猫の聴覚は人間の何倍? 男性より女性になつくって本当?

猫の聴覚は人間の何倍? 男性より女性になつくって本当?

男性の猫の飼い主さんで、彼女や奥さんにはなつくのに自分にはあまりなついてくれないということはないでしょうか?「猫は男性よりも女性が好き」という通説には、猫の聴覚に理由がありました。聴覚の性質や特徴を紹介します。

猫の聴覚は人間の3倍

伏せる白黒の猫

猫の五感の中で最も優れている感覚は聴覚で、音に対する感度が非常に優れています。

猫が音を聞き取れる周波数(可聴域)は、30〜8万ヘルツくらいとされています。人間は20〜2万ヘルツ、犬は15〜4万ヘルツですので、猫の可聴域は非常に広く、音を聞き取る力や、高音と低音を聞き分ける力にも長けていると言えます。

猫の蝸牛の長さは人の3分の2程度で、蝸牛内にある有毛細胞数も人間より1万本少ないです。それにもかかわらず、猫の聴力が発達している理由は、神経節細胞から伸びる神経線維が人間より2万本多い5万本もあるからなのです。それにより、人よりも広範囲の音を聞き取ることができます。

聴覚が発達した理由

本来暗い林や森の中で獲物を待ち伏せすることで成長してきた種族のため、光がない夜でも獲物の居場所を突き止められるように「音」を追求してきたからだと言われています。

※参照:松田宏三『面白くてよくわかる 決定版 ネコの気持ち』(日本文芸社)

猫は声が高い人が好き

寝転ぶ猫

鳥類学者のユージン・S・モートンによると、動物は低くて大きい声をネガティブに、高くて小さい声をポジティブなものとして捉える傾向があるそうです。

具体的に、低い声は天敵となる大きな動物を連想させるため好まないとされています。逆に、子猫の泣き声に相当する2000〜6000ヘルツくらいの音域を好むようです。

動物は威嚇するとき低い声で唸りますし、猫がおねだりをするとき「猫なで声」と呼ばれるような高い可愛らしい声を出しますよね。

そのため、男性よりも猫に安心感を与える高い声の女性の方が好まれるようです。

猫は男性が嫌いなわけではない

あくびする猫

いかがでしたでしょうか? 猫は、決して男性の飼い主さんを嫌いなわけではありません。男性が猫に好かれるためには、高めの声で話しかけてあげると良いかもしれませんね。

Share!