【犬と部屋。Vol.4】余白を愉しむ上質な部屋

Share!

犬の飼い主さん向けのインテリア企画「犬と部屋」。愛犬とのおうち時間をさらに楽しく過ごすためのアイデアを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ドイツ・ベルリンにて夫婦とお子さんお二人、愛犬と暮らしているインスタグラマー@jucom.deさんのお部屋。光がたっぷり入る広いお部屋はどんなコーディネートをされているのでしょうか? 素材選びや色合わせまで、センスが光るインテリアを紹介します。


「無彩色の多いインテリアだからこそ、ダイニングチェアはあえてカラフルにして遊んでみました。『イームズ』のシェルチェアはどんなタイプの部屋にも馴染むので気に入っています。『Vitra』(@vitra_japan)の正規品をオンラインで購入しました」


「引っ越しが多く、2人の子どもと犬がいるので、大きな家具は持たないようにしています。特にLDKには最低限の物だけを置き、子どもたちが走り回ることのできる空間を確保しています」


「このダイニングランプは、年に1度開催されるアンティークマーケットで真鍮(しんちゅう)のソケットを形違いで5つ購入し、専門店でコードを付けてもらって設置しました。金属の重い質感が、ポップなダイニングの雰囲気を引き締めて、落ち着いた雰囲気に中和してくれています。とても気に入っているアイテムです」


「寝ることが好きなので、ベッド周りはイギリスから取り寄せたリネンで統一しています。夏は涼しく冬は暖かいリネンが心地良いのか、愛犬リアもベッドが大好きです」


「帰宅して最初に目にする場所はホッとする空間にしたくて、古い木の風合いを特徴とするチェストと、『ロイズ・アンティークス』(@lloydsantiques)のラウンドミラーを置きました。我が家の顔になっています」


「お客さま全員に驚愕される場所、それは2階の渡り廊下に設置された人用のバスタブ。5mの吹き抜けと、天井まである窓から見える景色は開放感たっぷりで、家族のお気に入りです」

以上、@jucom.deさんのお部屋を紹介させていただきました。素敵なお部屋や暮らしの情報はInstagramでも日々更新されていますので、ぜひフォローしてみてくださいね!