Thumbnail

犬の胃捻転・胃拡張は大型犬に起こりやすい! 症状や原因、予防法を解説

獣医師の中西です。犬の胃捻転、胃拡張は胃にガスがたまったり捻転が起こることで胃に血行不良が起こり、時間がたつと胃が壊死(腐って)してしまい命を落としてしまう緊急疾患です。早期発見が必要です。何かを吐き出そうとするしぐさを繰り返してもほとんど何もでず、そのうち呼吸が早くなり、苦しそうにしているなと思っているうちにじっとして動かなくなる、というような症状を見せます。シェパード、ドーベルマン、セントバーナード、グレートデーン、ボクサー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーなどの大型犬に起こりやすい病気ですが、小型犬や猫、ウサギでも起こすことがあります。