犬が高いところに登りたがる理由 「自分が偉いと思う説」は本当?

犬が高いところに登りたがる理由 「自分が偉いと思う説」は本当?

犬はソファーやベッドなど、なぜか高いところに登りたがります。犬は高い場所が好きでそのような場所に登っているのでしょうか? それとも自分が優位に立ちたいからという理由で登るのでしょうか? 今回は犬が高いところに登る理由を解説します。

犬は高いところが好き?

ソファに乗った犬

犬がソファーやベッドに登りたがることは多いと思いますが、高いところが好きだから登っているのでしょうか?

犬は高いところが苦手なことが多い

犬が登りたがる高い場所といえば、ソファーやベッドですね。ソファーやベッドは床より高い場所になりますが、登りたがる理由は「高いが所が好きだから」ではなさそうです。

犬は高い場所が苦手なことが多いです。ソファーやベッドは犬が飛び乗れるくらいの高さであることが多く、恐怖心なく飛び乗りますが、それ以上の高さになると恐怖を覚える犬のほうが多いようです。

階段が苦手な犬もいます。犬は人間と違って四つ足で歩き、階段を降りるときは高い場所から頭をかなりの急角度で下に向けながら降りてこなければならず、慣れないうちは恐怖心を感じるようです。

しかし、胴長犬種などは腰に負担がかかる行為でもあるため、無理に階段を上り下りさせるのはやめましょう。

また、小型犬や子犬、老犬は骨が細くもろいことがありますので、ちょっとした段差でも骨折してしまう可能性もあります。階段はもちろん、ソファーやベッドに乗っている際は飛び降りないよう注意してください。

犬の祖先は高いところに登っていた?

犬はもともと高い場所に登るような生活はしていませんでした。犬の祖先はオオカミ、もしくはオオカミの亜種とされていますが、集団で獲物を追い、囲い込んで狩りをしていました。

狩った獲物はみんなで食べるので獲物を木の上に運ぶようなこともありませんでした。犬は野生で生きていたときも地面で生活するのが一般的で、高い場所に登るような生活はしていなかったのです。

高い場所で辺りを見張っていたとしても、その場所は狭い場所ではなく、よほどのことがない限り落ちる心配がない安定した場所だったはずです。こうして考えてみると、犬は特段高いところが好きであるという理由はないようです。


居心地がいい場所が好き

犬も固い場所より柔らかい場所が好きです。そしてフワフワしたものが好き。犬がソファーやベッドに乗りたがるのは「居心地が良いから」という理由が濃厚でしょう。

また、夏場は涼を求めてフローリングの床に寝ることも多い犬ですが、冬場など寒い時期にはフワフワで温かいベッドやソファで寝たいと思うのも理解できます。

大好きな飼い主の匂いがするから

ソファーやベッドを好む理由として、飼い主の匂いがするというのもあるでしょう。ベッドはもちろんのこと、飼い主の匂いがたくさんついている場所で、飼い主の匂いに包まれて過ごしたいと思っているのかもしれません。

高いところから落ちる危険性

獣医と犬

運動神経の良い中型犬や大型犬であっても、飛び降りたら危険な高さからダイブしてしまうことがまれにあります。飼い主に置いていかれると焦ったり、どうしても降りたい理由があったり、高いところにいるストレスから逃げ出そうとしたりなどの理由からです。

犬は猫のように受け身ができませんし体も柔らかくありません。高い場所から飛び降りるのに適した体のつくりではないので、ケガをしてしまうこともあります。

また、上述したように小型犬や子犬、老犬は骨が細くもろいことがありますので、ちょっとした段差でも骨折してしまう可能性もあります。階段はもちろん、ソファーやベッドに乗っている際は飛び降りないよう注意して目を離さないようにしてください。

犬は高いところに登ると偉いと勘違いする?

ソファに乗った犬

高いところに登りたがるのは「犬が自分が偉いと思っているから」とか、「高い場所に登らせると犬を人間よりも優位にさせてしまう」という説がありますが、本当なのでしょうか?

ソファーやベッドに犬を登らせるのはダメ?

結論からいうと、ソファーやベッドに犬を登らせると「犬が自分が偉いと勘違いする」というのは迷信でしょう。犬の祖先からの習性を考えてみても、「高い場所=優位」という暮らしはしていませんでしたし、高い場所に安心感や優位を覚える猫とは全く違います。

犬は飼い主と一緒にいたい動物です。飼い主さんのそばにいられるソファーやベッドは、信頼感と安心感を築くことはあっても、犬がわがままになったり、自分が優位に立とうとしたりする原因にはなり得ません。わがままなのは、しつけ(ルール)をよく理解できていないのと、人間が主導権を持てていないからです。


飼い主が主導権を持つということ

飼い主が主導権を持つということは、人間が偉いと知らしめることではありません。言葉を話せない愛犬を危険から守り快適に暮らしていくために必要なことなのです。

群れで生活する犬の習性を理解し、飼い主がリーダーとなって愛犬が危ない行動をしないよう誘導しましょう。愛犬にリーダーと認めてもらえるよう愛情をもって接し、信頼関係を築くことが大切です。

まとめ

犬と飼い主
犬がソファーやベッドに乗るのは居心地が良いから
犬は高いところが苦手なことが多い
特に小型犬、子犬、老犬や落下や怪我の危険性があるため要注意
特にシニア期になると昇り降りは関節炎の悪化の原因にもなりますので、どうしてもソファーやベッドへの乗り降りをやめてくれない場合はドッグステップを設置するなど段差を少なくする工夫をしてあげましょう。


Share!