発達障がいの子どもたちにアニマルセラピーを 新しい教育の在り方とは

発達障がいの子どもたちにアニマルセラピーを 新しい教育の在り方とは

動物と触れ合うことで、心理的な安心や精神的な健康を回復させる手法の「アニマルセラピー」。運動障がいや自己認識の改善、ストレス軽減、癒やしなど、さまざまな効果があるとされています。日本ではまだあまり馴染みのないセラピー手法ですが、海外ではその効果が高く評価され、「これからの医療が変わるのではないか」と施設も充実してきています。

Share!