犬の嗅覚は人間の何倍?理解できる距離などの嗅覚の仕組みを紹介

Share!

犬は視覚や聴覚よりも「嗅覚」を活用して情報収集します。よく見る犬同士でおしりを嗅ぎ合う挨拶は、お互いに年齢や性別などの情報を収集しているといわれています。犬の嗅覚は、年を取っても長く使える器官といわれています。理解できる距離などの犬の嗅覚の仕組みを紹介します。

犬の嗅覚は人間の何倍?

地面を嗅ぐ犬
犬の嗅覚は人間の10万倍以上鋭いと言う専門家もいれば、数百万倍と言う専門家もいます

これは、人間が感じる匂いを100万〜1億倍で感じているというわけではなく、人間が嗅ぎ取れる匂い分子が100万分の1の大きさになったとしても嗅ぎ取れることを表しています。

つまり、それだけ多くの匂いを嗅ぎ分けられることになります。それにより犬は追跡能力がとても高いといえるのです。


犬の嗅覚の仕組み

犬の嗅覚に優れるコーギー

犬の鼻が濡れているのはにおいをキャッチしやすくするため

犬は鼻から息を吸い込むと、鼻甲介(びこうかい)と呼ばれる、粘膜に覆われた複雑な骨構造の中を空気が通っていきます。鼻粘膜は人間の30倍ほどと言われます。

鼻の粘膜は、においに含まれるさまざまな化合物をキャッチする受容体で覆われています。これは、鼻の嗅上皮(きゅうじょうひ:鼻腔の上部にある皮膚のこと)にある嗅細胞の受容体で、匂い分子をキャッチしています。受容体が匂い分子をキャッチすると、電気信号が脳へと送られる仕組みになっているのです。犬の鼻が基本的に濡れているのは、におい分子をよりキャッチしやすくするためです。

犬の鼻の神経は人間の100倍で20kmの距離まで嗅ぎ分ける

この受容体の数はコーギーやボーダーコリーの牧畜犬で2億個、ビーグル犬で3億個に達すると言われています。人間は600万個に過ぎません。また、犬の受容体は2億2000万本から20億本の神経によって脳とつながっていて、人間の鼻に存在する神経の100倍と言われています。

また、膨大な臭気情報を処理するため、平均的な犬の嗅覚皮質(においを処理するための脳の部位)は人間の40倍も大きいです。そして、犬は状況によって、においを嗅ぐ鼻の穴を使い分けることさえできます。馴染みのないにおいであれば右の鼻孔を使って調べ、慣れ親しんだにおいであれば左の鼻孔を使って嗅ぎます。左右で異なる神経経路を活用しています。

そのため、犬は20kmの距離までにおいを嗅ぎ分けることが可能だと言われています。

犬の鼻は空気の制御も

左右の鼻孔にある翼状の弁は、においを嗅ぐときは開き、息を吐くときは閉じることで空気の流れを制御しています。これにより空気を脇に押しやり、次に息を吸ったときに入ってくる別のにおいと混ざるのを防いでいます。また、ブラッドハウンドの垂れ耳は、地面に引きずってにおいを舞い立たせることで、少しでも鼻に届きやすくしていると言います。

犬の鼻は嗅ぎ分けるプロ

犬は知っている人間のにおいを嗅ぎ分けたり、恐怖やストレスが発生させる化学物質を嗅ぎ当てたりすることができます。ある研究では、3週間前にガラスのスライドにつけた指紋さえ、犬はにおいで識別できたと言います。このスライドを屋根の上でさらに1週間放置し、雨風や日光にさらした後でも、においを検知できたほどです。

犬はにおいで時間管理をしている

犬は時の経過によるにおいの変化を通して、時間感覚と結びつけていると言います。においが薄れていく過程は、時計の針の動きのように規則的で予測可能なためです。

クンクン嗅ぐのは社会的な交流

犬が誰彼かまわず人のにおいを嗅いだり、散歩中にずっと地面や草花のにおいを嗅ぐことも多いですよね。しかし、これはにおいを通して社会的な交流を図っているからに過ぎません。においが私たちで言う言葉を表現しているのです。犬はにおいで他の犬を識別するだけでなく、互いの口を嗅ぐことで相手が何を食べたかを理解しています。

嗅覚の鋭い犬種ランキング

犬の嗅覚が優れているボーダーコリー

犬の嗅覚能力はマズル(鼻先)の長さが長いほど、優れているといわれています。犬はマズルの長い順に以下の三つのグループに分けられます。

  • 長頭種:コリー、シェパードなど
  • 中頭種:ゴールデンレトリーバー、ビーグルなど
  • 短頭種:パグ、フレンチブルドッグなど

中でもセントハウンドのグループに属する犬種は嗅覚が鋭く、追跡能力が優れています。

犬の嗅覚は衰える?

犬の嗅覚に優れるコーギー

犬も老化をしてくると各器官が衰えてきます。嗅覚も衰えてくると言われていますが、視覚などに比べて衰える割合は少ないです。

犬はにおいを嗅いで幸せを感じています

夕日の中の犬と女性

最も発達している犬の感覚器官は嗅覚
犬の嗅覚は人間の100万~1億倍
犬は嗅覚で情報収集している
マズルが長い犬ほど嗅覚が長けている
優れた嗅覚で働く犬が世界中で活躍しています

米国のコロンビア大学バーナード・カレッジの心理学者で『犬であるとはどういうことか』(白楊社)の著者であるアレクサンドラ・ホロウィッツによれば、犬は単ににおいを嗅ぐのが得意なだけではなく、その行為自体も楽しんでいると言います。

犬を二つのグループに分け、一方には体を動かすエクササイズを、他方にはにおいを頼りに問題を解決する研究を1週間しました。結果、食べ物が入っているかもしれない皿を両者の前に置いたところ、後者の犬は食べ物で一杯の可能性がある皿に近づきました。この行動は幸福感で結びついていると分かります。

このように、犬の嗅覚を理解することで、犬の素晴らしさに触れ、さらに愛犬への愛情が深まると思います。楽しいペットライフをお過ごしください!