最も睡眠時間が長い動物・短い動物は?

最も睡眠時間が長い動物・短い動物は?

犬や猫は睡眠時間が13時間ほどと言われていますが、動物によって睡眠時間は大きく異なります。動物の中で最も睡眠時間が長い動物と短い動物は誰なのでしょうか? 動物の睡眠時間について紹介します。

最も睡眠時間が長い動物はコアラ

木につかまるコアラ

睡眠時間が最も長い動物はコアラです。コアラはカンガルーの仲間で、オーストラリア東部の森林地帯やユーカリの林などに生息しています。コアラを見るためにオーストラリアに観光へ行く方も多いですよね。コアラの体色は、背面が灰色で、腹面が白色。体長は約65cm〜82cm、体重は約4kg〜15kgとされています。そんなコアラの睡眠時間は、1日に22時間ととても長いです。その理由は、食べ物にあります。コアラは、タンニンや油分を多く含むユーカリの葉を好んで食べますが、栄養素はごくわずかで摂取できるエネルギーが少ないため、消費を抑えるために寝る時間が多いのです。
ユーカリを食べるコアラ
睡眠時間が22時間で、起きている時間は2時間と聞くと、動物園に行って寝ている姿を見ることが多いのにも納得できますね。コアラが起きている時、機敏にユーカリを食べる姿も可愛いですよ。

動物の中で一番睡眠時間が短い動物はキリン

舌を伸ばすキリン 睡眠時間が最も短い動物はキリンです。なんと1日で2時間ほどしか寝ません。しかも野生のキリンは、座って寝るのはたった20分だけで、あとは立って寝ます。しかし、横浜市にある金沢動物園によると、天敵のいない動物園ではキリンたちは安心しているのか、伏せの姿勢で首を倒して寝るようです。
Share!