犬に目薬を差す方法とは? 目のケアの必要性を獣医師が解説

犬に目薬を差す方法とは? 目のケアの必要性を獣医師が解説

犬が目を怪我したり、目の病気に罹患すると、多くの動物病院で目薬が処方されます。病気以外にも、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、シーズー、パグといった生まれつき目の大きい犬種は、眼裂(目が入っているスペース)の割に目が大きいため、目が半開きになり、目薬でのケアが必要になる場合があります。今回は犬の目のケアの必要性や目薬の差し方について、獣医師の中西が説明します。

Share!