犬の胃捻転は大型犬がなりやすい? 症状や原因、予防法を獣医師が解説

犬の胃捻転は大型犬がなりやすい? 症状や原因、予防法を獣医師が解説

胃捻転は、胃が捻転することで胃を始めとするその他の臓器に悪影響を与える緊急疾患です。気づかずに放置してしまうと、生死に関わるため、早期発見・早期治療が重要になります。大型犬に起こりやすいといわれていますが、大型犬に限った病気ではありませんので、中・小型犬も注意が必要です。今回は犬の胃捻転の症状や治療法などについて、獣医師の中西が解説します。

胃捻転の症状

ベッドの上で寝る犬

  • 吐きたいのに吐けない
  • おなかが膨れる
  • よだれが増える
  • ゲップやおならが多くなる
  • 呼吸が早くなる
  • 元気がなくなる

何かを吐き出そうとする仕草を繰り返しますが、ほとんど何もでず、そのうち呼吸が早くなり、じっとして動かなくなるといった症状を呈します。

上記のような症状は胃捻転でなくても現れますが、いずれにしろ異常な症状ですので、早めに動物病院へ連れて行きましょう。

犬の胃捻転の原因



  • 食後すぐの運動
  • 早食い
  • パンティング時に過剰な空気の取り込み
  • 水のがぶ飲み
  • ガスの発生しやすいものの食べすぎ
  • ストレス
  • 加齢

ご飯直後の運動が原因になっていることが多いです。散歩は食前に行くか、食後はある程度時間を置いてから運動させるようにしましょう。

胃捻転の治療法

ラブラドールレトリバーの横顔

捻転の場所やねじれ方によっては、手術しなくても良い場合もありますが、基本的には外科手術での治療を行います。

主に捻転した胃を元の状態に戻し、胃を腹壁に固定する手術になります。

胃捻転を起こしてから時間が経つと胃が壊死している場合があります。その場合は部分切除も行うこともあります。

胃捻転の予防法

クッションの上で寝る白い犬

ご飯直後の運動は控える

ご飯直後の激しい運動を避けましょう。食後に重たくなった胃が、激しい運動をすることで腸と絡まり、胃捻転を誘発する恐れがあります。

早食い防止グッズを使用する

早食いや水のがぶ飲みで胃が急激に重くなったり、空気が大きく取り込まれることで胃の出入り口である幽門が閉まり、胃が捻転することがあります。

早食いしつけで予防することは困難のため、グッズを使用することをおすすめします。

ペット早食い防止食器 犬猫用ボウル
ペット早食い防止食器 犬猫用ボウル
Amazonで見る

体が熱い場合は冷やす

体が熱くなり、舌を出してハアハアとするパンティングが見られたら体を冷やしてあげましょう。パンティング時に過剰な空気を取り込む恐れがあるためです。

首や脇にタオルで包んだ保冷剤を当てたり、風通しのよい場所に移動させたりするだけでも効果が期待できます。

まとめ

見上げる犬

胃捻転は生死に関わる緊急疾患です
ご飯直後の運動は避けましょう
早期発見・早期治療が重要です

早いうちに異常に気づき胃のガスを抜いてあげることが必要ですので、少しでも異変を感じたら動物病院に連絡して診てもらいましょう。

日頃から体調の変化を確認するようにしてあげてください。




Share!