猫は一緒に寝る人を選んでる? 一緒に寝たがる理由と寝る位置でわかる猫の気持ちを紹介

猫は一緒に寝る人を選んでる? 一緒に寝たがる理由と寝る位置でわかる猫の気持ちを紹介

夜寝室へ行くと猫が先にベッドで寝ていたり、寝ていると、のそのそと布団に潜り込んできたり……。飼い主さんなら一度は経験があるのではないでしょうか? せっかくなら愛猫と一緒に寝たい! と思っている飼い主さんの中には、「つぶしてしまわないかしら?」「いつから一緒に寝てもいい?」などと不安に思っていることもあるでしょう。今回は猫が飼い主さんと一緒に寝たがる理由について紹介します。

飼い主さんと猫の関係

人に抱かれる子猫

猫が飼い主さんと一緒に寝る理由は、飼い主さんと猫との関係が大きく影響すると考えられます。「猫は家に付く」といわれますが、ご飯をくれたり世話をしてくれたりする飼い主さんのことを猫は、自分を守り愛してくれる保護者だと思っています。

本来、猫は自分の縄張り(自分の世界)をとても大事にする動物です。そのため、自分の見知らぬ世界に行くことは苦手なのです。自分の慣れ親しんだ、自分の世界だと思っている場所にいることが幸せであり、飼い主さんはその世界を構成する大事な存在です。

筆者は保護活動をしており、目も開かないうちに捨てられてしまった子を何十匹も育てましたが、自分の親の姿を見たことがない子は筆者に対して母猫のように甘えます。

また、自分の親の姿を知っているであろう猫たちも、最初こそ警戒することもありますが、面倒を見る筆者を親猫と同等の保護者であると思っていることは、甘えてきたり自分の要求を伝えてきたりするさまを見るとよくわかります。猫と飼い主さんの関係は、人でいうと子どもと親に近い保護者(大人)の関係に似ているといえるでしょう。

不妊後は終生、子どもの心を持ち続ける

猫

避妊・去勢術を行った後は、猫は終生、子どもの心を持ち続けます。大人の猫として第一にしなければならない繁殖行動をしなくてもいいからです。自分の縄張りを守らなくてもいいですし、メスをめぐって争う必要もありません。最大限の警戒心を払って子育てする必要もなくなります。

不妊手術後もいつまでも子どもっぽく、甘えっこなのは特にオスに多い傾向です。それに比べてメスは避妊してもクールに見える子もいますが、やはり避妊後のほうが甘えっこになることは多く見られます。

筆者は何度か妊娠した母猫を保護しましたが、子育てが終わった後に避妊手術を行い、子育ての必要がなくなると、それまでおもちゃなどにもあまり興味を示さなかったのに遊び始めたり、甘えてくるようになったりします。子猫を育てるという緊張感から解き放たれたせいからなのでしょう。

猫が飼い主さんと一緒に寝る理由

飼い主さんのそばが一番安心だから

人と一緒に寝る猫

前述したように猫は飼い主さんを保護者だと思っています。慣れ親しんだおうちにいれば、寝るときも普段からあまり警戒したりしないでしょうが、やはり寝るという行為は起きているときよりも危険に対する対処が遅れるので、寝る場所は安心できる場所でなくてはなりません。そうなると、自分を守ってくれる飼い主さんのそばは一番安心して眠れる場所ということになります。

母猫に甘えている気分になる

猫の親子

子猫のときは母猫の柔らかいお腹に抱かれて、ぬくぬくと眠ります。飼い主さんを保護者だと思っている猫は母猫に甘えたときと同じように飼い主さんに甘え、一緒に寝たいと思っているでしょう。

筆者は捨てられた子猫たちの面倒を年中見ていますが、十分に成長するまで母猫に育ててもらえなかった子たちは、母猫に甘える欲求が強いようです。大人になっても、飼い主さんのお腹などの柔らかい部分を押しながらお乳を吸うように吸い付いてくる行為がよく見られます。これは、大きくなるまで母猫に育てられた子はまずしません。

家族となった猫の中には、ペットショップやブリーダーからであろうと、保護猫であろうと自然に乳離れするまえに母猫から引き離された子もいるはずです。十分に母猫に甘えることができなかった欲求を、飼い主さんと一緒に寝ると思い出し、子猫の気分になってまるで母猫に甘えるような気持ちで一緒に寝ているのです。

寝心地がいいから

猫は居心地いい場所を自分で探して、そこに寝ます。やわらかいお布団やベッドは猫にとっても寝心地がいい場所。しかも飼い主さんの匂い付きですから猫は心地よく寝ることができるのです。

温かいから

夏の暑いときはお布団に潜り込んでくる子はほとんどいませんし、飼い主さんと一緒に寝る率は寒い季節に比べるとかなり低くなります。猫は寒さが苦手です。お布団は猫にとっても暖かい場所ですから、特に寒いときは飼い主さんと一緒に寝ることが多くなります。

飼い主さんと一緒に寝るときは飼い主さんを湯たんぽ代わりにしているという意味もあるでしょう。飼い主さんも猫を抱っこして寝ると暖かい思いができますので、暖房代わりにしているのはお互い様ですね。

ひとり占めしたいから

猫にとって飼い主さんは親代わりであるとともに、猫の世界を構成する大事な一部です。飼い主さんに対する愛着は強いことから、所有欲もあります。飼い主さんを自分のものだと主張し、独り占めにしたいのです。つまり他のものから自分のものである飼い主さんを守っているという意味もあります。

寝る位置で分かる猫の気持ち

ベッドで寝る猫

顔のそばに寝る

筆者は寝ていると保護している子猫たちが顔の周辺に群がってくることがあります。早期に捨てられた子猫にとって筆者はまさに親といえますが、起きている間も顔を触ったり鼻を顔にくっつけてきたりと、顔に接触したがる子は少なくないのですが、これは猫の習性によるものです。

猫は親しい間柄だと鼻をくっつける「鼻チュウ」をしたり、頭をくっつけ合う「ごっつんこ」をしたりします。さらに母猫は子猫を始終なめてあげています。猫にとっては口や鼻は愛情を表す場所でもあるのです。そのため子猫は顔の周辺に寝たがることが多いです。

子猫だとピタッと顔やのどにくっついてきますが、大人になるとそこまでは密着しなくなります。しかし、飼い主さんの顔や頭に近い場所に寝たがることは珍しくなく、目が覚めたら目の前に猫の顔があったということもあるでしょう。そういう子たちは甘えっこです。猫が飼い主さんの顔の周辺に寝るときは、子猫のときの気持ちに戻ってとても甘えた気持ちになっているのです。


飼い主さんの布団の中に入ってくる

飼い主さんの布団の中に潜り込んでくるのは、甘えっこでかつ寒がりの子でしょう。飼い主さんの顔の周辺にくっつきたがるほどは子どもっぽくはなくても、飼い主さんの温かさと匂いに包まれて眠りたい子です。

布団の上の足元

布団の中には入ってこず、足元に寝る子はどちらかといえばツンデレな性格な子で、そんなに始終ベタベタしてはこない子です。

筆者宅には大人になってから保護した猫も何匹かいますが、元の飼い主に大事にしてもらえなかった、もしくは虐待されていた経験などがあり、人間大好きなわけではなく、甘えるときも遠慮がちな子たちがいます。そういう子たちはときどき、そっと筆者の寝ている布団の足元に丸くなっているときがあります。

布団の上の足元に寝ているときは、大っぴらにベタベタはできない(したくない)でも、甘えたい、そんな気持ちなのです。

いつから一緒に寝ていい?

子猫

猫と一緒に寝るのは生後4~5カ月位以上になってからが良いでしょう。あまり小さい子猫と一緒の布団で寝ると寝返りを打った際などにつぶしてしまう恐れがあります。

20分程度の昼寝で完全に熟睡しないときであれば、あまり心配はないでしょうが、夜に寝る際は危険ですので避けた方が良いでしょう。

筆者は保護した小さい子猫は、寝室のベッドのそばにケージを置いて就寝します。乳飲み子のときは、子猫を入れたキャリーを枕元に置いて寝るときもあります。一緒に寝るのは危険ですが、母猫と一緒にいられない子猫を少しでも安心させるためです。

生後4~5カ月になると体もだいぶ大きくなってくるので簡単には飼い主さんにつぶされることもありませんので、一緒に寝ても大丈夫でしょう。

猫は一緒に寝る人を選ぶ?

人と一緒に寝る猫

寝るということは猫にとっても無防備になるときですね。猫も安心して眠りたいですから、一緒に寝る人はちゃんと選んでいます。母猫に対する気持ちにより近い感情を持っている人と一緒に寝る傾向が強いですが、何らかの理由で波長があった人とも一緒に寝るようです。

筆者が譲渡した子猫は、お見合いの場ではお父さんが苦手だったのですが一緒に暮らし始めたところ非常にウマが合ったようで、お母さんではなくお父さんと寝るようになったそうです。猫はご飯などの世話をしてくれる人に懐く傾向があるので、お母さんではなくお父さんと一緒に寝るというのはちょっとレアケースかもしれませんね。

一緒に寝るときの注意点

猫

羽毛布団は避ける

一緒に寝る際の一番心配なことは布団に粗相をされることですね。一度布団に粗相をしてしまい、それが気持ちがいいと感じてしまうと繰り返してしまうようになり、寝室に猫を入れることができなくなります。

猫が粗相をしやすい布団、それは羽毛布団です。筆者は動物愛護の観点からも羽毛布団は使用しませんので直接の経験はありませんが、猫を譲渡したお宅で布団に粗相をされてしまったという相談を何度か受けました。その際に里親さんが使用していた布団がいずれも羽毛布団でした。

羽毛布団はカサカサ音がすることが多く、それが砂をかいた音に似ていることから尿意をもよおすようです。また、羽毛を使用していることから匂いがする可能性があります。羽毛布団の使用をやめてもらうように話したところ粗相しなくなったので、原因は羽毛布団であることがはっきりしました。

布団に粗相をしてしまうときは他にも理由がありますが、羽毛布団は粗相を誘発する可能性が高いので猫と一緒に寝る際は使用しない方がいいでしょう。

猫の健康を守る

一緒に寝るということは飼い主さんとかなり密着するということになりますね。安心して一緒に寝られるように、完全室内飼育をしてワクチン接種などの猫の健康を守るための基本的なことはしっかり行っておきましょう。毛が抜ける季節はブラッシングもして抜け毛を取ってあげるようにするといいですね。

病気のときは一緒に寝に来ない

猫は具合が悪くなると暗くせまいところにじっとしているようになります。そして、寝るときも飼い主さんと一緒に寝なくなることが多いです。

筆者これまで何匹も猫を看取ってきましたが、病気になって体調が悪くなると一緒に寝ませんでした。猫は病気で具合が悪くなったということが分かりません。具合が悪くなるということは、猫にとっては不安なことでもあります。飼い主さんと一緒に寝るのは甘えたいからですね。しかし病気で甘える余裕がなくなると一緒に寝ることもなくなるようです。いつも一緒に寝ている猫が、そうしなくなったら体調不良がないかどうかよく観察してみてください。

まとめ

猫の親子

猫にとって、飼い主さんと一緒に寝るということは、母猫と一緒に寝ているという感覚に近いです。飼い主さんも自分の子どもだと思って接してあげると、猫ちゃんとの絆が深まるのではないでしょうか。

一緒に寝ない場合も必ずしも飼い主さんが嫌いなわけではありません。猫の性格や育った環境は猫の行動に強く影響します。一緒に寝てくれないのは少し残念かもしれませんが、暖かく見守ってあげてほしいです。
Share!