、サイズは小型から大型までさまざまです。多発することがあります。

犬の脂肪腫の分類

3つの脂肪腫について解説します。

1. 皮下脂肪種

皮膚の下〜筋肉の上に存在するタイプです。ほとんどの脂肪腫はこのタイプですが、触診で腫瘍が動かない場合は底部が筋肉の間に入り込んでいることもあります。

皮下脂肪種

2. 筋間脂肪腫

筋肉の間に入り込んでいるタイプです。触ると張りのある感触があります。手術では筋肉の間を切り開いて、奥まで取り除く必要があります。

皮下脂肪種

3. 浸潤性脂肪腫

筋肉の繊維の間に染み込むように増殖するタイプです。発生率は高くありませんが、正常組織との境界がないので、初回の手術でしっかり取り除かないとすぐに再発してしまいます。浸潤性脂肪腫は良性腫瘍ですが局所浸潤性が高く、肥大した腫瘍が周辺部位に悪影響を与えることで臨床的悪性腫瘍とされています。例えば、脚の筋肉に広範囲に浸潤している場合には、脚ごと切除(断脚手術)を検討しなければならない場合もあり得ます。

皮下脂肪種

※脂肪肉腫

脂肪腫とは異なり、悪性腫瘍です。脂肪腫と比べて、やや硬い触り心地で急速な増大を見ることがあります。細胞診で見分けることが可能ですが、誤診を避けるために病理検査で確認する必要があります。非常に局所浸潤性が高く、転移することもあります。治療のためにはできるだけ早期に拡大切除手術が必要です。放射線治療や抗癌剤が使用されることもあります。

犬の脂肪腫の症状

脂肪腫の症状について解説します。

初期症状

初期では飼い主さまが「愛犬の体表に柔らかいしこりができた!」と気付きます。皮膚の柔らかい犬種(ゴールデンレトリーバーシーズーなど)は、比較的わかりやすいのですが、肥満の動物では、皮下脂肪との区別が難しいことがあります。そのため、肥満であった動物がダイエットに成功した際に、初めて気付くこともあります(皮下脂肪が薄くなるため)。
  脂肪腫は周囲を圧迫しながらゆっくりと大きくなるため、そのほとんどは無症状です。筋肉内や「体の深部」にできた脂肪腫では、圧迫によって不快感や痛みを生じる可能性があります。

末期症状

発症部位によっては、大型(5cmを超える)になって初めて気付くこともあります。脂肪腫は良性腫瘍のため、経過を見ることもありますが、良性であっても徐々に大きくなるものです。「脂肪腫が大きくなりすぎて、破裂するのでは?」と心配される飼い主さまも多いのですが、健康な犬の脂肪腫が破裂することはほとんどありません。破裂するほど急速に増大するのは、脂肪腫とは別の腫瘍の可能性があります。

ただし皮下脂肪種でも巨大化すると、大きさと重さによって生活上の大きな問題となることがあります。例えば、「脇の下に発生すると前足が閉じなくなる」「胸にできた脂肪腫が床と擦れて出血する」「背骨に沿って巨大化して側弯姿勢になる」などです。

また、脂肪腫が体腔内に発生した場合にはその周辺の内臓などを圧迫するため、痛みや不快感、機能障害が起きる可能性があります。

犬の脂肪腫と症状の似た病気・合併症

皮膚にしこりがあっても、すべてが腫瘍とは限りません。細菌感染やアレルギー性の炎症や、ニキビのような皮膚のう胞など、腫瘍以外のしこりも多いものです。脂肪腫とよく似た症状でも、皮下脂肪の炎症(脂肪織炎)だったりすることはよく経験します。

また前述の脂肪肉腫は非常に悪性度の高い腫瘍のため、急速に増大する腫瘍の場合は、動物病院での検査を受けて、確認しておくことが必要です。脂肪腫だと思っていたら「脂肪の層の下に他の腫瘍ができていた」ということも珍しくありません。定期的に「大きさ」「硬さ」をチェックすることも重要です。

犬の脂肪腫の原因

犬の脂肪腫の原因は明らかになっていませんが、肥満や体質(犬種・遺伝)によって発生しやすくなると考えられています。若齢でも発生しますが、年齢を経るにつれて発生が多くなります。

犬の脂肪腫の検査・診断方法

まず愛犬の全身状態をみるのに身体一般検査が必要です、それには血液検査やレントゲン検査や針生検(炎症か腫瘍かを調べる検査)が含まれます。ほとんどの脂肪腫は触診と細胞診によって診断がつくものです。細い針を用いて腫瘤から細胞を吸引し、顕微鏡で観察して成熟脂肪細胞がみられた場合には、ほぼ間違いなく脂肪腫です。ただし、細胞診のみでは「浸潤性脂肪腫」との区別はできません。

明らかに良性で小型の場合は「機能障害」「自潰・出血」「急速増大」がなければ経過を見ることも多いです。細胞診で診断がつかない場合は、腫瘍の一部・または全部を切除して病理学検査に提出します。

犬の脂肪腫の治療法・リハビリ

脂肪腫は手術によって取り除かない限り、自然に無くなることありません。そのほとんどは良性腫瘍のため、すべてが手術適応とも言い切れません。動物の年齢・体力を考慮しながら、以下の良性腫瘍の手術適応基準に基づいて手術実施を行います。

手術適応基準

  1. 機能障害の有無:良性腫瘍であっても増大することによって、体の機能に障害(足が使いづらい、排尿がしづらいなど)が出る場合は摘出手術適応となります。
  2. 自壊出血の有無:腫瘍が大きくなって、表面の自壊(しこりの表面が破れること)が起きて、出血している場合は手術を行います。
  3. 急速増大:腫瘍が急速に大きくなる場合は、予防と検査を兼ねて手術を行います。
  4. 飼い主さまの希望 : 外観上の問題や、将来の増大に備えて、飼い主さまが早期の治療を希望される場合は手術を行います。

手術の範囲

  1. 腫瘤切除:腫瘍のみを切り取る方法です。良性腫瘍に適用されますが、再発の可能性が高い方法です。
  2. 区域切除:腫瘍を含めた一部組織(筋膜・筋肉など)を切除します。悪性度の低い小さな腫瘍では有効です。
  3. 拡大切除:正常組織を含む広範囲な組織(筋肉・骨など)を切除します。悪性度の高い大きな腫瘍で適用されます。

良性腫瘍の場合は上記の1と2で治療が完了することがほとんどです。巨大な脂肪腫では脂肪吸引法も適応となることもありますが一般的ではありません。
  悪性腫瘍の手術は、しこりの部分だけを切り取るのではなく、まわりの健康な組織も含めて切除します。脂肪肉腫などでは、再発を繰り返すたびに悪性度が増す傾向があるため、できるだけ早期に3の治療を行う必要があります。

また、小型の癌であれば手術でほとんどが治癒しますが、腫瘍が大きい場合や、周囲への浸潤が強い場合は手術で完全に取りきることが難しくなってきます。このような場合は残りのガン細胞をやっつけるために放射線治療や化学療法(抗がん剤)を行います。

皮下にできた腫瘍
皮下にできた腫瘍。向かって右の腫瘍は皮膚に固着しており、左は筋肉に付着している

腫瘍を切除する様子
右の腫瘍は一部皮膚と一緒に切除(画像をクリックしてカラー&拡大写真)

切除した腫瘍
手術後の病理検査では悪性の腫瘍と診断された(画像をクリックしてカラー&拡大写真)

切除した腫瘍
左の腫瘍は薄い被膜に包まれたまま筋肉からはがして切除。(向かって左下の部分)一部被膜が破れているのがわかる(画像をクリックしてカラー&拡大写真)

切除した腫瘍
こちらは良性の皮下脂肪腫であった(画像をクリックしてカラー&拡大写真)

治療薬の種類

悪性腫瘍(脂肪肉腫など)の場合は、以下の抗癌剤が使用されることもあります。

化学療法剤(抗癌剤)

現在、脂肪肉腫に有効性が保証される抗がん剤はありませんが、再発・転移の抑制を目的に以下の抗癌剤が使用されています。
  1. アドリアマイシン(ドキソルビシン):最も強力な抗がん剤です。副作用として皮膚毒性、嘔吐や下痢、白血球減少、肝傷害、心筋障害などがあります。点滴注射薬であり、数時間かけて投与します。
  2. カルボプラチン:比較的安全で効果も高いが、コストが高めです。副作用として軽度の嘔吐や下痢、白血球減少があります。点滴注射薬であり、数時間かけて投与します。
  3. シクロフォスファミド:経口投与が可能、コストが安い。副作用として膀胱炎、胃腸炎、白血球減少などがあります。経口投与剤の場合は、毎日〜隔日での自宅投与が可能です。
※1と2は約3週間に一度の通院点滴が必要です。

治療・手術費用の目安

初期の診断

進行度によって使用する検査内容も変わるため、一概には言えませんが、1〜3万円(初期検査、病理検査など含む)まで幅があります。

手術

患者さんの体格や腫瘍の発生部位によって難易度が異なります。一般的な皮下脂肪種であれば、おおよそ3〜5万円の手術費用です。

抗がん剤治療

プロトコールによりますが、治療期間は1クールが平均5〜6ヶ月間で、その後は順調にいけば休薬します。一般的な治療費の目安としては小型犬なら週1回の治療が1〜3万円、1クールは総額で15〜30万円になることが多いようです。

犬の脂肪腫の予後

脂肪腫と診断されれば、ほとんどの場合手術によって根治が見込めます。浸潤性脂肪腫と脂肪肉腫では早期の対応が必要です。

犬の脂肪腫の予防法

最も確実な予防法は、犬の体を良く触ることです。脂肪腫は早期に発見すれば、根治が見込める病気です。また、悪性腫瘍であっても早期治療によって直せる確率が上がります。腫瘍が増大する速度は診断上、とても重要です。しこりを見つけたら早期に獣医さんを受診し、その後も定期観察を続けましょう。

犬の脂肪腫に良い食べ物・食事の注意点

現時点で脂肪腫に良い食べ物はわかっていません。肥満動物で増大しやすく、また正常脂肪と見分けがつきづらいため、あまり太らせないように食事管理してあげることが重要です。

ネットには豆乳や低脂肪乳を推奨する記載も見られますが、脂肪腫と牛乳の因果関係は証明されていません。肥満を避けるため、また一部の腫瘍では乳製品に残存した成長ホルモン剤が誘因になることが疑われた過去もありますので、牛乳よりも豆乳が推奨されているのかもしれません。

ただし、既に脂肪腫にかかってしまった動物には、治療に耐えるため、しっかり栄養補給をしてあげる必要があります。

早期発見のために愛犬を触る習慣を

脂肪腫にはさまざまなタイプがあることがお分かりいただけたでしょうか? まずは、早期に発見する事が重要ですから、お家のワンちゃんの体を触る練習から始めましょう。もしも、しこりを見つけたら動物病院で検査をしていただく事をお勧めします。

Share!